LifeTeriaによる、恋活・婚活ブログ。

…のつもりでしたが、いつの間にかゴハンブログ?

恋活・婚活だけではなく、日常の楽しい話題をお届けするLifeTeriaブログです。

 

【飲食店の「点数」について】

このブログにおける「点数」はいわゆるグルメレビューサイトなどの評価点の考え方とは違います。

「5点:良い⇔1点:悪い」という評価基準ではなく、点が付いていればすべて「オススメ」の飲食店であり、点数の多寡でそのオススメ度合いを表現しています。

点数は料理の評価だけによるものではなく、対価、接客、立地、雰囲気などさまざまなファクターを総合した、あくまでも主観に基づく食後感によるものなので、絶対的な料理のクオリティと同期していないこともあります。

また、同一の店舗であっても訪問時期により点数が異なることがあります。

─────────────────────

☆☆☆☆☆(5点:とても好きなお店!)

☆☆☆☆★(4点:誰にでもオススメ!)

☆☆☆★★(3点:けっこうオススメ!)

☆☆★★★(2点:ちょっとオススメ!)

☆★★★★(1点:お好きな方はぜひ!)

─────────────────────

 


渋谷 マンディーズキューブステーキ

飲まなきゃやってられないよね。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は仕事帰りにわざわざ渋谷へ。

渋谷と言えば、ちょっと前ですが、渋谷の街の地位低下について考察した興味深い記事を読みました。

 

渋谷がいつの間にか「池袋化」している理由

 

ぼくが高校生だったころ、通っていた高校が銀座線沿いにあったので、飲み会と言えば(高校生で飲み会と言うのがちょっとおかしいのですが)渋谷で開催されたものでした。

この記事を読むと、そのころと言うのは、ちょうどロフト(1987年)、クアトロ(1988年)が開業したころにあたるのですね。

今より渋谷が少し大人っぽい街で、街並みもスタイリッシュだったころの話です。

最近の渋谷駅の周辺はチェーン系の安居酒屋に侵食されて「池袋化」とは(池袋には若干失礼ですが…)言い得て妙ですね。

 

LifeTeria ブログ MANDYS CUBE STEAK マンディーズキューブステーキ

そんな渋谷の街、道玄坂のうえの東急百貨店のすぐそばに昨年(2018年)11月にオープンしたステーキレストランがこちら。マンディーズキューブステーキ」。

 

「いきなりステーキ」の成功以降、ステーキの大衆化が進み安価でカジュアルなステーキレストランが増殖していますが、そんななかで「おしゃれで、おいしくて、リーズナブル」な「ファストステーキ」を標榜し、業務用食材の製造・販売を手がけるオリエンタルフーズ株式会社がローンチさせたのが「マンディーズキューブステーキ」。

 

まるでカフェのようなかわいらしい扉を開けて、入ってみましょう。

 

LifeTeria ブログ MANDYS CUBE STEAK マンディーズキューブステーキ

案内されたカウンターの上には固形燃料がセットされた「五徳」がセットされています。

マンディーズキューブステーキ」では、ステーキがスキレット(小型のフライパン)のままサーブされ、テーブルのうえで各自が好みの焼き加減に仕上げると言うスタイル。

 

このスタイル、悪くないと思います。

ほら、自分で食材を焼くって楽しいじゃないですか。

もちろんプロのかたが焼いてくれたほうが仕上がりは良いに決まっていますが、焼けるのまだかな?とか、あれれ、焼き過ぎかな?なんてワイワイやるのも楽しいものです。

 

さて、ステーキのメニューをチェックしましょう。

マンディーズキューブステーキ」の看板メニューは店名にも謳われているキューブ状のステーキ。

 

「リブキューブステーキ」が80g(580円)〜1,000g(4,580円)、「赤身キューブステーキ」が80g(480円)〜1,000g(4,080円)といずれもリーズナブルなお値段なのですが、ぼくがオーダしたのはキューブステーキではなく「プライムビステッカ」。

 

LifeTeria ブログ MANDYS CUBE STEAK マンディーズキューブステーキ

こちらは「最上級格付USビーフの赤身」を使用しているステーキとなります。

ポーションとお値段は以下の通り。

 

 HALF/140g (730円)

 SINGLE/280g (1,380円)

 DOUBLE/560g (2,580円)

 TRIPLE/840g (3,780円)

 GRANDE/1,120g (4,980円)

 GIGANTE/1,400g (6,180円)

 

「DOUBLE」、行ってみようかと思ったのですが、店員に制止されたので(笑)無難に「SINGLE」にしておきました。

  • プライムビステッカ(Single/280g)(1,380円)

オーダしてまもなくスキレットのままサーブされた「プライムビステッカ」はなかなかの立派な厚み。

やはりこれくらい厚みがないとステーキならではの旨味って出てこないような気がします。

 

スキレットの余熱でも肉に火が入ることを考え、頃合いをみて固形燃料を消して、いざ実食。

 

LifeTeria ブログ MANDYS CUBE STEAK マンディーズキューブステーキ

どうでしょうか?

もう少しレア気味でも良かったように思いますが、まあ許容範囲、自分で焼いたにしては上出来でしょう。

 

さっそくひと口頂いてみましょう。
正直なところ、同価格帯のステーキハウスくらいに食べられればOKと考えていたのですが、良い意味で予想を裏切られ、これがなかなかの味わい。

 

非常に癖が少ないUSビーフには赤身の味わいもしっかりとあり、ゴテゴテとしたソースの要らないシンプルなウマさを楽しむことができます。

肉質はお値段から想像していたよりはるかに上質でした。

いや、これは侮れないなあ。

 

LifeTeria ブログ MANDYS CUBE STEAK マンディーズキューブステーキ

ダイエット中なので炭水化物は控えようと思っていたのですが、楽しそうなメニューがあったのでついついこちらもオーダしてしまいました。

  • チーズのおこげリゾットセット(490円)

こちらはライス、コールスローサラダ、そして卵とチーズ、リゾットソースのセット。

 

LifeTeria ブログ MANDYS CUBE STEAK マンディーズキューブステーキ

ステーキを食べ終えて空になったスキレットを再度加熱し、ライスとチーズを投入して卵と合わせてしばし焼くとカリッとおこげができた焼きリゾットのできあがり。

ちょっと脂っこくてデブまっしぐらな感はありますが、なかなかイケますね、コレ。

 

2,000円ちょっとで、ウマい肉をシンプルに焼いて食べたいと言う欲求をじゅうぶんに満たしてくれるステーキレストランの新星「マンディーズキューブステーキ」、なかなか侮れません。

 

これからもクオリティを落とさないでがんばってほしいものです。

 

───────────────────

・店名   マンディーズキューブステーキ

・住所   東京都渋谷区宇田川町34-6

      M&Iビル 1階

・電話   03-6452-5617

・備考   特になし。

───────────────────

 

銀座 銀座虎杖(ぎんざいたどり)

犬こまってる(笑)。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は仕事を終えて簡単に銀座で夕飯を食べて帰宅することに。

そう思ったのですが、どうもなにを食べようか、ピンと来るものがないのですね。

そんなわけでとりあえず向かった「銀座東急プラザ」。

 

さ、なに食べましょう。

いつもいつも「つるとんたん」では芸がないし、「根室花まる」にはついこの前も行ったばかりだし、友人がウマいと言っていたギリシャ料理の「THE APOLLO」はひとりで行くようなレストランではないし(それにちょっと高い)。

 

お、ここどうでしょ?

 

LifeTeria ブログ

銀座虎杖(ぎんざいたどり)」。

名前からもわかるように、築地の人気海鮮料理店「築地虎杖(つきじいたどり)」の系列店ですね。

店先のある料理紹介のパネルは当然のように日本語、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語対応。

 

LifeTeria ブログ

おひとりさまと言うことで外堀通りに面したカウンター席に通されましたが、本来はカップル仕様的な席ですね(笑)。

なかなか眺めは良いですよ。

 

LifeTeria ブログ

前菜がわりにまずはこちら。 

  • 新潟産ジャンボ油揚げ焼き たっぷり九条葱(880円)

長岡市栃尾の名産、たっぷり厚みのある油揚げ。いわゆる「栃尾揚げ」です。

これぼくの好物。

醤油でももちろんウマいのですが、こちらではポン酢でさっぱりと頂きます。

 

LifeTeria ブログ
  • 本まぐろ炙り重(1,280円)

実はあまり期待せずにオーダしたひと品。

だっていかにもインバウンド需要を狙ったような売れ線のメニューじゃないですか。

それに今日び、銀座のど真ん中で1,000円チョイでウマいものになんて、なかなかないありつけないのはわかっています。

 

で、頂いたのですが、コレが望外にウマい。

たっぷりと脂がのった鮪は、表面だけサッと炙られていてなかはまったくのレア。

この価格帯としてはまずまず上等な鮪かと思います。

観光客に独占させておくにはもったいない上々のまぐろ重でした。

 

───────────────────

・店名   銀座虎杖

・住所   東京都中央区銀座5-2-1 

      東急プラザ銀座 10階

・電話   03-5931-8085

・備考   特になし。

───────────────────

 

横浜 エイジング・ビーフ 横浜店

寂しいね。

 

はい、それでは2019年最初のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

2018年の年の瀬にひさしぶりに横浜へ。

最近は遊びで横浜に行くことがめっきり減って、たまに横浜駅に降り立つとアウェー感に苛まれます。

なぜゆえに年の瀬に横浜まで遠征したかと申しますと…。

 

LifeTeria ブログ

横浜にこちらのお店がオープンしたからなのです。

エイジング・ビーフ 横浜店」。

 

LifeTeria ブログ

エイジング・ビーフ」は、肉をエイジング、すなわち熟成させることによって肉の旨味を引き出すことをコンセプトに謳い、またたくまに人気店となった焼肉レストラン。
日暮里、大宮、御茶ノ水、吉祥寺、新宿、軽井沢と瞬く間に支店を増やし2018年末にはこの横浜店がオープン。
 

 

最近は熟成肉がブームなので肉好きの方ならご存知と思いますが、肉はある程度熟成させることで、タンパク質が肉の中の酵素によって旨味成分であるアミノ酸に分解されることで、肉の風味が増します。特にジビエなどは、熟成させることで独特の風味が出てきます。
もっと言うと肉だけではなく、鮨ネタだって(もちろん種類によりますが)熟成させることでおいしくなるものがたくさんありますよね。

 

エイジング・ビーフ」ではドライエイジングという手法、温度1℃〜3℃、湿度60%〜80%で20日〜60日程度寝かせることで、旨味が凝縮した状態に熟成された肉を使っているそうです。

 

LifeTeria ブログ

この日は前菜から焼物、〆めの料理、デザートまでセットになった「AgingBeefコース」(5,000円)を頂きました。 

  • ペチュキムチ
  • ナムル3種盛り合わせ

 

LifeTeria ブログ
  • お肉の前菜

 

LifeTeria ブログ
  • 韓国のりたっぷりチョレギサラダ

 

LifeTeria ブログ

焼物は精肉、ホルモン合わせて180gのボリューム。

  • 盛り合わせ(上タン、熟成タン、並2種、ハラミ、上物2種、希少3種、ホルモン2種)

 

LifeTeria ブログ

それでは順番に見ていきましょう。

タンは2種。

「上タン」も良かったのですが、次に頂いた「熟成タン」は柔らかい食感と芳醇なタンの味わいを持っていてまったく別ものでした。こうして食べ比べるとおもしろいですね。

 

「ミノサンド」を挟んで、そのあとは「ソトモモ」、「クラシタ」、「ウワミスジ」、「ウチモモ」と食べ進みます。

このなかでは希少部位の「ウワミスジ」が良かったですね。

赤身の味の濃さとサシの風味のバランスを堪能しました。

 

LifeTeria ブログ

後半は「ハラミ」から。

こちらも熟成感が濃厚で良いハラミでした。

 

「ギアラ」を挟んでトリは「ブリスケ」と「ナカバラ」。

最近はサシが強い部位より赤身が…なんて言っていますが、この日の「ブリスケ」も「ナカバラ」もすばらしく上等で気に入りました。

特に「ブリスケ」。熟成香と和牛ならではのサシの香ばしさ、甘さが相まって焼肉の醍醐味に溢れていました。

 

LifeTeria ブログ

〆めの麺はこちら。

  • AgingBeef特製冷麺

今回頂いた「AgingBeefコース」、ボリュームはやや物足りなかったものの、5,000円と言うお値段を考えれば肉質も上々で、気軽に熟成肉を楽しめる良いコースでした。

 

店内も他の「エイジング・ビーフ」の店舗同様スタイリッシュで、焼肉デートみたいな使い方にも良さそうですね。

 

───────────────────

・店名   エイジング・ビーフ 横浜店

・住所   神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-7-1

      デリス横浜ビル 地下1階

・電話   045-565-9860

・備考   特になし。

 

───────────────────

 

中目黒 スゥリル(後編)

平成終わっちゃいますね…。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

昨日のブログに引き続き、中目黒のフレンチレストラン「スゥリル」のディナー、後半の料理のご紹介を。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe
  • カナダ産オマール海老 芽キャベツ

爪はロースト、尻尾はカダイフを纏わせたフリットと、2種類の技法でオマール海老の部位ごとの味わい、食感を堪能できるひと皿。

ソースは白ワインとオマールの出汁をベースにしたものですが、サフランとスパイスが使われオリエンタルな風情も感じます。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe
  • シャラン産鴨胸肉

名門ビュルゴー家の鴨胸肉のロースト。ソースは鴨と赤ワインをベースにフォアグラも添えて。

美しいロゼ色の胸肉にナイフを入れ、まずはひと口。

柔らかく非常に繊細な食感はビュルゴー家の鴨ならではと言ったところでしょうか。

それでいて噛み締めると鴨肉らしい力強い味わいもしっかりと感じられる、素晴らしい鴨料理でした。

 

ガルニチュールには葉玉葱のローストとキャラメリゼした金柑。

ひと皿の上に冬の風情を感じさせるチョイスです。

鴨と葱、は言うまでもなく相性は抜群ですよね。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe

デセールのひと皿目です。 

  • ラフランス 生姜

生姜の香りのジュレを添えたラフランスのコンポートにヴァニラアイス。

ミントやライムの香りが爽やかさな風味を

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe
  • 宇治抹茶 ホワイトチョコレート ベリー

こちらは「ヴァシュラン」と呼ばれるメレンゲ、クリーム、ヴァニラアイスクリームを使った伝統的なデセールを現代的に再構築したデセール。

宇治抹茶風味のメレンゲの下には3種類のクリーム、そして3種類のベリー。さらに抹茶のクランブル。

ベリーの華やかな香りと宇治抹茶のほろ苦さのコンビネーション、そして温度と食感の異なる3種類のクリームの個性を楽しむ、湯澤シェフの才気を感じる独創的なデセール。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe

さまざまな素材の輪郭を鮮やかに描き出す前菜の数々、そして豪華なオマール海老、ビュルゴー家の鴨を使った力感に満ちたメインディッシュ、才気溢れる独創的なデセール。

 

湯澤シェフの素材に対する洞察力と、料理への情熱が感じられる充実した料理の数々に大満足のディナーでした。

 

───────────────────

・店名   スゥリル

・住所   東京都目黒区青葉台1-15−2

      AK-3ビルディング 2階

・電話   03-5784-2036

・備考   桜の季節は早めの予約を。

・オススメ ☆☆☆☆☆

      (5点:大好きなお店!)

・参考記事 2017年03月16日「中目黒 スゥリル(前編)

      2017年03月16日「中目黒 スゥリル(後編)

───────────────────

 

中目黒 スゥリル(前編)

欲しい。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日はグルメな友人たちとの年末恒例のグルメ忘年会。

年に一回くらいは贅沢な料理を楽しみましょう、と言う会です。

まあその「年に一回」ってのが年に何回かあったりするわけですが、それはさておき(笑)。

 

LifeTeria ブログ

向かったのはクリスマスのイルミネーションが消えて少し落ち着きを取り戻した中目黒、ぼくの大好きなレストラン「スゥリル」。

 

この日は年末と言うことでいつもより少し贅沢に「EMOTION」と言う13,000円のコースを楽しみました。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe

まずはオードブルの前のひと皿。 

  • プロローグ

左のシュー生地には白身魚とじゃがいも。

右のマカロンのなかにはフォアグラと実山椒。

フォアグラの濃厚な旨味とマカロンの甘さを引き締める山椒の香り。食欲を刺激してくれます。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe

前菜のひと皿目はこちら。

  • 築地市場よりの一皿

左はサッと片面だけグリルした鰤。

炙った香ばしさと、レアな食感のコンビネーションがステキです。

鰤の上には富有柿や山えのきを使ったサラダ。

 

右は鮟鱇のテリーヌ。

鮟鱇のプルプルっとした食感が楽しめる、この季節らしい前菜です。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe
  • 京都浜詰産里芋 馬糞雲丹

北海道産のぼたん海老と馬糞雲丹を甲殻類のコンソメジュレで閉じ込めたひと品。

これはぼくの大好物。

黄金色に輝くコンソメジュレの下には、なんと京都の 丹後半島の浜詰で栽培された里芋とトリュフのブランマンジェ。

華やかなコンソメジュレの味わいと、力強い里芋の風味、この組合せは意外性がありますね。

 

LifeTeria ブログ スゥリル SouRiRe
  • 天然ホタテ貝 フォアグラ

前菜の最後は素晴らしい旨味を湛えた帆立貝と濃厚な味わいのフォアグラをタルト仕立てで味わう、贅沢なコンビネーション。

ソースはマディラ酒、コニャック、そしてたっぷりのトリュフを使ったコクと香りが際立つペリグーソース。

食材そのものの旨味に負けず、その旨味のディティールをより鮮明に描き出すかのような、力強く深みのある味わいのソースが印象的でした。

 

メインディッシュへの期待に胸をときめかせつつ、後半の料理は次回のブログにてご紹介したいと思います。

 

銀座 LUKE'S 銀座店

正解っす。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

仕事帰りに師走の銀座で軽めの夕飯を頂くことに。

 

LifeTeria ブログ

向かったのはこちら。

LUKE'S 銀座店」。

 

LUKE'S」は2009年にニューヨークで創業したロブスターロール専門店。

日本では2015年に表参道に1号店をオープン、その後渋谷、青山、横浜などに店舗を拡大。

この銀座店は2018年7月にオープンした新店舗となります。

 

日本でのプロモーションは「JOURNAL STANDARD」や「IENA」と言ったアパレルブランドを擁する「BAYCREW’S GROUP」が担当。

「J.S. BURGERS CAFE」と言ったカフェから、「ひとりしゃぶしゃぶ専門店」の「山笑ふ」まで、飲食店も幅広く展開しています。

 

LifeTeria ブログ

店舗はこの通りスタイリッシュ。

でも金属製のスツールがお尻に冷たかったりと居心地は今ひとつ。

真冬だと言うのに開け放たれている扉もね、閉めたほうが、ね。

 

LifeTeria ブログ

メニューはいたってシンプル。

メインとなるのはロブスターロール、シュリンプロール、クラブロール、またはその3種類の具材のコンビネーションロール。

そしてロブスターまたはクラブを使ったサンドイッチと言ったラインナップです。

お値段は「ロブスターロール」のUSサイズが1,580円、レギュラーサイズが980円と言ったところ。

 

この日頂いたのはこちら。

  • ロブスター&シュリンプロール(1,380円)
  • フレンチフライセット    (400円)

パンはもう少ししっとり感があるほうが好みですが、水分が多い具材に合わせてドライな食感。

ハーブがフワッと香るソースもプリッとした旨味の強いロブスターの味わいを邪魔することなくなかなか良いバランスでした。

 

ロブスターとシュリンプ、どちらもウマいのですが、どちらがウマいかと言われれば、それはやはりロブスター。

お値段それなりですがリッチな味わいで満足感はまずまずと言ったところです。

 

───────────────────

・店名   LUKE'S 銀座店

・住所   東京都中央区銀座3-4-16

      銀座サニービル 地下1階

・電話   03-5524-3010

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

日本橋 中華香彩JASMINE口福厨房

ホントどうでも良い(笑)。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

急な冷え込みで夕飯のために遠出をするのが嫌になり、オフィスを出るなり地下鉄に乗り、地上に出ることなく「コレド日本橋」へ。

これと言ってアテはないのですが、なんかあるでしょ、と言うことで「コレド日本橋」のなかをちょっと探検。

 

LifeTeria ブログ

お、ここなんてどうでしょう。

中華香彩JASMINE口福厨房」。

店の前のパネルには「水煮牛肉」がオススメと書いてあります。

うん、良いじゃないですか。こちらにしましょう。

 

LifeTeria ブログ

中華香彩JASMINE口福厨房」は広尾、中目黒などに店舗を展開する中国料理店「JASMINE」の姉妹店。

広尾や中目黒の店舗とは違い、「JASMINE」の名物料理や麺類をリーズナブルにファストスタイルで提供するスタイルとなります。

カジュアルなスタイルですが、店内には唐辛子や花椒の刺激的な香りが満ちていて本格派の趣があります。

ちょっと料理に期待してしまいますね。

 

LifeTeria ブログ

まず試してみたかったのがこちら。

  • 水煮牛肉(セット)(1,960円)

メニューには単品メニューしか掲載されていませんでしたが、スタッフに訊くと定食スタイルにもできるとのことだったので、ご飯とスープ、デザートをセットに。

 

「水煮牛肉」は四川料理のひとつで、牛肉を油がたっぷり入ったスープで唐辛子や豆板醤、花椒などを使ってスパイシーに仕上げたもの。

ご覧の通りちょっと恐ろしいくらい唐辛子が投入されていますので、最初のひと口は慎重に。

 

…お、意外に普通。大丈夫(笑)。

だいぶローカライズされた味わいで、食べやすいと言えば食べやすいかもしれません。

ただしちょっと塩気は強すぎかなあ。

使用している牛肉のクオリティの低さや、味の深みに欠ける点など気になることもありますが、ま、そのような点には「ファストスタイル」と言うことで目を瞑りましょう。

 

むしろオフィス街の真ん中で気軽にこのような料理が食べられることに感謝ですね。

 

LifeTeria ブログ

お次はこちら。

  • 海老と卵のチリソース煮(セット)(1,580円)

定番の海老チリですね。

こちらは卵を使っていることもあって、辛さ自体はマイルドに感じられます。

刺激と言う点では少し物足りないのですが、オフィス街の定食としてはこれくらいのバランスが良い塩梅と言ったところかもしれません。

海老がもう少し多いと嬉しいのですが、まあお値段を考えればこれまた妥当でしょうか。

 

ディープ感はありませんが、リーズナブルなお値段で気軽に定番料理を楽しめる。こう言うコンセプト、アリですね。

よだれ鶏が名物とのことなので、次回はよだれ鶏、行ってみたいと思います。

 

───────────────────

・店名   中華香彩JASMINE口福厨房

・住所   東京都中央区日本橋1-4-1

      コレド日本橋 地下1階

・電話   03-6265-1669

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

北品川 もんもん

立派に成長されて何より。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

前から気になっていた焼肉店、ようやく訪問できました。

その焼肉店とは北品川商店街のなかの「もんもん」。

21時過ぎまで満席とのことで、21時を回ってから商店街へ。

夜の早い北品川商店街、ひと通りも絶えてすっかり静まり返っていますが…。

 

LifeTeria ブログ

地下に続く階段を降りて「もんもん」の店内に入ると…。

 

LifeTeria ブログ

まだまだ大勢のひとで賑わっていて、さながら「もんもん」の店内だけ北品川の異空間の様相。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

それではさっそく料理のご紹介を。 

  • キムチ盛(600円)
  • ナムル盛(600円)

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん
  • きざみ大根サラダ(600円)

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

焼きものはこちらから。

  • タン(500円)

いまどきたったのワンコイン!
厚みもしっかりしていて、とても500円とは思えないクオリティにまずはびっくり。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

お次はいきなりスター級のヤツを呼んでみました。

  • 特上カルビ(1,500円)

どうですこのサシ。そしてこの厚さ。

シンプルに塩胡椒だけでさっと炙ってみましょう。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

とろけるようなサシは甘さと芳醇な香りが印象的。

これはウマいですね。

これだけのクオリティ、ボリュームで1,500円とは、こちらもすばらしいコストパフォーマンス。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

そしてカルビはカルビでも一転庶民的なこちらも。

  • ニンニクゲタカルビ(750円)

最高級のカルビを食べたあとでこれ。

普通ならがっかりしてしまうところですが、これが意外にですね、良いのです。

にんにくが効いた甘めのタレが染み込んだカルビ、白米に合うお味です。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

そして焼きものの〆めはこちら。本日の数量限定メニューです。

  • 松坂牛ハラミ(1,800円)

焼くのをためらってしまうくらい美しい色の松坂牛ハラミ。

上品かつ濃厚なハラミの味わいに陶然。

「もんもん」のなかでは最高級の価格帯ですが、これも肉質とボリュームを考えたらバーゲンプライスでしょう。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

麺ものも。

  • ビビン麺(1,200円)

ほど良くピリ辛で美味。

肉類だけでなく、ご飯ものや麺もの、汁ものがウマいとうれしくなります。

麺が黒いのはなにを練りこんでいるのでしょうか。こんど訊いてみたいと思います。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

もう腹いっぱいですが、ウマそうなデザートがあったので頂きます。

  • カタラーナ(300円)

焼肉屋でカタラーナと言うのがおもしろいですね。

このカタラーナもきちんと作られていて上等でした。

 

噂に違わずすばらしいコストパフォーマンスに大満足。
これから近所でひとり焼肉したくなったらここに来ることにします。

 

───────────────────

・店名   もんもん

・住所   東京都品川区北品川1-23-18

      海文堂ビル 地下1階

・電話   03-3471-4129

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆☆★

      (4点:誰にでもオススメ!)

───────────────────

 

三ノ輪 かがやき

「田端ナッシング」の破壊力。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日はひさしぶりに「三ノ輪」へ。

まあこう言っちゃなんですが、東京に何十年も住んでいても、「三ノ輪」駅に降り立った経験は数える程しかありません。

そんな「三ノ輪」になにがあるか、と申しますと…。

 

LifeTeria ブログ

こちら。

「かがやき」。

営業時間中なのですが看板の照明も落としてしまっていて、うっかりすると店の前を通り過ぎてしまいそうになります。

 

LifeTeria ブログ

「かがやき」は焼肉、しゃぶしゃぶ食べ放題が大人気で、連日連夜満席が続く三ノ輪の名物店。

食べ放題なんて聞きますと、肉のクオリティが心配になってしまいますが、2015年に訪問した際はA4ランク、A5ランクの肉がこれでもか、と言うくらいサーブされて良い意味で予想を裏切られたのでした。

 

前回は食べ放題・飲み放題で5,400円(税込)と言うお値段でしたが、今回は同じく食べ放題・飲み放題で6,000円(税込)とちょっとだけ値上りしていました。

 

LifeTeria ブログ 三ノ輪 かがやき

 

 

LifeTeria ブログ 三ノ輪 かがやき

最初に牛タンと豚バラ。

 

LifeTeria ブログ 三ノ輪 かがやき

こちらは上段が焼肉用、下段がしゃぶしゃぶ用と二段になったユニークな鍋。

まずは牛タンから焼いていきますかね。

牛タンは悪くはありませんが、食事のスタートとしては(肉質的に)ちょっとインパクトが薄いかもしれません。

 

LifeTeria ブログ 三ノ輪 かがやき

こちらの部位はシンシンなど。

肉質は普通でしょうか。

 

LifeTeria ブログ 三ノ輪 かがやき

そして豚しゃぶ。

前回は食事のスタートから「スター級」のA4ランク、A5ランクの牛肉を大量投下してくれて、肉の皿が運ばれてくるたびに我々も欣喜雀躍大盛り上がりだったのですが、今回はメインの牛しゃぶしゃぶに到達する前に単価のそれほど高くない皿が続き、ちょっと中だるみ感が拭えません。

 

LifeTeria ブログ 三ノ輪 かがやき

最後にようやく牛しゃぶしゃぶ。

もちろんこちらは上等だったのですが、それでもやはり比較すると前回の方が肉質は上等でしたし、部位も肩ロースとリブロースの2種を用意してくれるなどサービスも良かったような気がします。

 

あいかわらずコストパフォーマンスは上々と言えますが、いたるところにコストダウンの仕掛けが見えてしまって若干テンションが上がり切らずに食事終了となりました。

 

人気店にそんないちゃもんつけるんじゃないよ、と言うかたもいらっしゃるかとは思いますが、ぜひ前回訪問時のブログもご覧ください。嘘じゃないので。

 

───────────────────

・店名   かがやき

・住所   東京都東京都台東区竜泉2-16-6

・電話   03-6658-4242

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

・参考記事 2015年05月29日「三ノ輪 かがやき

───────────────────

 

飯田橋 おけ以

…。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

先週末は友人たちと飯田橋で焼鳥を食べる会…だったのですが、金曜日ゆえ店が混んでいて予約できたのが20時45分からと言うなんとも微妙な時間帯。

 

LifeTeria ブログ

そんなわけで友人から焼鳥の前の0次会のお誘い。

お目当のお店は昭和29年開業の老舗餃子店、「おけ以」。

もちろん異議あるはずもありません。

 

LifeTeria ブログ

19時半に店に到着するとすでにして10人ほどの入店待ちの行列。

あいかわらずの大人気ですね。

扉が開くたび、店内から餃子の焼ける香ばしい匂いが路上まで漂ってきて食欲を刺激します。

 

LifeTeria ブログ

寒風の中30分以上待ってようやく入店。

 

LifeTeria ブログ

まずはこちら。

  • 餃子(600円)

思い起こせば前回「おけ以」を訪問したのは2011年、いまから7年ほども前

そのときは7個で540円と言うお値段でした。

いまは6個で600円ですから、1個減って60円値上り。

単価で考えると77円/個から100円/個に値上りしたわけですが、7年の間に食材もずいぶん値上りしていますから仕方ありませんね。

 

最近はあちこちのお店で羽根つき餃子を見かけますが、日本で最初に羽根つき餃子を出したのは「おけ以」と言われています。

 

均一な焼き色のついた餃子からは油の香ばしい香り。

あんは白菜とにら、豚バラの挽肉を合わせて、ひと晩寝かせてもの。

あえて野菜の食感を残すくらいの仕上がりなのが「おけ以」流。

にんにくは使っていませんが、にらの香りが効いていて物足りなさは感じません。

こう言うシンプルな餃子、実に良いものです。

 

LifeTeria ブログ

ゼロ次会ですが、せっかくなのでもうひと品。

  • 湯麺(680円)

こちらも「おけ以」の人気メニュー。

野菜の甘みを活かしたやさしいスープがホッとする味わいです。

 

ひさしぶりに訪問しましたが、変わらぬ安定した味わいの餃子を堪能して大満足のゼロ次会になりました。

 

───────────────────

・店名   おけ以

・住所   東京都千代田区富士見2-12-16

・電話   03-3261-3930

・備考   行列覚悟で。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

・参考記事 2011年08月01日「飯田橋 おけ以

───────────────────

 

北品川 バンバミート

安定のひらパー。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この3連休はひたすら家に引きこもってもろもろの雑用を片付ける地味な週末なのでした。

ちょっとひとり旅でもしてこようかとも思ったのですが、3連休の渋滞を考えると、ね。

 

LifeTeria ブログ

ダイエット中につきウマい食事は封印していたのですが…1食くらいは自分を甘やかしてもバチは当たらないでしょう、と言うことで昨日の日曜日のランチはちょっとカロリーの高いものを(笑)。

 

ほんとうは麻布十番の「三幸園」の名物である「牛丼」が食べたかったのですが、あれは平日限定のランチメニューなので、諦めて家の近所でランチ焼肉を楽しむことに。

 

北品川〜新馬場エリアで人気がある焼肉店と言えば、北品川商店街のなかの「もんもん」、「ソウル苑」、新馬場駅近くの「バンバミート」あたり。

 

LifeTeria ブログ

「もんもん」はランチ営業は行なっていないので、残るは「ソウル苑」か「バンバミート」。

「ソウル苑」のボリューム満点の焼肉ランチも良いけど、せっかくなので、昨日はまだ訪問したことがなかった「バンバミート」へ。

 

LifeTeria ブログ

「バンバミート」には休日限定の焼肉ランチとして「カルビ定食」、「ロース定食」、「ハラミ定食」(いずれも1,200円・税込)などがありますが、せっかくなのでこちらを。

  • 盛り合わせ定食(1,500円)

本来は「盛り合わせ定食」には「カルビ」、「ロース」、「ハラミ」の3種類の部位が入るのですが、この日はカルビが品切れと言うことで「ロース」と「ハラミ」の2種盛りとなっていました。

 

ボリュームと言う面では同じく北品川〜新馬場エリアの人気店である「ソウル苑」の焼肉ランチのほうが上ですが、肉質については「バンバミート」でしょうか。

この日のハラミはお値段を考えればなかなか上等。

 

ランチメニューの内容も上々でしたが、ディナータイムのコストパフォーマンスに定評がある「バンバミート」、次回はぜひ夕食で訪問したいですね。

 

───────────────────

・店名   バンバミート

・住所   東京都品川区北品川2-19-1

      町田ビル 1階

・電話   03-6433-3329

・備考   ランチ限定の評価です。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

銀座 東生園

イクラだ!

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

銀座の街をそぞろ歩いていると、ふと足を止め、思わずシャッターを切りたくなるような景色に出会うことがあります。

それは表通りのきらびやかなショーウィンドウではなく、配管が幾重にも重なりのたくっているようなビルの壁面に挟まれた路地裏の風景だったり、薄暗い地下のフロアに続く古めかしい雑居ビルの階段だったり。

 

LifeTeria ブログ

昭和の郷愁、面影が感じられる風景にこころ惹かれるのです。

こころ惹かれると言えば、昭和感溢れるこんな飲食店もそう。

 

LifeTeria ブログ

銀座六丁目の路地裏にある「東生園(とうせいえん)」。

看板の記された電話番号の局番が3桁だったりするのがなんともよいですね。

 

LifeTeria ブログ

「東生園」は立川談志師匠が愛した老舗中国料理店。

店内はいかにも昭和の中国料理店と言った趣で、灰皿があたりまえのようにテーブルのうえに置いてあるのがびっくりです。

テーブルの間隔も狭くて、背中合わせの後ろのお客さんの椅子の背もたれがずっとぼくの椅子の背もたれを押してきて、なんとも落ち着きません。

 

タバコの煙も気になりますし、ちゃちゃっと食べて退散しましょう。

 

LifeTeria ブログ

夜も麻婆豆腐、エビチリや酢豚と言った「日本の中国料理店」でおなじみのメニューを使った定食が用意されていますので、そちらを頂くことにしましょう。

  • お好み定食 回鍋肉(1,700円)

1,700円ってのが、まあ銀座っぽい価格なんですが、味はいたって普通、と言うか普通以下の大衆中国料理レベル。肉は薄い小間切れだしキャベツまで小間切れと言う、なんだかわびしくなるようなシロモノでした。

それに分量間違えた?と思ってしまうくらい塩気が強くて完食するのがたいへん。

食べものを粗末にするとバチがあたると教え込まれてきた昭和なおじさんなので、完食しましたけど。

 

LifeTeria ブログ

定食だけだと寂しいかと思いこちらも追加。

  • 焼売(640円)

悪くはありませんが、味付けが甘ったるくてキレが悪くあまり好きな系統の味ではありません。

 

そう言えば談志師匠はここの餃子が好物だったそうで。

餃子を食べればよかったかな。

 

銀座 クロニックタコス 銀座店

笑うしかない。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

昨日は先日仕事帰りに銀座をうろついていて発見したこちらのレストランへ。

 

LifeTeria ブログ

クロニックタコス」。

場所は最近アルマーニの制服が話題となった泰明小学校のお向かい。

 

クロニックタコス」は2002年にカリフォルニアで1号店がオープン。

新鮮で上質な素材を使ったタコスやブリトーに「クロニック」(やみつき)になるひとが続出、現在アメリカ国内に51店舗を展開している人気タコスレストランなんだそうです。

日本では2018年3月にここ銀座に出店した銀座店が1号店となります。

 

LifeTeria ブログ

店に入ると右手に長いオープンキッチン。

メニューがカウンターに置いてありますので、メニューを眺めながらまずはタコスか、ブリトーかおおまかに選び、さらに具材を選ぶのですが、このメニューがなかなかわかりづらい(笑)。

幸いにして(と言うべきかはわかりませんが 笑)店内はそれほど混雑していませんので、メニューを眺めつつ長考しても後続のお客さんに迷惑を掛けることはないのですが、ランチタイムなどは混乱しそうなシステムです。

 

LifeTeria ブログ

で、ぼくが選んだヤツはこれ。 

  • ランディブリトー(890円・税込)

「ランディ」とは「クロニックタコス」創業者のかたの名前だそうで、ランディオススメのブリトーがこれ。

 

LifeTeria ブログ

ずっしりと持ち重りのする紙包みを開封してブリトーとご対面。

具材は「カーニタス」と呼ばれるスパイシーな豚肉と、スパニッシュライス、ピントビーンズ、モッツァレラチーズと言うコンビネーション。

ボリュームはまずまずあります。

 

LifeTeria ブログ

そしてもうひと品。

  • クロニックチキン(800円・税込)

ハーブや香味野菜が香る力強く野趣あふれる料理で、これはこれで悪くありませんが、ひとりでひと皿平らげるとちょっとクドいかなあ。

 

食材のクオリティにこだわっている点や合成添加物フリーなどのコンセプトは良いと思いますし、スタイリッシュでファーストフード店とは思えない空間づくりもこだわりが感じられてマル。

ただしサイドディッシュなどもオーダすると2,000円くらいになってしまうので、コストパフォーマンスと言う面ではちょっと弱いですね。

 

───────────────────

・店名   クロニックタコス 銀座店

・住所   東京都中央区銀座6-2-3

      Daiwaアネックスビル 1階

・電話   03-6263-9639

・備考   特になし。

・オススメ ☆★★★★

      (1点:お好きな方はぜひ!)

───────────────────

 

三軒茶屋 STEAKHOUSE BIG BEAR 三軒茶屋店

作ったヤツ出てこい(笑)!

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日はちょっとした用事で三軒茶屋へ。

このあたり楽しそうなお店がたくさんあるのですが、あいにくこの日は昼食には遅すぎ、夕食には早すぎると言う微妙な時間帯の訪問だったのです。

 

どこか昼夜通し営業のお店ないかな、と思いつつ商店街を歩いていると…ありました。

 

LifeTeria ブログ

「STEAKHOUSE BIG BEAR」。

 

LifeTeria ブログ

「STEAKHOUSE BIG BEAR」は株式会社ロイヤルダイニングがプロデュースするステーキレストラン。

「ロイヤル」とあるので「ロイヤルホスト」などを運営するロイヤルホールディングス株式会社と関係があるのかと思ったのですが、まったく関係ない模様。

こちらは東京都小平市に本社を置き焼肉店や居酒屋を展開する飲食店グループです。

 

LifeTeria ブログ

肉の前にこちらを。 

  • BIG BEAR サラダ(590円)

ボリュームはなかなかのものですが、なんとも大味です。

これなら塩と酢だけで良いかな。

 

LifeTeria ブログ

ステーキかハンバーグか悩んだのですが、安いステーキで痛い目に遭うことも多々ありますので、安全策でハンバーグをチョイス。 

  • BIG BEAR ハンバーグ 200g×2(1,890円)

 

LifeTeria ブログ

静岡県の有名なハンバーグレストランのそれのようにこんもりとした形状のハンバーグが2つ。

ナイフを入れると盛大に溢れ出る油脂分。

うん、これはぼくの好きなタイプのハンバーグではないな(笑)。

 

断面はごくわずかに赤さを保ったくらいの焼き加減。

実際に頂いてみると案の定ふんわりとした食感で、肉の旨味は希薄。

そして牛脂が多すぎ。

 

おまけにソースも大味で、食べきるのに四苦八苦。

ビジュアルは良かったのですが、見かけほどの力強さがなくちょっと期待はずれ。

なんで400gも頼んでしまったのか自分のミスチョイスを呪いました(笑)。

ステーキの方が良かったかも。

 

銀座 泰明庵

メロちゃんかわいい。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

なんとなく蕎麦が食べたい気分で銀座へ。

しかし銀座で蕎麦、意外にこれと言った店が思いつかないものです。

コアなファンを持つ立喰いの「よもだそば」でも良いのですが、夜は座って頂きたいですからね。

 

LifeTeria ブログ

そんなわけでぶらりと数寄屋橋まで歩き、泰明小学校の近くの路地裏に佇む「泰明庵」へ。

いや、良いですね、この風情。銀座にまだこんな店があるんだ。

 

LifeTeria ブログ

1階は満席。

急な階段を足を踏み外さないように気をつけながらトントントン、と駆け上がり2階へ。

少し開いた窓から秋風が入りなかなか気持ち良いです。

いかにも昭和の蕎麦屋と言った設えがたまりません。

 

LifeTeria ブログ

この日頂いたのはこちら。

  • かき揚げ天もり(1,200円)

びっくりしたのは蕎麦の量。普通の店のもりの優に二倍はあるでしょうか。

ただし蕎麦らしい蕎麦かと言うとそうではなく、蕎麦の風味を楽しもうと言う向きには物足りないかもしれません。

 

天ぷらもけっこうなボリューム。

かき揚げだけではなく、野菜の天ぷらも盛合せになっています。

衣はちょっとボテっとしていて素朴な味わい。

 

壁にはたくさんの酒肴の品書きが貼り出されています。

昭和の蕎麦屋の風情を楽しみつつ、ウマい肴でゆっくり酒を呑み、最後にささっと蕎麦を手繰って帰る、と言うのがこの店の正しい使いかたなのでしょうね。

 

───────────────────

・店名   泰明庵

・住所   東京都中央区銀座6-3-14

・電話   03-3571-0840

・備考   閉店は21時。

・オススメ ☆★★★★

      (1点:お好きな方はぜひ!)

───────────────────

 

溜池山王 ビストロバズ

なぜそれを使った…?

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日はちょいとした用事で昼から溜池山王へ。

このあたりでランチとなれば、まず思いつくのが「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」。

でも休日ならともかく、仕事中に頂くランチに何千円ってのはちょっと、ね。

 

老舗の「ビストロボンファム」も考えたのですが、午後のアポイントの時刻を考えると、もう少しお手軽でスピーディに頂けるランチのほうが良い。

 

LifeTeria ブログ

そこでこちらをチョイス。

ビストロバズ」。

 

「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」も入っている商業施設「赤坂インターシティAIR」の1階と言うなかなかすばらしいロケーションです。

 

LifeTeria ブログ

この時期のランチタイムのテラス席、晴れていれば寒くもなく快適なのですが、なにせ目の前が交通量の多い六本木通りと言うこともあり、あまりくつろげる環境でないところは少々残念。

 

LifeTeria ブログ

この日頂いたのはこちら。

  • 牛肉の鉄板焼きワンプレート(1,500円)

牛肉の鉄板焼き、サラダ、ポムフリットなどがひとつの皿に盛り付けられたランチタイムの人気メニューがこちら。

牛肉はその日の仕入れによって使用する部位が変わるとのことでしたが、この日の部位は「カイノミ」。

「カイノミ」は予想していたよりもしっかりした噛みごたえのある食感でしたが、味わいも強く、お手頃な価格帯のランチとしては上々の肉質でした。

ボリューム感もまずまず。

 

なお、ランチにはバゲットが付いてくるのですが、そのバゲットはひと切れのみ。

炭水化物を控えめにしているぼくはひと切れでOKですが、場所柄外国のかたの来店も多く、このボリュームでみなさん満腹になるのでしょうか。他人事ながら心配になります(笑)。

 

───────────────────

・店名   ビストロバズ

・住所   東京都港区赤坂1-8-1 

      赤坂インターシティAIR 1階

・電話   03-3585-3300

・備考   ランチ限定の評価です。

・オススメ ☆★★★★

      (1点:お好きな方はぜひ!)

───────────────────

 

週末のゴハン 〜breadworks/オリエンタルデリ

「やけ食い」、「ショッピング」、「ネットサーフィン」はオレ的3大ストレス解消術なんですが…。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

最近は週末もなんやかんやで忙しくてゆっくり遠出できずストレスたまる日が続いています。

そんななかで唯一の楽しみが自転車でのお出かけ。

この日は城南島海浜公園までひとっ走り。この時期は晴れていると自転車が気持ち良いですね。

 

LifeTeria ブログ

サイクリング帰りに遅めの昼食兼早めの夕食を頂くために訪れたのがこちら。

天王洲アイルの「breadworks」。

 

LifeTeria ブログ

ここ、ぼくの憩いの場だったのですが、いつの間にかたいへんな人気店になってしまって、週末などはふらっと訪れても満席だったり。

この日も店内は大混雑。

天気も良いしテラスで頂くことにしましょう。

 

LifeTeria ブログ

この日いただいたのはこちら。 

  • シャルキュトリープレート(1,500円)

スモークソーセージ、イベリコチョリソー、ビーフパストラミ、ポークリエット、キャロットラペ、そして店内のベーカリーで焼き上げたパンの盛合せです。

お値段は少しお高めですが、しっかりとした肉の味が楽しめる上質なシャルキュトリーを楽しめるこのメニュー、なかなか満足感の高いひと皿です。

 

LifeTeria ブログ

で、こちらはまた別の休日。

この日は自転車で魚藍坂まで。

用事を終えるともう外は真っ暗。この時期は日が暮れるのが早くてなんだか寂しいものです。

 

魚藍坂界隈で有名な飲食店と言えばカレーの「サンライン」。

いちどは行ってみたいのですが「水はいっさい出さない」、「メニューは1種類」、「カレーにはいっさい具材は入っていない」、「店主が頑固者」と言った、かなりアレな感じのアレなので、なかなか行けないのです。

それでもって日曜日・月曜日・火曜日・水曜日・祝日は定休(つまり木曜日・金曜日・土曜日の3日のみ営業と言うことね)で、この日も日曜日だったのでお店はおやすみ。

 

そんなわけで「サンライン」は諦めてこちらへ。

オリエンタルデリ 白金店」。

こちらは白金のほか、赤坂、駒場、神楽坂、中野に店舗を展開するタイ料理のデリバリーサービス店。

店内に小さなテーブルもありますので、店内で頂くこともできます。

 

LifeTeria ブログ
  • パッタイ(850円)

テーブルに皿が置かれた瞬間にふわっと立ち上がるナンプラーの香り。

ひと口頂くとやや甘さの強さを感じますが、油は控えめでくどい印象はありません。シャキシャキしたもやしの食感、にらと香菜の香り、それぞれが鮮烈で、このパッタイ、なかなかウマいです。

 

LifeTeria ブログ

もう一品はこちら。

  • ガイパッキン(850円)

「ガイ」は「鶏肉」、「パット」は「炒める」、「キン」は「生姜」。なので、鶏肉の生姜炒め、ですね。

これでもかってくらい生姜が入っていて 身体が温まりそうです。こちらもナチュラルな味わいで良かったです。

 

食べてる最中もデリバリーの依頼の電話がひっきりなし。なかなかの人気店でありました。

こんな本格的な味わいがデリバリーで楽しめるのは良いですね。

 

日本橋 ブラザーズ 日本橋店

なぜ??

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

先月オープンした日本橋高島屋の新館をようやく訪問。

ひと月経ってだいぶ空いたかと思いきや、1階のブーランジェリー「365日と日本橋」なんて入店に2時間待ちなんだとか。すごいねえ。

 

LifeTeria ブログ

飲食店は地下1階の一部と、6階、7階の2フロア。

この日は7階のレストランフロアのなかからこのお店へ。

 

ブラザーズ 日本橋店」。

 

LifeTeria ブログ

ブラザーズ」は2000年に日本橋人形町にオープンしたハンバーガーレストラン。

いわゆるグルメバーガーと呼ばれるジャンルでは老舗と言っても良いかもしれません。

人形町の本店、新富町の支店に続く出店がこの日本橋高島屋の新館7階の「日本橋店」となります。

 

LifeTeria ブログ

まずは野菜もね。 

  • シーザーサラダ (S)(500円)

 

LifeTeria ブログ

ハンバーガー類はもっともシンプルな「ハンバーガー」が1,150円。

もっとも高価なメニューは「ダブルチーズバーガー」でこちらは1,800円といった値付け。

で、ぼくのチョイスはこれ。

  • アボカドバーガー(1,300円)

前に新富町店で頂いたアボカドハンバーガーはけっこうマヨネーズの量が多くてぼくの好みと違っていたので、この日はマヨネーズ抜きで作ってもらいました。

 

お味のほうはもちろん上等ではあるのですが、最近のグルメバーガーのなかではそれほどインパクトのある味わいではないかもしれません。

どこかが突出している、という感じではなく、バンズも、パティもすべてにおいて優等生的な味わい。

派手さはありませんが、まじめに作られ実直さが持ち味のハンバーガーといったところでしょうか。

 

───────────────────

・店名   ブラザーズ 日本橋店

・住所   東京都中央区日本橋 2-5-1

      日本橋高島屋S.C. 新館 7階

・電話   03-6262-3191

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

溜池山王 肉塊UNO 溜池山王店

地味ハロウィンおもしろすぎ。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は月イチのにくの会でこちらのお店を訪問。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店
LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店

肉塊UNO」は2016年2月9日(にくの日ですね)にオープンした牧草牛を使った塊肉専門店。

料理は「7種類のお肉のコース」(3,500円;別途テーブルチャージ300円)一本。

 

「牧草牛イチボ」、「牧草牛ランプ」、「リングイッサ(ブラジリアンソーセージ)」、「豚バラ」、「ローストチキン」の5種類は食べ放題。

これ以外に、2種類の「日替わりの特別肉」、サラダ、ポンデケージョがセットになっています。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店

まずはこちら。

  • 牧草牛イチボ

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店

イチボはぼくの大好きな部位。

ブラジルでは「ピッカーニャ」と呼ばれ、本場のシュハスコでもブラジリアンたちが好んで食す部位ですね。

 

ただ、牧草牛の特性ゆえかどうかは不明ですが、この日頂いたイチボは赤身も脂身も旨味がそれほど強くなく、やや味わいが平坦と言いましょうか、さらっとしたテイストでした。

個人的にはもう少し力強い肉が好きです。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店
  • リングイッサ
  • ローストチキン

リングイッサも大好物。

ローストチキンもウマかったのですが、後に控えるメニューを考慮して食べ過ぎないように注意。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店
  • カイワレサラダ

肉といっしょに頂くとさっぱりして良いのですが、辛いのでたくさん食べられないのが残念。

もっと野菜をたくさん食べたいのですが。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店
  • 豚バラ

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店
  • 牧草牛ランプ

こちらもよく言えばさっぱり。悪く言うとちょっと力感がない。

 

シュハスコスタイルで串のまま調理され、串のままテーブルでサーブされますが、シュハスコの醍醐味って肉の力強さ、炎の力強さをシンプルにダイレクトに楽しむところにあると思うのです。

 

上手なシュハスカリア(シュハスコレストラン)で頂くシュハスコで味わえる、こんがりと炭火で燻された脂の香ばしさと、程よく火が入った赤身からジューシーにほとばしる旨味。

そう言ったものを期待するとちょっと肩透かしを喰らいそうです。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店
  • 日替わりの特別肉

ひとつめの特別肉は牧草牛を使ったハンバーグ。

こちらは食べ放題ではなく一度だけのサーブ。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店

こちらはたいへん美味。

つなぎを使わず牛肉の旨味がぎゅっと凝縮されたかのような充実した味わい。

むしろこちらを食べ放題にしてほしいなあ。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店
  • 日替わりの特別肉

ふたつめの特別肉はランカブリ。

きめ細やかな肉質でした。

 

LifeTeria ブログ 肉塊UNO 溜池山王店

シュハスコ愛が強すぎて、ちょっと厳しめのコメントを書き連ねてしまいましたが、立地などを考えればコストパフォーマンスはまずまずかと思います。

 

あとはサービスね。

ブラジリアンたちみたいに陽気にやってくれとは言いませんが、仏頂面で肉をサーブされてもテンション上がらないからね。

 

───────────────────

・店名   肉塊UNO 溜池山王店

・住所   東京都港区赤坂2-8-14

      丸玉第3ビル 1階

・電話   03-6426-5376

・備考   特になし。

・オススメ ☆★★★★

      (1点:お好きでしたらぜひ!)

───────────────────

 

曙橋 ヒロミヤ

そっちかーい!

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日はグルメな友人のお誘いで曙橋へ。

曙橋で焼肉です。

曙橋で焼肉と言えば…あのお店です。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ

あのお店とは「ヒロミヤ」。

数年先まで予約が埋まっていると言う噂の焼肉店です。

 

ぼくも2015年7月のブログで「ヒロミヤ」について採り上げていたのですが、なかなか訪問する機会がなく、これが初訪問。

貴重な予約枠に呼んで頂いた友人に感謝感謝でございます。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ

「ヒロミヤ」は1階が一般のテーブル席、2階が貸切の座敷席となっていますが、この日ぼくたちが陣取ったのは1階のテーブル席。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ

料理はすべてお任せの「ヒロミヤ焼肉コース」(6,000円・税込)一種類のみと言う潔さ。

このコースにはひとり当たり300gの精肉、ホルモン、2時間のドリンク飲み放題、ご飯がセットになっています。ドリンクやご飯はセルフサービスと言うローコストオペレーション。

ぼく、こう言うお店意外と好き(笑)。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ

焼きものはこちらからスタート。

  • タン

すばらしい厚みのタン。

ジューシーで充実した旨味を持つ上等なタンを堪能。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ
  • レバー

新鮮なレバーはサッと炙るだけで頂きます。

えぐみや癖のない上等なレバーでした。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ
  • 特上2種

この日の「特上2種」はリブロースとサガリでした。

リブロースはたっぷりと入ったサシの芳醇な香り、サガリはしっかりとした濃厚な旨味を楽しめます。

ちなみにこの盛りで6人前。

ひとり当たりのボリュームはなかなかのものです。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ
  • 塩5種盛り

左より、のどぶえ、タンモト、豚トロ、鴨、ハツモト。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ
  • ステーキ

部位を尋ねるのを忘れてしまいましたが、こちらはさっぱりとした上品なサシときめ細やかな肉質の厚切り肉。

岩塩と山葵で頂くと思いのほかあっさりと頂けます。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ

正直このあたりでけっこう満腹だったのですが(ぼくはウマい肉があるとついつい白米を頂いてしまうので…)、最後のひと皿が残っています。

こちらは、カブリとほほ肉の盛合せ。

柔らかな食感でウマいことはウマいのですが、だんだん最初の感動が薄れ、惰性で焼き続けることになります(笑)。

 

LifeTeria ブログ ヒロミヤ
  • 冷麺

〆めに冷麺まで頂き満腹です。

 

噂には聞いていましたが、たいへんなボリューム。

肉質もお値段を考えればすばらしいクオリティ。

予約が取れなくなるのも納得です。

 

ドリンクなどはセルフサービスですし、接客もぶっきらぼうでホスピタリティ精神などは望めません。

なので、料理も、雰囲気も、接客も…と全方位的に優れた焼肉店がお好みのかたにはオススメできませんが、ボリュームと肉質のコストパフォーマンス一点突破と言う突き抜けたコンセプト、これはこれでアリかと思います。

 

ぼくも食事後に次回の予約を試みたのですが、予約が取れたのはなんと2020年の3月。

予約忘れそうです(笑)。

 

高田馬場 はやみ

そもそもラーメンはスープだからゼロカロリーです。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

ちょっと前になりますが、ずっと訪問してみたかった焼肉レストランに行ってまいりました。

 

LifeTeria ブログ

訪問したのはこちら。

高田馬場の「はやみ」。

コストパフォーマンスの良さで連日満席、なんどか予約を試みたのですがなかなか予約が取れず、4〜5回目の予約チャレンジでようやく初訪問と相成りました。

 

「はやみ」のコースは4,500円から用意されていますが、初訪問であることを店に伝えると、それならちょっとコースをランクアップしてぜひ名物の厚切り肉を、とのことだったので、オススメにしたがって厚切り肉をコースに入れていただきました。

 

LifeTeria ブログ

まずは前菜としてハラミの刺身。

個人的にはそれほど生肉好きではないのですが、コレはウマかったです。

旨味の強い肉に濃厚な卵黄が絡まりリッチな味わい、肉質の良さが伺える前菜でした。

 

LifeTeria ブログ

 

 

LifeTeria ブログ はやみ

そして焼きものはいきなりこちらからスタート。

厚切り3種盛りはタンモト、ハラミ、ヒレ。

 

すばらしい厚みの厚切り肉はスタッフがロースターでジャストな焼き加減に仕上げてくれます。

タンはタンらしい香りと食感、ハラミはハラミらしい濃厚な味わい、ヒレはヒレらしい上品な味わいを楽しめる逸品。

 

LifeTeria ブログ はやみ

 

 

LifeTeria ブログ はやみ

厚切りではないカルビ、ロース、ハラミの盛合せも肉質は上々。

ちょっと濃いめのタレが脂の香ばしさにマッチしています。

 

LifeTeria ブログ はやみ

濃いめのタレで焼上げるホルモンはボリュームたっぷり。

 

LifeTeria ブログ はやみ

そして〆めは「肉飯」。

もう腹いっぱいなのに、コレ、どんどん食べられちゃう。

 

なかなか予約が取れませんが、上質な厚切り肉をリーズナブルに楽しむには絶好のお店。

コースも要望に合わせてカスタマイズしてくれたりと使い勝手も上々。

予約は早めが吉です。

 

───────────────────

・店名   はやみ

・住所   東京都新宿区高田馬場1-29-6

      野菊ビル 1階

・電話   03-6205-5883

・備考   予約は早めがオススメ。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

北海道旅日記2018秋(後編)

貫禄。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

前回のブログの続きで、秋の美瑛で出会ったすばらしいランチをもうひとつご紹介したいと思います。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE

この日訪れたのはJA美瑛が「食のショールーム」と言うコンセプトの基に2007年オープンしたアンテナショップ「美瑛選果」の一角にある「レストラン・アスペルジュ」。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE

レストラン・アスペルジュ」も、前回ご紹介した「ビブレ」同様、札幌のフレンチの名店「モリエール」の系列店。

 

店内に入ると天井が高く、壁の一面はガラス窓となっていてとても開放的な設えです。

天井も壁も白で統一され無機質な印象ですが、その代わり、大きなガラス窓越しに目に飛び込んでくる木々の緑が強く印象に残ります。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE

ランチコースは2600円、3,600円、4,600円(いずれも税込)の3種類。

この日は2,600円のコースを選びました。

  • パンコントマテ

ひと皿目はカタルーニャ地方の郷土料理であるトマトと香味野菜を使った料理。

爽やかなトマトの風味が食欲を刺激します。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE
  • 美瑛の畑 20種類の野菜を使った取り合わせ

そう言えば、「レストラン・アスペルジュ」の「アスペルジュ」とはフランス語の「アスパラガス」の意なのです。

 

その昔、ぼくがまだ20代のころ、ニセコで朝摘みのアスパラガスを朝食に頂いたことがありました。

そのウマいことと言ったら!

アスパラガスって摘みたてはこんな味なんだ!と驚いたことを昨日のことのように覚えています。

 

この野菜をふんだんに使ったひと皿も、美瑛の新鮮な野菜の味の濃さ、風味をあますことなく楽しむことができる料理。

野菜の一大産地のなかにあるレストランだからこそ楽しめる贅沢です。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE

前日のビブレ同様、ジャガイモを使ったパンがサーブされました。

もっちりとした生地が美味。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE
  • じゃがいものピューレ

このじゃがいものピューレ、こちらもシンプルこの上ない料理ですが、これが実に良かったです。

優しい味ですが、大地の力強さ、豊かさを想起させるかのような、地に足のついたどっしりとしたひと皿。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE

本日のメインディッシュはこちら。 

  • 美瑛産豚肩肉のシューファルシー

キャベツのやわらかな甘さと力強い豚肩肉の旨味が、文字通り層をなして舌を楽しませてくれるひと皿。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE

そしてココットのままサーブされるガルニチュール。

この玉葱の甘さが印象的。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE
  • モダンスーフレグラッセ

デセールはハスカップを使った冷たいスフレグラッセ。

舌に乗せた瞬間に淡雪のようにスフレが消え去り、あとにはハスカップの甘酸っぱさだけが残ります。

 

LifeTeria ブログ レストラン アスペルジュ Restaurant ASPERGE

こちらはプチガトー。

  • 黒豆ショコラ

レストラン・アスペルジュ」は今回が初訪問だったのですが、こちらも期待以上にすばらしいレストランでした。

美瑛を訪問した際には再訪したいレストランです。

 

北海道旅日記2018秋(前編)

もっと言ってあげて。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この3連休を使って北海道を旅してきました。

特に観光をするわけでもなく、美瑛〜富良野あたりでのんびり温泉に入り、ウマいゴハンを食べるだけ、と言うコンセプトのゆったり旅です。

美瑛や富良野は春夏秋冬いつ訪れても四季折々の雄大な風景を楽しむことができますが、落ち着いた秋の風景もまた格別です。

 

LifeTeria ブログ

この日ランチで訪れたのは、有名な「ケンとメリーの木」からクルマで数分の場所にある「ビブレ」。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛

2014年に美瑛の丘にオープンした「ビブレ」は札幌のフレンチレストラン「モリエール」の姉妹店。

この場所はもともとは北瑛小学校があった場所で、北瑛小学校が廃校となったのち、ブーランジェリーとオーベルジュを併設したレストラン「ビブレ」と体験交流施設からなる「北瑛小麦の丘」に生まれ変わりました。

ビブレ(Be.Blé)」は美瑛の「Bi」とフランス語の小麦「Blé 」の意味だそう。

ミシュランガイド北海道版では1つ星を獲得、この日も大勢のゲストで賑わっていました。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛

窓の外に広がる美瑛の景色を眺めつつ頂くランチは2,600円、3,400円、5,400円(いずれも税込)の3種類。

この日は3,400円のランチコースを頂きました。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛
  • 丘のプラトー

手前より時計回りに、豚肉と鶏レバーのパテ、秋刀魚のマリネ、季節のフリット、ラタトゥイユ、野菜のピクルス。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛

併設されたブーランジェリーで焼き上げられるパンも「ビブレ」での食事の楽しみのひとつ。

この日はじゃがいもを使ったパンでした。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛
  • 椎茸スープ

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛
  • ブロッコリー

湯気が上がる茹で上げのブロッコリーを頂きます。

まさに大地の恵みをそのまま頂くと言った感じですね。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛
  • お口安めのサラダ

 

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛
  • 美瑛豚すね肉の煮込み

メインディッシュはいわゆるアイスバイン。

この上なくシンプルですが、そのぶん美瑛産の豚肉の旨味をあますところなく堪能できるひと皿。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛

別皿でサーブされるガルニチュールにも美瑛の野菜のウマさが詰まっています。

玉葱の甘さが印象的です。

 

LifeTeria ブログ bi.ble ビブレ 美瑛
  • 美瑛産の牛乳アイス

さわやかな甘さのアイスクリームの上にはアクセントとしてオリーブオイルと黒胡椒。

揚げパンといっしょに頂いても美味なのです。

 

すばらしい風景とともに頂く美瑛の味覚、たいへん上等なランチでした。

 

後編のブログでは「ビブレ」と同じく「モリエーリ」の姉妹店となる「アスペルジュ」のランチをご紹介したいと思います。

 

広尾 レ・グラン・ザルブル

ドクターペッパー意外に好きです。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

本日は広尾某所にて夕方までお仕事。そして首尾よく17時前にお仕事終了。

さ、「カフェ・デ・プレ」か「ボンダイカフェ」で一服してから麻布十番あたりで夕飯食べますかね。

いや、せっかくだからいちど行ってみたかったあのカフェに行ってみようかな。

 

LifeTeria ブログ Les Grands Arbres レ・グラン・ザルブル

そんなわけで向かったのがこちら。

広尾橋の交差点から西麻布方面に向かって歩き、最初の路地を入ると見えてくる「タブノキ」の大樹に作られたツリーハウスが目印のこの建物。

 

このツリーハウス、外側に立てられたはしごからでも、内階段からでもアクセスできて、実際になかに入ることできます。

この日も海外からの観光客と思われる女子たちが記念撮影したり、近所のこどもたちが中に入って遊んだりと大人気なのでした。

ぼくも入ってみたかったのですが、歳を考えてやめておきました(笑)。

 

LifeTeria ブログ Les Grands Arbres レ・グラン・ザルブル

そして、この建物の3階にあるのが「レ・グラン・ザルブル」。

レ・グラン・ザルブル」とは「大きな木」と言う意味だそうです。

 

LifeTeria ブログ Les Grands Arbres レ・グラン・ザルブル

「ナチュラル系ガーデンカフェ」を標榜するだけあって、シンボルツリーである「タブノキ」が窓いっぱいに広がり、また室内にも植物がディスプレイされていて都会のオアシスと言った趣の店内。

広尾駅から徒歩数分と言う場所にありながら隠れ家感があって良いですね。

 

LifeTeria ブログ Les Grands Arbres レ・グラン・ザルブル

この日頂いたのはこちら。

  • 厚焼きパンケーキ スイートパンプキン(650円)
  • オーガニックブレンド(520円)

「雪ノ下」のパンケーキみたいにふんわりしたタイプかと思いきや、ちょっとパサついていてパンケーキ自体は、うーん、そうですね、あまりぼくの好みではありませんでした。

オーガニックのコーヒーもぼく的にはちょっと雑味があっていまひとつ。

 

まあ正直食べもの、飲みものについてはぼくの好みとは違うのですが、とは言え、この雰囲気は何ものにも代えがたい魅力がありますね。

ロケーションやインテリアと言った雰囲気もカフェのだいじな要素だと思うのです。

 

───────────────────

・店名   レ・グラン・ザルブル

・住所   東京都港区南麻布5-15-11

      フルール・ユニヴェセール 3階

・電話   03-5791-1212

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

御茶ノ水 山の上ホテル ラヴィ

マジで?

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

冷たい秋雨が降る夜に訪れた御茶ノ水。

 

LifeTeria ブログ

この日は「山の上ホテル」を初訪問。

「山の上ホテル」と言えば川端康成、三島由紀夫、池波正太郎など多くの文豪が愛したクラシックホテル。

直木賞作家の山口瞳氏の「行きつけの店」のなかの「お茶の水 山の上ホテルの天ぷらとステーキ」の章はいきなりこんなふうに始まります。

 

───

 ホテルでは山の上ホテルが一番だ。一番だというのは一番上等だという意味ではない。一番好きだと言ったほうがいいかもしれない。その「好き」の内容は「気持ちが安らぐ」もしくは「自分の家に帰ってきたようだ」ということになろうか。

 どこが好きかというと、最初にフロントの感じがいいことを挙げたい。フロントで働く人たちの応対が実にいい。私はフロントではなく御帳場と読んでいる。

───

 

エントランスを入り、レストランの案内板を眺めていると、さっとスタッフが寄ってきて「どちらをお探しでしょうか?」と声を掛けてくれました。

 

東京には高級なものから超高級なものまで、たくさんの著名なホテルがありますが、こう言う温かな接客ができるホテル、コージーな雰囲気を醸し出すことができるホテルは貴重な存在かもしれませんね。

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ

「山の上ホテル」のレストランとしては、天ぷらの「山の上」が有名ですが、この日ぼくたちが訪れたのは階下のフレンチレストラン「ラヴィ」。

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ

もちろん名門ホテルの由緒ただしいフレンチレストラン、お値段もそれなりではありますが、この日はダイナースクラブの人気企画である「フレンスレストランウィーク」の真っ最中と言うことで、期間限定の「フランス レストランウィーク スペシャルコースメニュー」を頂いて参りました。

 

アミューズ、前菜、メインディッシュにデセール、そしてワンドリンクがセットになって5,000円(税・サービス料込み)と言うお得なお値段なのです。

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ
  • アミューズ

左からパテドカンパーニュ、プティシュー、ブルギニョンバター風味のつぶ貝。

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ

 

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ
  • リドヴォーとラングスティーヌのポワレ シェリーヴィネガー風味 旬の野菜を添えて

香りの良いラングスティーヌ、そして独特の食感と風味を持つリードヴォーを使った前菜は、シェリーヴィネガーが爽やかさ、軽やかさを演出していてたいへん好印象。

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ
  • 国産牛ほほ肉の赤ワイン煮 トリュフ風のジャガイモのピューレと共に

フレンチでは定番のブッフ・ブルギニョンですが、このメインディッシュが実に良かったのです。

独特の食感を保つようにに仕上げられたほほ肉は、芯までしっかりとソースの味が染み込み、噛みしめるごとにほほ肉としっかりとしたコクを持つソースの旨みをじっくりと堪能できます。

これはど真ん中のウマさ。

定番の料理が、ブレることなくウマいと言うのは良いものです。

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ
  • フロマージュブランに季節のコンポートを添えて

 

LifeTeria ブログ 山の上ホテル ラヴィ

昨夜は

  • モンブランとラムレーズンのアイスクリーム

独特の雰囲気をもつクラシックホテルでのディナー、なかなかにステキでした。

たまにはこのようにクラシックなフレンチも良いものです。

 

───────────────────

・店名   ラヴィ

・住所   東京都千代田区神田駿河台1-1

      山の上ホテル 地下1階

・電話   03-3293-2311

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

丸の内 筑紫樓 丸の内店

かわいい♡

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日はちょっとしたお祝いで丸ビルにて豪華ランチを。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店

訪問したのはこちら。

筑紫樓 丸の内店」。

筑紫樓」の文字の上には「魚翅海鮮酒家」とあります。

「魚翅」とは「ふかひれ」、つまり「ふかひれ海鮮レストラン」ですね。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店

店に入ると出迎てくれるのがこちら。巨大なふかひれ。

これだけの大きさだと乾燥させるのに2年ほど掛かるのだとか。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店

この日頂いたのは5,500円のランチコース。

メニューを開くと…。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店

料理長の朱印つきの菜譜。

ちょっと特別感があって良いですね。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店
  • ふかひれと湯葉の冷製

さっぱりとしたさわやかな風味ですが、その奥にしっかりとした旨味を含ませるようにていねいに仕立てられた前菜。

この前菜にもふかひれが使われていて、このあとの料理への期待が高まります。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店
  • 大海老の特製ソース和え

非常に風味の良いおおぶりな海老にコクのあるソースが絡まり上等な味わい。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店

そしてお待ちかねのこちら。

  • ふかひれ姿煮込み

立派な大きさの姿煮込みにテンションが上がります。

よく誤解されるのですが、「ふかひれ」自体にはそれほど味はありません。それゆえ、大切なのは煮込みに使うスープのクオリティ。

上等な材料から作られるスープは舌に媚びるように濃厚かつ凝縮された旨味を湛えています。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店
  • ホタテの蒸し物

ふかひれの余韻に浸る間も無くサーブされる、これまた立派な大きさの帆立貝。

こちらも絶品でした。

リッチな味わいのスープが帆立貝の甘さを引き立てます。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店
  • ふかひれ入り土鍋そば

〆めは滋味溢れる白湯仕立てのふかひれそば。

ほっとするような味わいでありながら、品が良く上等のコースの〆めにふさわしい味わい。

 

LifeTeria ブログ 筑紫樓 丸の内店
  • アンニン豆腐

ランチで5,500円とちょっとお値段はお高めですが、そのぶんクオリティは間違いなし。

いずれの料理も食材の良さと確かな調理技術を感じられる満足感の高いものでした。

 

ランチタイムにはもう少しリーズナブルなコースもありますので、機会があればそちらも試してみたいですね。

 

───────────────────

・店名   筑紫樓 丸の内店

・住所   東京都千代田区丸の内2-4-1

      丸の内ビルディング 5階

・電話   03-6213-2946

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

恵比寿 香湯ラーメン ちょろり

どう言うこと??

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は餃子好きの友人たちと恵比寿で餃子会。

オシャレタウンの恵比寿ですが、なぜか餃子屋さん、多いんですよね。

有名どころだと「大豊記」「七福餃子楼」、「えびすの安兵衛」あたりでしょうか。

 

LifeTeria ブログ

そして餃子専門店、と言うわけではないのですが、こちらの餃子も大人気。

「香湯ラーメン ちょろり」。

 

「香湯ラーメン ちょろり」はぼくがこよなく愛する青山墓地下の「かおたんラーメン」の系譜を継ぐラーメン店。

「かおたんラーメン」の店舗と言うのは車輪を付けたら動き出しそうなくらい簡素なしつらえの「小屋」なのですが、「香湯ラーメン ちょろり」の店舗はずっと広く立派。

創業は1995年。すっかり恵比寿の人気ラーメン店としての地位を得て、この日も店内は満席。入店するのに少々待つくらいの大人気でした。

 

LifeTeria ブログ

それでは料理のご紹介を。 

  • 味付もやし(350円)

 

LifeTeria ブログ
  • 味付肉盛(500円)

 

LifeTeria ブログ

そしてもちろんこちらもね。 

  • ギョーザ(500円)

「香湯ラーメン ちょろり」の源流たる「かおたんラーメン」、あちらの餃子をぼくは愛して止まないのですが、この「香湯ラーメン ちょろり」の餃子も基本的な味わいは「かおたんラーメン」のそれに近いもの。

香味野菜の効かせかたが良いのですね。ちょっとだけ残念だったのはやや焼きが甘いところ。

もう少しパリッと皮が焼きあがっていたらもっと良かったのですが。

 

LifeTeria ブログ

〆めはこちら。

  • ラーメン(600円)
  • 味付玉子(100円)

澄んだ醤油ベースの「香湯(シャンタン)」はシンプルで後味スッキリ。

揚げ葱の香ばしさが食欲をそそります。

いまどきのゴテゴテのスープとは対照的なシンプルさ。これが実に良いですね。

 

餃子もたくさんお代わりしてもう食べられない、と言うくらい満腹になって、お会計はひとりあたり2,000円ちょいでした(笑)。

 

───────────────────

・店名   香湯ラーメン ちょろり

・住所   東京都渋谷区恵比寿4-22-11

・電話   03-3444-7387

・備考   営業時間は11時〜28時。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

・参考記事 2014年06月20日「恵比寿 香湯ラーメン ちょろり

───────────────────

 

渋谷 USHIHACHI(牛8) 渋谷店

EAK!

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は「にくの会」で渋谷へ。

いやー、それにしても若いコと観光客ばっかだなあ。

ぼくが在学していた高校は銀座線沿線にあったので、そのころは何かにつけ渋谷によく遊びに行ったものでした。その頃とじぶんの中身はぜんぜん変わっていないつもりなのですが、年々渋谷にアウェイ感を感じるお年頃でございます。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店

この日訪問したのはスクランブル交差点に面した渋谷駅前ビルの4階、「USHIHACHI(牛8) 渋谷店」。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店

窓からは渋谷駅前の夜景。なかなか良い眺めです。

 

「USHIHACHI(牛8)」は「コスパ日本一の焼肉専門店」を標榜し錦糸町、新宿、木場、上野、品川などに店舗を展開している人気焼肉店。 

この渋谷店も大勢のお客さんで賑わっています。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店

それでは料理のご紹介を。

この日頂いたのは料理8品に飲み放題が付いて5,000円と言う「うしはちコース」。

  • ナムル・キムチ盛り合わせ

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店
  • 岩ノリのチョレギサラダ

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店
  • 低温熟成調理 レアよりレアな特選和牛のユッケ仕立て

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店
  • ネギ塩タン

焼きものはタンからスタート。

スライスが薄めでパンチはありませんが、味わいはまずまず。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店

 

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店
  • 本日のおすすめ6点盛り

おすすめ6点盛りはA4ランクの黒毛和牛を使用しているそうで、いずれも5,000円と言うコースのお値段を考えれば上々の肉質。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店

スタッフが少なすぎて料理や肉の部位の説明もなく単に皿がテーブルに置かれていくだけだったので部位が不明なのはちょっと残念ですが。

ドリンク頼むにもスタッフがいないので頼めないと言う(笑)。

 

まあ渋谷で飲み放題込みでA4ランクの焼肉が食べられて…と言うコストパフォーマンスには文句の付けようがないので、しかたのないところですが。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店
  • ユッケジャンスープ

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 渋谷店
  • 特製 冷麺

コースをひと通り食べ終えて、ボリューム的にはちょっと物足りない感じを受けましたが、この立地でこのお値段、総合的に考えると満足度はまずまず。

ガッツリ食べたいときはアラカルトがオススメ、です。

 

───────────────────

・店名   USHIHACHI(牛8) 渋谷店

・住所   東京都渋谷区道玄坂2-3‐1

      渋谷駅前ビル 4階

・電話   03-3464-0929

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

麻布十番 とんかつ都

さすがマキタ。

持ち歩きには向かないですけど。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は広尾で仕事をしていまして、仕事は夕方に無事終了。

たくさん飲食店のある広尾、いつもならこの界隈で夕飯を…となるところですが、蒸し暑い空気のなか有栖川公園から仙台坂を降りて麻布十番へと移動。

 

LifeTeria ブログ

実は麻布十番にちょっと話題のとんかつ店がオープンしたと聞いて訪問してみたのです。

それがこちら。「とんかつ都」。

仙台坂の麓、老舗のスーパーマーケット「ナニワヤ」のご近所です。

とんかつ都」は食肉卸売業やレストラン事業を展開する「肉の石川」グループが経営母体。

肉屋がプロデュースするとんかつ店、これは期待してしまいますね。

 

のれんをくぐって店内に入れば明るく清潔でいまどき感ある設え。

ただし白木に見えるカウンターはプリント合板だったりして、よく見ると安普請だったりするのですが。

 

カウンターのお隣さんのバッグはエルメスの純白のエヴリン。かな?

とんかつ喰いに来るのにエルメスかぁ。さっすがアザブジュバーンです。

 

LifeTeria ブログ

カウンターにはソースに醤油、そして2種類の塩…とそこまでは普通ですが、なぜかメイプルシロップ。

スタッフに尋ねると、とんかつは塩で食べるのがオススメなのだそうですが、メイプルシロップもちょっと味が変わっておもしろいですよ、とのこと。

なるほど。あとで試してみよう。

 

LifeTeria ブログ

ぼくはとんかつソースをあまり好まないので、味付けはゲランドの塩、ウユニの塩…そしてメイプルシロップ。

 

LifeTeria ブログ

この日頂いたとんかつがこちら。 

  • 上ロースかつ(1,850円)

上ロースかつは250gの立派なボリュームのある厚切りのロースかつ。

 

LifeTeria ブログ

うん、すばらしい厚みですね。

とんかつに使用される豚肉は日によって産地が変わるそうですが、この日の豚肉は神奈川県藤沢市「和田養豚場」のもの。

きめ細やかな肉質でとてもジューシー。そして雑味なく非常にすっきりとした風味の豚肉です。

揚げ具合は芯の部分がほんのりと赤みを残すくらいのややレア気味。

「丸一」や「とんかつ檍」よりは芯まで火を通しているような印象です。

 

衣は特徴的で12時間発酵のパン粉を使った衣は非常に薄くつけられています。

菜種油を使っていると言う揚げ油もあっさりとした風味で、重量感のあるビジュアルとは裏腹に頂いた印象は品が良くさっぱりとした味わいです。

 

とんかつを半分くらい食べ進んだところでいよいよメイプルシロップ。

メイプルシロップだけでもイケるとのことでしたが、ぼくはメイプルシロップにさらに塩をプラス。

うん、これはおもしろいですね。ちょっとした「味変」には「アリ」だと思います。

 

ぼくの好きな蒲田系のとんかつのようなディープ感はありませんが、麻布十番らしい洗練されたとんかつ、なかなか満足感の高い夕飯となりました。

 

───────────────────

・店名   とんかつ都

・住所   東京都港区麻布十番3-9-6

      スバルMビル 1階

・電話   03-3453-2929

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

田町 焼肉にくがとう33895 田町・三田店(後編)

確かに。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

前回のブログに引き続き、田町の人気焼肉レストラン…。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

焼肉にくがとう33895 田町・三田店」のコースの後半の料理を紹介したいと思います。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

後半の料理、まずはこちらから。

  • リブロース 円子黄金のタレ

美しいロゼ色の赤身にたっぷりとサシが入ったこのリブロースは、滋賀県の澤井牧場で40か月肥育された近江牛(おうみうし)のもの。

20ヶ月ほど肥育され30ヶ月程度で出荷される通常の和牛に比べ、ゆっくりと時間をかけて丁寧に肥育されたたいへん希少な肉牛なんだそうです。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

もちろんサッと炙るだけで頂きます。

ひと口頂けば、とろけるようなサシの甘さが舌に広がり、そしてその後に赤身の旨味が余韻として残ります。

いや、コレはウマいなあ。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

澤井牧場の40か月肥育の近江牛の余韻に浸る間もなく、お次はこちら。  

  • イチボの一枚焼き すき焼き風 〜日本一卵を絡めて〜

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

「イチボの一枚焼き」は「にくがとう」の名物のひとつ。

大判にカットされたイチボをサッとだけ炙り、溶き卵をまとわせ頂きます。

濃いめのタレがイチボの濃厚な旨味にマッチして美味。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

最後の肉料理の前にちょっと箸休め。

  • にくがとうの野菜サラダ たっぷりと

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

そして肉料理の最後を飾るのがこちら。

  • 和牛赤身ロック

塊にカットされた赤身肉に火を入れてまずはそのまま。

赤身ならではの滋味溢れるウマさを存分に味わえます。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

そして、こんどはご飯のうえに焼き上げた赤身肉、たっぷりの雲丹、さらにトリュフ。

  • 雲丹ロック飯

赤身の凝縮感のある旨味と雲丹の濃厚な旨味、そして華やかなトリュフの香りがそれぞれをじゃますることなく、お互いを引き立てあう豪華なひと品でした。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

〆めの料理はこちら。

  • 自家製トマトソースの冷製パスタ

さっぱりとしたソースの酸味とパスタの涼感が真夏の焼肉の〆めにぴったりでした。

 

料理はお任せでお願いしましたが、いずれの料理もオーナーの肉にかける情熱と愛情が感じられるハイクオリティなもの。至福の焼肉コースでした。

すでに予約が取りづらいほどの人気だそうですが、ぜひ近いうちに再訪してみたいと思います。

 

───────────────────

・店名   焼肉にくがとう33895 田町・三田店

・住所   東京都港区芝5-12-7

      カゾール三田 1階

・電話   03-6435-2983

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆☆☆

      (5点:大好きなお店!)

───────────────────

 

田町 焼肉にくがとう33895 田町・三田店(前編)

デーブ言うねえ。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は僕が主宰する「にくの会」がめでたく60回目を迎えたことを記念して田町の人気焼肉レストラン「焼肉にくがとう33895 田町・三田店」へ。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

焼肉にくがとう33895 田町・三田店」は2014年に人形町にオープンするや、またたく間に東京でも屈指の人気焼肉レストランとなった「焼肉にくがとう」の支店。

店名の「33895」はオーナーが飼育していた肉牛の個体識別番号に由来するそうです。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

この日は「肉風呂VIPルーム」をお借りしての貸切焼肉会。

壁面には今や日本に3名しか存在しないと言う銭湯絵師のうちのひとりである、田中みずき氏が描いた富士山。

「肉風呂や 至福の時間 肉と富士」という句が添えられています。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

この日はコースで料理の内容はオーナーにお任せ。

それではさっそく料理のご紹介を。

  • 自家製キムチとナムルの盛り合わせ

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

肉類はまずはこちらから。

  • 肉の刺身盛り合わせ(ツラミ ハツ ハチノス 上ミノ)

新鮮な肉や内臓を丁寧に刺身に仕立てていることが伺える4種類の部位。

いずれもすばらしいコースのスタートにふさわしい上質な味わいです。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店
  • 至福の握り 〜カンボジア産生胡椒〜

コレ絶対ウマいヤツね(笑)。
香ばしい脂の香りを引き立てるのはカンボジア産の生胡椒。グッと味が引き締まります。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

お待ちかねの焼きものはタンとハツからスタート。 

  • 厚切り特上タン塩
  • ハツ(牛の心臓)タスマニア産 粒マスタード添え

このハツが絶品。ハツってこう言う味なんだ、とあらためてハツのウマさに気づく。そんな濃厚な味わいを持ちながら、雑味は癖は皆無。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

タンも素晴らしい厚み。

ジューシーでタンらしい味わいに富んだ上等なタンです。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

お次はランプのブロック肉とフォアグラ。

こちらはスタッフの手によって焼き上げられて…。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう33895 田町・三田店

ひと口サイズのかわいらしいサンドイッチに。

  • じゃばらサンド

赤身のしっかりとした味わいを持つランプに、ねっとりとしたフォアグラが絡み合いゴージャスな味わい。

 

後半も絶品の焼肉が続きます。

こちらはまた明日のブログにてご紹介したいと思います。