LifeTeriaによる、恋活・婚活ブログ。

…のつもりでしたが、いつの間にかゴハンブログ?

恋活・婚活だけではなく、日常の楽しい話題をお届けするLifeTeriaブログです。

 

【飲食店の「点数」について】

このブログにおける「点数」はいわゆるグルメレビューサイトなどの評価点の考え方とは違います。

「5点:良い⇔1点:悪い」という評価基準ではなく、点が付いていればすべて「オススメ」の飲食店であり、点数の多寡でそのオススメ度合いを表現しています。

点数は料理の評価だけによるものではなく、対価、接客、立地、雰囲気などさまざまなファクターを総合した、あくまでも主観に基づく食後感によるものなので、絶対的な料理のクオリティと同期していないこともあります。

また、同一の店舗であっても訪問時期により点数が異なることがあります。

─────────────────────

☆☆☆☆☆(5点:とても好きなお店!)

☆☆☆☆★(4点:誰にでもオススメ!)

☆☆☆★★(3点:けっこうオススメ!)

☆☆★★★(2点:ちょっとオススメ!)

☆★★★★(1点:お好きな方はぜひ!)

─────────────────────

 


お知らせ

土曜日・日曜日はブログの更新をお休みさせて頂きます。

 

 

 

LifeTeria ブログ


 

 

 

銀座 飯場 銀座店

ちょっと勇気いるね。

 

はい、それでは金曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日も仕事終了、って言うか終了はしていないのですが、オフィスを出たのが22時半。

 

LifeTeria ブログ 飯場 銀座店

こんな時間からちゃんとした食事ができるところ…と言うことで、訪れたのがこちら。

飯場 銀座店」。

 

この「飯場」、看板には「京風串揚げの店」とありますが、本店は名古屋。

そんなわけで、串揚げだけでなく、名古屋や岐阜の名物もいろいろ取り揃えています。

 

LifeTeria ブログ 飯場 銀座店

ラストオーダは27時。

しかも深夜でもウマい定食が食べられるので、かつて今よりもうちょっとマジメに深夜まで働いていたころ、深夜メシに時おり利用していた店なのです。

 

LifeTeria ブログ 飯場 銀座店

定食だけでは悪いので…。

  • 蓮根  (200円)
  • 肉詰椎茸(250円)
  • 茄子  (135円)

串揚げは専門店だけあって薄手の衣が香ばしくこんな時刻でもスッと食べられてしまう軽さ。この串揚げを定食にすることもできるのですが…。

 

LifeTeria ブログ 飯場 銀座店

この夜はこちらを。

  • 刺身定食(1,250円)

この日の刺身は鯛、いさき、かんぱち、鮭など。

 

刺身の質はお値段を考えればなかなかに上等。

時計の針がもう少しでてっぺんになるこんな時刻にこんなちゃんとしたご飯が食べられるのはうれしい限り。

 

でも、願わくは夕飯はもう少し早く食べたいですね。

 

───────────────────

・店名   飯場 銀座店

・住所   東京都中央区銀座1-15-2

      銀座スイムビル 地下1階

・電話   050-5798-4900

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

・参考記事 2013年11月07日「銀座 飯場 銀座店

───────────────────

 

品川 GOOD MORNING CAFE 品川シーズンテラス

ニャンコ使いですね。

 

はい、それでは木曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

3連休最終日の月曜日はちょっと遠出をもくろんでいたのですが、家でいろいろと片付けなくてはいけない用事もあり、台風一過のせっかくの好天なのに日がな一日家に缶詰。

 

夕飯くらいは外出しようと思い立ち、心地よい風が吹き抜ける運河を越えて品川シーズンテラスへ。

 

LifeTeria ブログ GOOD MORNING CAFE 品川シーズンテラス

「ホームワークス」でウマいハンバーガーかサンドイッチでも食べて帰ろうか、と思っていたのですが、連休最終日と言うことでこの日は早仕舞い。

 

仕方ありません、上のカフェでも覗いてみましょうか。

 

「今日は何時まで空いているんですか?」

「18時までです」

「(30分あれば食事できるよね?)じゃ、お願いします」

「あ、でももうラストオーダなので入れません」

 

…今日び、出来の悪いAIだってもう少しマシな接客するぜ?

 

そんなわけで同じく品川シーズンテラスのなかの「GOOD MORNING CAFE 品川シーズンテラス」へ。

 

LifeTeria ブログ GOOD MORNING CAFE 品川シーズンテラス

「GOOD MORNING CAFE」は、東京朝型スタイル「アサイチセイカツ」を提案するカフェとしてもともとは千駄ヶ谷で人気を博していたカフェ。

虎ノ門ヒルズ、中野セントラルパーク、そしてこの品川シーズンテラスと言った話題のエリアなどに現在8店舗を展開しているカフェです。

 

この品川シーズンテラスの店舗には朝食を食べに何度か足を運んだことがあるのですが、夕食を頂くのは初めて。

 

17時半と言う中途半端な時刻に加えて、休日祝日はそもそも人気のないこの界隈、広い店内に客はぼくひとり。

ひとが多すぎるのも嫌ですが、ひとが少なすぎるのも居心地が悪いものです(笑)。

 

LifeTeria ブログ GOOD MORNING CAFE 品川シーズンテラス

頂いたのはこちら。

  • 優美豚のグリル(1,600円)

最近はさまざまなブランド豚を目にしますが、この「優美豚」は鹿児島県産の黒豚の一種。

この「優美豚」、ご覧のとおりかなりレアめにグリルされていて、非常にジューシーな仕上がり。

 

こちらをシンプルに塩、胡椒、マスタードで頂きますが、「鹿児島県産の黒豚」と言うブランドバリューからすると、肉自体の味わいはやや物足りない感もあります。

 

ボリュームも含め、コストパフォーマンス的にはいま一歩、と言ったところでしょうか。

 

───────────────────

・店名   GOOD MORNING CAFE 品川シーズンテラス

・住所   東京都港区港南1-2-70

      品川シーズンテラス 2階

・電話   03-5715-3515

・備考   平日は7時30分から、土・日曜日は8時より営業。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

・参考記事 2015年07月02日「品川 GOOD MORNING CAFE 品川シーズンテラス

───────────────────

 

六本木 ジャスミンタイ 六本木店

大豆だったのか!?

 

はい、それでは水曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

東京も台風の影響で豪雨となった3連休の中日。

友人に誘われて夕食を摂るために向かったのは飯倉片町交差点。

雨で煙って東京タワーの姿もぼんやりとしか見えません。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店

友人からのリクエストでこの日はタイ料理を。

訪れたのは「ジャスミンタイ 六本木店」。

 

四谷、八重洲、日本橋などにも店舗がある人気タイ料理レストランですね。

タイ通の友人によると、大使館関係者にも高い評価を受けているレストランなんだとか。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店

前にこちらの六本木店、予約なしでフラッと訪れたら、満席で入店できなかったなんてことがありました。

しかしさすがにこの豪雨、普段ほどは混んでいませんね。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • 青いパパイヤのサラダ(1,200円)

いわゆる「ソムタム」ですね。

辛さは控えめにして頂いたのですが、それでもこの湿った陰鬱な空気を吹き飛ばすような爽やかな刺激があります。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • 生春巻き(950円)

定番ものもオーダしておきましょう。見た目もキレイですね。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • 鶏肉のハーブ和え(1,200円)

これ、とても良かったです。

鮮烈なハーブの風味が印象的。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • 海老のすり身トースト揚げ(1,000円)

これはぼくの好物。

香ばしく食欲をそそるできばえです。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • 蟹のカレー炒め(1,800円)

ソフトシェルクラブを使ったリッチなカレー。

スパイシーな風味とちょっとレアめの玉葱のコンビネーションが良いですね。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • 鶏肉の炭火焼き風(1,000円)

こちらも定番。「ガイヤーン」ですね。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • パッタイ(タイ焼きそば)(1,200円)

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • パイナップルチャーハン(1,800円)

実はぼくたちがオーダしたものは違うチャーハンだったのですが、オーダしたものと違う旨をタイ人スタッフに伝えたところ「やっちまった」って感じの表情だったので、ここは日タイ友好のため、そのまま頂くことに。

 

なかなか豪快なルックスですね。

 

LifeTeria ブログ ジャスミンタイ 六本木店
  • バナナのクレープ包み(700円)

デザートはこちら。かなりずっしりとした重さの甘みです。

 

料理はいずれも安定感があり、何をオーダしても安心して頂けるのが良いですね。

 

───────────────────

・店名   ジャスミンタイ 六本木店

・住所   東京都港区六本木5-18-21

      ファイブプラザ 2階

・電話   03-5114-5030

・備考   週末は予約必須です。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

・参考記事 2013年06月16日「六本木 ジャスミンタイ 六本木店

───────────────────

 

六本木 国際文化会館 レストランSAKURA

俺も買う!

 

はい、それでは火曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ 国際文化会館 レストランSAKURA

3連休初日は六本木でランチを。

六本木交差点から外苑東通りを飯倉方面に向かい、ロアビルがある交差点から麻布十番に向かって降りる急坂が「鳥居坂」。

 

ギラギラした猥雑な六本木の街も好きですが、この「鳥居坂」や、その南側にある「永坂」などの落ち着いた佇まいを見せる「裏ロッポン」も風情があって良いものです。

 

そんな「鳥居坂」の途中に建つのが「国際文化会館」。

この「国際文化会館」の母体である「公益財団法人国際文化会館」は「日本と世界の人々の間の文化交流と知的協力を通じて国際相互理解の増進をはかることを目的に、1952年にロックフェラー財団をはじめとする内外の諸団体や個人からの支援により設立された非営利の民間団体」(公式サイトより)なので、ぼくのように「文化交流」や「知的協力」に縁がない人間にとってはこの「国際文化会館」、訪問する機会がないのですが…実はこのなかのレストランやカフェは一般のひとびとにも解放されていて、自由に使うことができるのです。

 

LifeTeria ブログ 国際文化会館 レストランSAKURA

「国際文化会館」の地下のフロアにあるレストランが「レストランSAKURA」。

 

LifeTeria ブログ 国際文化会館 レストランSAKURA

自然の起伏を活かした建築なので、地下と言ってもレストランの窓からは一面に素晴らしい庭園の緑を望むことができます。

 

この「国際文化会館」が建っている場所は、江戸時代から幕末にかけて多度津藩(現香川県)藩主京極壱岐守の江戸屋敷であり、明治初期には井上馨が所有する場所だったと聞けばその格式の高さに背筋が伸びる思いですね。

 

現在ぼくたちが見ることができる庭園は、昭和初期に三菱財閥四代目総帥であった岩崎小弥太の命によって造園されたもの。

 

なお、1955年に建築された建物自体も昭和の名建築として知られており、2006年には「登録有形文化財」に指定されています。

 

LifeTeria ブログ 国際文化会館 レストランSAKURA

前置きが長くなりましたが、そろそろランチのご紹介を。

 

ランチはメインディッシュがひと皿の「プリフィックスランチ」(3,000円)と、メインディッシュが魚料理、肉料理となるシェフズランチ(5,000円)の2種類。

この日は「プリフィックスランチ」(3,000円)をチョイス。

 

前菜はスモークサーモントラウトとポテトのテリーヌ、生ハムと野菜のサラダ、真鯛のカルパッチョ、温野菜のプレート、ビシソワーズの5種類からチョイス。

  • スモークサーモントラウトとポテトのテリーヌの取り合わせで

 

LifeTeria ブログ 国際文化会館 レストランSAKURA

追加料金となりますが、スープを追加することもできます。

  • ビシソワーズ(+600円)

とても濃厚なビシソワーズ。まだまだ残暑厳しいこの時期には嬉しいですね。

 

LifeTeria ブログ 国際文化会館 レストランSAKURA

この日のメインディッシュは鰈のムニエル、オマール海老のポワレ、蟹と鱸のパイ包み焼き、合鴨胸肉のロースト、ビーフヒレ肉のポワレの5種類。

 

ぼくが選んだのはこちら。

  • 殻付きオマール海老のポワレ アメリカンバターソース(+500円)

旨味の強いオマール海老には力強く濃厚なバターソース。

奇を衒わずオーソドックスな調理ですが、味わいに過不足なくなかなか上等なひと皿です。

 

LifeTeria ブログ 国際文化会館 レストランSAKURA
  • クルミのタルト メイプルシュガー風味 ヨーグルトアイス

六本木の喧騒から隔絶された優雅な空間で頂く料理は実に結構なものでした。

休日の良いリフレッシュになりました。

 

───────────────────

・店名   国際文化会館 レストランSAKURA

・住所   東京都港区六本木5‐11‐16

      国際文化会館 地下1階

・電話   03-3470-4611

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

銀座 大阪焼肉・ホルモン ふたご 銀座店

猫なら歓迎します。

 

はい、それでは月曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

先週末の金曜日は金曜日だと言うのにオフィスを出たのは22時半。

まあこんな時刻から夕飯ってのは身体に良いはずがないのですが、かと言ってそのまま帰宅するのも精神衛生上よろしくない。

 

LifeTeria ブログ 大阪焼肉 ホルモン ふたご 銀座店

「さ、新規開拓いかがでしょ。お姉さん系のお店、お安くできます!」

「いや、これからメシなの。これから」

「じゃ、ゴハンのあとでお待ちしておりますので!」

なんて会話を交わしながら銀座の街を抜けて、訪問したのはこちら。

 

大阪焼肉・ホルモン ふたご 銀座店」。

 

LifeTeria ブログ 大阪焼肉 ホルモン ふたご 銀座店

店内は安普請ですが、明るくエネルギッシュな雰囲気でこれはこれで悪くありません。

 

LifeTeria ブログ 大阪焼肉 ホルモン ふたご 銀座店

さ、それではチャチャッと焼いてチャチャッと帰りましょう。

  • オイキムチ(480円)

 

LifeTeria ブログ 大阪焼肉 ホルモン ふたご 銀座店

本焼きものはまずはこちら。

  • 塩タン(680円)

大阪焼肉・ホルモン ふたご」のメニューには、このように少なめのボリュームでオーダできるものがありますので、ひとり焼肉には良いですね。

この「塩タン」はお値段を考えれば上々。でしょうか。

 

LifeTeria ブログ 大阪焼肉 ホルモン ふたご 銀座店
  • ロース    (680円)
  • 黒毛和牛カルビ(680円)

精肉系はけっこう甘めのもみダレで味濃くコッテリした味わい。

この濃さ、好き嫌いがわかれそうな味わいですが、お店のキャラクター的には合っていますよね。

 

ぼく的にはご飯が進む味なのですが、ご飯をお代わりしようとしたらもうご飯が売切れでした(笑)。残念。

 

───────────────────

・店名   大阪焼肉・ホルモン ふたご 銀座店

・住所   東京都中央区銀座7-3-13

      ニューギンザビル1号館 2階

・電話   03-3572-2501

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

お知らせ

土曜日・日曜日はブログの更新をお休みさせて頂きます。

 

 

 

LifeTeria ブログ


 

 

 

銀座 つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店

行きます。

 

はい、それでは今週もお疲れさまでした、金曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

昨日はちょいと仕事が長引いてしまってオフィスを出ると22時。冴えないですな。

さ、ストレス解消に肉でも食べに行きますかねー。と思ったところで無情にも大粒の雨。

 

…。冴えない日ってのはこんなものです。

仕方ないので近場で夕飯にしましょう。

この時刻からゴハンを食べられるところ…。

 

LifeTeria ブログ つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店

と言うことで、最近のぼくの深夜ゴハンの定番である「つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店」へ。

 

LifeTeria ブログ つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店

週末は行列ができる人気店ですが、木曜日の22時過ぎだと店内のお客さんは七分入りといったところでしょうか。

 

LifeTeria ブログ つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店

昨昨夜頂いたのはこちら。

  • 国産牛と松茸 しゃぶしゃぶのおうどん(1,980円)

厚くスライスした松茸が贅沢にあしらわれたメニュー写真に惹かれてついついオーダしてしまったのですが、実際は細かくスライスした松茸がかわいらしくトッピングされているのみ。

それでも芳しい香りが汁にも移り、松茸の風味を楽しめました。

 

しゃぶしゃぶはあっさりとした風味。

単体ではちょっと物足りない感もありますが、松茸の香りを邪魔しないためにはこれくらいで良いのかもしれません。

 

ちょっと優雅な気分に浸れる「つるとんたん」らしいうどんでした。

 

───────────────────

・店名   つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店

・住所   東京都中央区銀座5-2-1

      東急プラザ銀座 10階

・電話   03-6264-5326

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

・参考記事 2017年07月20日「銀座 つるとんたん UDON NOODLE Brasserie 東急プラザ銀座店

───────────────────

 

武蔵小杉 料理工房 萬福飯店

食欲が湧きません…(笑)。

 

はい、それでは木曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

友人が懇意にしていると言う中国料理店が武蔵小杉にあると聞いて、昨夜は友人に案内をお願いしてお店を訪問。

 

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

武蔵小杉駅の北口ロータリーから北に向かい、日本医科大学武蔵小杉病院脇を抜けると見えてくるのがこちら。

「料理工房 萬福飯店」。

この地で半世紀の永きに渡り地元のひとに愛されている老舗中国料理店です。

 

本格的な中国料理がお手頃な価格で楽しめると言うことで、毎晩地元のひとで賑わうと言う「料理工房 萬福飯店」、昨夜も予約なしでふらりと訪れたお客さんは満席で入店できないほどの人気っぷりでした。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

この日の料理は「マスターおまかせコース」(3,000円)を。

 

まずはピリッとした四川風の麻辣味が印象的なサラダ。

9月とは言えまだまだ蒸し暑い夜にぴったりの、食欲をそそる味わいですね。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

左は大海老のチリソース。

右は大海老の甘酢和え。

 

どちらもすばらしい大きさの海老を殻ごと香ばしく仕上げてあります。

優しい味わいの甘酢風味と、香味野菜が効いて本格的なテイストのチリソース、いずれも美味でした。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

北京ダック。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

こちらはファンが多いと言う「胡麻だれ四川水餃子」。

 

鮮やかな赤いスープの色に驚きますが、辛さは色合いから想像されるよりはマイルド。

このスープはくせになりそうな辛さ。肉がプリッと詰まった餃子自体も美味でした。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

黒酢の酢豚萬福風。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

こちらもファンが多いと言う「四川麻婆豆腐」。

花椒が香り本格的な辛さですが、その奥に甘さも感じる独特な風味です。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

こちらは追加で頂いた「牛スジのトロトロ煮込み」。

 

LifeTeria ブログ 料理工房 萬福飯店

そして「料理工房 萬福飯店」の名物「萬福ヤキソバ」。

焼きそばに玉子をからめて円形に仕上げられています。

 

焼きそばが香ばしく、満腹なのにまだまだイケちゃうのが不思議。

 

料理はいずれもセンス良く、安定感のある味わいとコストパフォーマンスに大満足。

地元のひとに愛されている理由がわかる良いお店でした。

 

銀座 みやざわ

オレは「1」ですね。

 

はい、それでは水曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

昨日は仕事がちょっと長引いてしまい、21時過ぎから夕飯。

夕飯にはちょっと中途半端な時刻。

 

こんな日は…。

そうだ。こんな日こそあそこに行こう。

 

LifeTeria ブログ みやざわ

向かったのは銀座八丁目、もう新橋に近い銀座のはずれ、うっかりすると前を素通りしてしまいそうな古めかしい喫茶店。

「みやざわ」。

 

LifeTeria ブログ みやざわ

店に入るとそこはザ・昭和の喫茶店。

正しくいにしえの喫茶店の姿です。

 

テーブルに着くやいなやジリリリリ…と言うけたたましい電話のベルの音。

黒電話の音なんて数十年ぶりに耳にしましたよ。

 

この黒電話がですね、ホント1分置きくらいに鳴るんです。

そのたびにスタッフが決して愛想が良いとは言えない口調で機械的に注文を捌いていきます。

 

「はい、はい。●●さんね。30分ほど待てますか?はい。玉子サンドね」

 

そうなんです、この「みやざわ」、ひっきりなしに近所の夜のお店から注文が入るのです。

注文のほとんどはサンドイッチ。

 

LifeTeria ブログ みやざわ

銀座の夜のお店なんてまったく縁がないぼくですが、この有名なサンドイッチだけは、いちど食べてみたかったのです。

  • ヒレカツサンド(950円)
  • サイドサラダ (300円)

定番は「たまごサンド」か、「たまごサンド」と「ツナサンド」のコンビネーションである「ミックスサンド」らしいのですが、揚げもの好きのぼくは迷わず「ヒレカツサンド」をチョイス。

 

オーダから10分足らずで「ヒレカツサンド」がテーブルに置かれました。

うーん。意外に小ぶりなんですね。ぼくだったらこれ3セットくらい余裕ですね。

 

お味のほうはですね、誤解を恐れずに言うと、いたってフツーの味。

ヒレかつは脂っ気がなくてさっぱり。ジューシー感はありません。

 

まあでも、このサンドイッチって、あくまでも「主役」ではないのですよね。

夜のお店で、キレイなお姉様と小粋な会話を楽しむための小道具として「みやざわ」のサンドイッチがあるわけで、変に凝りすぎず、フツーにウマい。この辺りの頃合いが絶妙ゆえ、永くお客さんや近隣のお店から愛されているのでしょう。

 

───────────────────

・店名   みやざわ

・住所   東京都中央区銀座8-5-25

      西銀座会館 1階

・電話   03-3571-0169

・備考   28時まで営業。

・オススメ ☆★★★★

      (1点:お好きな方はぜひ!)

───────────────────

 

銀座 京華小吃

それはまさにチャーハン。

 

はい、それでは火曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

土日の疲れがドッと出たのか、何をするのも大儀な月曜日。

社会人失格ですな(笑)。

会社にいても仕事はちっとも進まないので、こんな日はさっさと夕飯食べて帰宅しましょう。

 

LifeTeria ブログ 京華小吃 ジンホア 銀座

なんかピリッとしたものでも、と思い向かったのはこちら。

「京華小吃(ジンファシャオツゥ)」。

銀座の三原小路にあるシンガポール料理レストランです。

 

LifeTeria ブログ 京華小吃 ジンホア 銀座

前回訪問時はほぼ満席だったのですが、この日は19時前と言う時間帯だったのでお客さんの姿もまばら。

 

LifeTeria ブログ 京華小吃 ジンホア 銀座

本前回頂いて良かったのでまずはこちら。

  • 三鮮焼き餃子(5個)(450円)

豚肉、野菜、魚介を使った一口サイズの焼き餃子。

にんにくは使われていませんが、にらは多めでけっこう力強い味わい。

 

LifeTeria ブログ 京華小吃 ジンホア 銀座

ほんとうは冷やし担々麺がお目当てだったのですが、この時期はもうやっていないんだとか。

メニューには載っているんだけどね(笑)。

そんなわけでこちらを。

  • ホッケンミー風焼そば(1,200円)

麺はちょっと柔らかめ。

失敗した焼きそばと言った風情ですが(失礼)、ひと口頂くと、意外に悪くありません。

油は香ばしく、ちょっと下世話な感じの風味、嫌いじゃありません。

具材もたっぷりしていて良いですね。

 

お値段お手頃で使い勝手はまずまず、と言ったところでしょうか。

 

───────────────────

・店名   京華小吃

・住所   東京都中央区銀座5-9-6

・電話   050-5789-2345

・備考   特になし。

・オススメ ☆★★★★

      (1点:お好きな方はぜひ!)

・参考記事 2016年03月09日「銀座 京華小吃

───────────────────

 

渋谷 立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店

とりあえず??

 

はい、それでは週の始まり、月曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

先週末はちょっとした用事で渋谷へ。

用事を済ませると21時前。

この時刻からひとりで夕飯、となると、この界隈、どこに行ったら良いのか見当が付きません。

 

LifeTeria ブログ 立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店

そんなわけで駅周辺をフラフラ歩いて探検していてたまたま発見したのがこちら。

立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店」。

 

不勉強で知らなかったのですが、この「立喰い焼肉 治郎丸」、新宿に本店を置き、東京都内を中心にすでに10店舗を展開する人気焼肉チェーンなんですね。

 

LifeTeria ブログ 立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店

暖簾ごしに店内を覗くと満席。しかし立喰いゆえ回転は早いようで、10分足らずで案内して頂けました。

 

店内は厨房の周りにカウンター席があるのみ。

カウンター沿いに立つと、背後にはひとがやっとひとり歩けるくらいのスペースしか残されていません。

 

壁には本日用意されている肉の部位とその産地が鮨屋の種札のように札になって掛けられています。

焼肉は1枚からオーダできます。

精肉系のお値段はもっとも安い国産和牛A5ランクの「ブリスケ」が1枚150円、もっとも高い長崎和牛A4ランクの三角バラ、同じく長崎和牛A4ランクの「ヘッドバラ」が1枚300円。

 

LifeTeria ブログ 立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店

さ、それではさっそく焼肉を楽しみましょう。

  • 国産和牛A5 ブリスケ(150円/1枚)

和牛A5ランクなのでもう少し肉自体の旨味が欲しいですが、お値段は安めなので良しとしましょう。

 

LifeTeria ブログ 立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店
  • 仙台牛A5 ソトモモ(260円/1枚)

この日オーダしたなかではもっとも高い部位がこちら。
仙台牛のA5ランクとなっていたので、ちょっと期待。

しかし、肉質こそきめ細やかですが、味わいと言う面ではちょっと期待値に及ばず。

あっさりとした風味は悪くないのですが、もう少し肉自体の味の濃さが欲しいところです。

 

LifeTeria ブログ 立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店
  • 国産和牛A5 バラ山(190円/1枚)

で、実はあまり期待していなかった「バラ山」。

こう言う部位って下手すると脂っこいだけで味わいなんてなかったりしますからね。

 

しかし、良い意味で予想は裏切られ、この「バラ山」が、この日いちばん良かったのです。

確かに脂が乗りすぎているきらいはありますが、脂自体は香り良く美味。

 

LifeTeria ブログ 立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店

サシの強い部位のほうが良かったので、こちらを追加

  • 国産和牛A4 バラ板(180円/1枚)

「バラ板」も悪くないですね。

 

滞在時間20分、まずまず満腹になって2,000円台前半。

高価な部位をオーダするよりも、お値頃の部位をたくさん頼んだほうが満足感はあるかも。

 

立喰いゆえ落ち着いて食事を楽しむと言う雰囲気ではありませんが、腹が減ったときに気楽に焼肉を楽しめるのは良いですね。

ひとり焼肉がしたくなったらまた訪問してみたいと思います。

 

───────────────────

・店名   立喰い焼肉 治郎丸 渋谷道玄坂店

・住所   東京都渋谷区道玄坂2-6-7

      RISM渋谷 1階

・電話   050-5593-8456

・備考   月曜日〜土曜日は29時まで営業。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

お知らせ

土曜日・日曜日はブログの更新をお休みさせて頂きます。

 

 

 

LifeTeria ブログ


 

 

 

大崎 パンネビーノ 大崎ブライトコア店

牛丼!?

 

はい、それでは金曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は大崎でちょっとした所用を済ませたあと、大崎界隈で夕食を摂ることに。

 

LifeTeria ブログ パンネビーノ 大崎ブライトコア店

向かったのは大崎駅の東側、ここ数年で急速な再開発が進んでいる北品川エリア。

オフィスが増えたせいか、このあたりの飲食店、どこも賑わっていますね。

今夜はこちらにしましょうか。

再開発ビルのひとつである「大崎ブライトコア」の1階「パンネビーノ 大崎ブライトコア店」。

 

パンネビーノ」は焼鳥の「一番どり」や焼肉の「牛傳」などを運営する株式会社ジェーシー・コムサが洋食の「つばめグリル」とコラボして展開するカジュアルなイタリアン。

 

LifeTeria ブログ パンネビーノ 大崎ブライトコア店
  • 自家製スモークチキンと健康野菜‘ケール’のコブサラダ(890円)

ボリュームたっぷり。味も悪くありません。

 

LifeTeria ブログ パンネビーノ 大崎ブライトコア店
  • ピッツァ マリナーラDX(1,480円)

店内の造作もメニューの印象もカジュアルだったので、正直あまり期待していなかったのですが、このマリナーラ、なかなかよかったです。

 

ドイツの岩塩を使用し15時間以上低温熟成発酵させると言う生地は、軽めで気持ちの良い食感。

ふんだんにトッピングされたサラミの風味がトマトの酸味に良く合います。

 

LifeTeria ブログ
  • 自家製アイスバインとキャベツのガーリックオイルスパゲティ(1,180円)

ディチェコ製のスパゲティは適度なコシとハリがあり良いですね。

このパスタの場合、キャベツの甘さと塩味のバランスが「キモ」だと思うのですが、その点ではちょっと塩気が強すぎでしょうか。でも全体なテイストはまとまりがあって悪くありません。

 

カジュアルですがなかなか楽しめるイタリアンでした。

 

───────────────────

・店名   パンネビーノ 大崎ブライトコア店

・住所   東京都品川区北品川5-5-15

      大崎ブライトコア 1階

・電話   050-3469-8812

・備考   特になし。

・オススメ ☆★★★★

      (1点:お好きな方はぜひ!)

───────────────────

 

京橋 寿美吉

カワイイは正義。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

昨日はちょっと重ためのランチを食べてしまったので、夕飯は軽めに。
外はまたしても雨。

雨だととたんに遠出する気が失せるので、昨夜もオフィスの近場で夕食を済ますことに。

 

LifeTeria ブログ 寿美吉

「ダバ インディア」でカレーを食べるか。

それとも八重洲地下街の「エリック サウス」でビリヤニを食べて帰るか。

 

そんなことを考えつつ八重洲の仲通りをうろうろしていてたまたま目に入ったお店がこちら。

 

「寿美吉(すみよし)」なる蕎麦/うどん店です。

軽く麺類ってのも悪くないですね。入ってみましょう。

 

LifeTeria ブログ 寿美吉

店を入る前は蕎麦も悪くないな、と思っていたのですが、いざ席に着くとけっこうタバコ臭い。

蕎麦屋と言っても、夜は居酒屋のような使いかたをするお客さんが多いようです。

こんなにタバコ臭いのに蕎麦ってのもね。ってわけで、オーダしたのはこちら。

ついさっきまでカレーモードだったからってわけでもないのですが。

  • カレー南蛮うどん(950円)

蕎麦屋やうどん屋のカレー蕎麦、カレーうどんってのはちょっと甘めの汁が特徴的だったりするのですが、こちらのカレーうどんはとそれほど甘さを感じさせずキリッとした味わい。

 

でも目立つところはそれくらいで、あとは、ひとことで言うとまったくもってフツーのカレーうどん。

食べ進むにつれてちょっと勢いが続かないと言いますか、飽きがくるようなお味でございました。

 

吉祥寺 李朝園 吉祥寺店

潔くて良いね。

 

はい、それでは水曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

昨日は多摩地区でちょっとした仕事。

首尾よく仕事は17時前に完了しまして、早めの夕食を摂ることにしたのです。

最初に思いついたのは阿佐ヶ谷の超人気餃子店「餃子坊 豚八戒」。

しかし、スマートフォンでちょいと検索したところ、「餃子坊 豚八戒」は予約なしでは入店が難しいようで断念。

 

そうだ、久しぶりに吉祥寺の「李朝園」なんてどうだろう。

吉祥寺のいちばん人気がある焼肉レストランと言ったら「李朝園」。

行ってみましょう。

 

こちらも行列必至ですが、さすがにこの時刻ならすぐに入店できるでしょう。

 

LifeTeria ブログ 李朝園 吉祥寺店

古めかしい雑居ビルのエレベータを4階で降りると、まるまる1フロアを占有する「李朝園 吉祥寺店」の入口が見えてきます。

時刻は17時半。

狙いは過(あやま)たず、広いフロアにはまだお客さんの姿はまばら。

 

LifeTeria ブログ 李朝園 吉祥寺店

「李朝園」の第一印象は、いかにも昭和の焼肉店。と言ったところ。

ぼくがしばしば「李朝園」を訪れていたのはもうかれこれ10年ほど前だったでしょうか。

そのころから古めかしいインテリアでしたが、今あらためて見てもやはり古い(笑)。

 

でもこの雰囲気も味わいのうちです。

 

LifeTeria ブログ 李朝園 吉祥寺店

ちゃちゃっと焼肉をオーダしてさっそく焼肉スタートです。

  • ロース(900円)

肉質はそこそこ、と言いますか、900円と言うお値段を考えれば上々。

ロースらしい旨味もしっかりとあり、ちょっと濃い目のもみだれとあいまってご飯が進む味わい。

 

最近の焼肉レストラン、味付けあっさり、と言うタイプのお店が増えていますが、「李朝園」は昔っぽく味付けしっかりタイプ。

これはこれでぼくはけっこう好き。

焼肉のオールドスクールって感じですね。

 

LifeTeria ブログ 李朝園 吉祥寺店
  • ハラミ(980円)

「李朝園」に来たからにはこの「ハラミ」を食べたい、と言うひとが多いのではないでしょうか。

売切れ御免の人気メニューです。

 

LifeTeria ブログ 李朝園 吉祥寺店

このハラミ、ハラミらしい味わいと言う面ではそれほどでもないのですが、その代わりたっぷりと入ったサシのおかげで濃厚な脂の旨味が楽しめます。

コッテリ系が好きなひとにはオススメ。

 

LifeTeria ブログ 李朝園 吉祥寺店

そしてこちらは平日限定メニュー。

  • 和牛切り落し スライス肉(850円)

切り落しゆえ形こそ不揃いですが、サシがたっぷりと入った部位がかなりボリュームで、お値段驚きの850円。

ちょっと脂の重たさが気になりますが、このコストパフォーマンスはすばらしいですね。

 

これだけ大箱の店舗なのに、麦茶のポットが空になるとサッと新しいポットに替えてくれたり、あいかわらずテキパキとしたサービスも健在。

 

吉祥寺でこれだけ永きにわたり人気を誇るのも納得のコストパフォーマンスでした。

 

───────────────────

・店名   李朝園 吉祥寺店

・住所   東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-3

      コスモビル 4階

・電話   0422-22-2901

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

京橋 BEEF UP TOKYO

どう言うこと??

 

はい、それでは火曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

はい、それでは火曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ BEEF UP TOKYO charcoal grill & bar

仕事を終えて外に出ると傘をさすほどでもないけれど、ポツリポツリと雨粒が落ちてくるはっきりしない天気。

そんなわけで昨夜は遠出せずにオフィスの近場で夕食を摂ることに。

 

近場と言えば、ここ、気になっていたのです。

京橋の警察博物館のすぐそば、「BEEF UP TOKYO」なるレストラン。

 

LifeTeria ブログ

この場所には永らく「ステーキのくいしんぼ」と言うレストランがあったのですが、ことし2017年7月に「BEEF UP TOKYO」としてリニュアルオープン。

 

メニューを眺めますと和牛のステーキもなかなかリーズナブルな値付け。

黒毛和牛の赤身肉のステーキが150gで1,500円。

黒毛和牛の霜降り肉のステーキが150gで2,400円。

 

ちょっと心惹かれますが…。

 

LifeTeria ブログ BEEF UP TOKYO charcoal grill & bar

頂いたのはこちら。

  • ビーフアップダブルバーガー(1,600円)

パティは肩ロース肉、モモ肉などを独自のブレンドで挽いたビーフ100%のものを炭火で焼いた本格派。

バンズも定評のあるメゾン・カイザーのものを使用してぬかりありません。

 

具材はグリルした玉葱、トマトくらいでシンプルですし、味付けも塩胡椒でシンプルそのもの。

でも、このシンプルさが良いですね。

シンプルゆえ、牛肉の香ばしさ、肉本来の味わいを楽しむことができます。

 

ゴテゴテしたソースに頼らない、本格派の香りがするハンバーガー、なかなかの完成度でした。

 

次回はステーキも食べて見たいですね。

 

───────────────────

・店名   BEEF UP TOKYO

・住所   東京都中央区京橋3-6-18

      東京建物京橋ビル 地下1階

・電話   03-3535-2585

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

碑文谷 大黒屋

モヒートとは?

 

はい、それでは週の始まり、月曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

たまに目黒通りをクルマで通るのですが、その度に気にはなりつつも、時間がなかったり、営業時間が終わっていたりで、いつも通り過ぎていたお店がありまして。

 

LifeTeria ブログ 大黒屋

それがこちら。

「大黒屋」。

場所は永らく「ダイエー碑文谷店」として親しまれてきた「碑文谷ショッパーズプラザ」、現在は「イオンスタイル碑文谷」の向かいあたり。

 

LifeTeria ブログ 大黒屋

「大黒屋」は、もともとはお米屋さん。で、そのお米屋さんの三代目が始めたのが麦とろやウマい魚が食べられる定食屋さんなのです。

 

LifeTeria ブログ 大黒屋

この日頂いたのがこちら。

  • 麦とろ紅鮭定食(1,700円)
  • とん汁    (100円)

「大黒屋」の「麦とろ定食」は、この「麦とろ紅鮭定食」のほか、「麦とろめかじき定食」(2,000円)、「麦とろいわし煮定食」(2,300円)の3種類。

いずれも麦飯、味噌汁、香の物、小鉢におかずがひと品付いています。

 

ご飯はお替りできますので、と声をかけて頂きましたが、これ、一膳でもけっこうボリュームありますよ。

麦飯は白米と押し麦を3対2の割合で混ぜ、竹炭を入れて炊いているとか。

もともとがお米屋さんだけあって、その炊き加減も季節によって微調整するこだわりよう。

もちろんこの日のご飯も文句なし。

 

このウマい麦飯に合わせるのは、昆布出汁と鰹出汁で味を整えたとろろ。

この組合せ、ご飯がいくらでもイケちゃいます(笑)。

 

この定食、主役はご飯ととろろなのですが、紅鮭もご飯が進む良いお味。

これは良い定食だなあ。

 

お値段はちょっと高めですが、それだけの価値のある定食ですね。

 

───────────────────

・店名   大黒屋

・住所   東京都目黒区碑文谷5-7-2

・電話   03-3712-8226

・備考   水曜日が定休日です。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

お知らせ

土曜日・日曜日はブログの更新をお休みさせて頂きます。

 

 

 

LifeTeria ブログ


 

 

 

人形町 焼肉にくがとう(後編)

たぶんみんなツンデレ!

 

はい、それでは更新が遅くなりましたが、金曜日分のLifeTeriaブログの時間です。

 

昨日のブログに続き、人形町の人気焼肉レストラン「焼肉にくがとう」のコース、後半の料理をご紹介したいと思います。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

【焼肉(タレ編)】 

  • 赤身の王様 尾崎牛のザブトン 特製ダレを絡めて

「尾崎牛」の名前は肉好きであれば一度は耳にしたことがあるかもしれません。

生産者の尾崎宗春氏の名を冠した「尾崎牛」は月間わずか30頭ほどしか出荷されない幻の牛肉と呼ばれ、その生産牧場たる「尾崎牧場」には「レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ」の成澤由浩シェフ、「キュイジーヌ[S]ミッシェル・トロワグロ」のリオネル・ベガシェフなどスターシェフたちが訪問すると聞けば、食通のかたならその価値をおわかり頂けるかと思います。

 

サッと火を入れて香ばしい脂の香り放つザブトン、さっそく頂いてみましょう。

芳醇なサシの旨味が口いっぱいに広がりますが、その後味は実にさわやかで、脂の重さを感じません。

 

実にすばらしいザブトンでした。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店
  • 季節の野菜サラダ たっぷりと。

牛さんの大根がかわいいですね。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

尾崎牛のザブトンの余韻に浸る間も無く、たたみかけるようにすばらしい焼肉が登場。

  • 元祖イチボの一枚焼き すき焼き風

大きくスライスしたイチボはスタッフの手で手際よく焼き上げられて溶き卵のなかへ。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

こちらも安定の味わい。

甘辛のタレがイチボの濃厚な味わいによくマッチしています。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店
  • 本和牛A5赤身ロック

こちらも「焼肉にくがとう」の名物、赤身のロック肉。

まずは普通に焼いて赤身の旨味を堪能。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

次にテーブルに置かれたのこちら。

ご存知黒トリュフ。

こちらのトリュフは次の料理のリゾットに使われます。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店
  • 濃厚フォアグラリゾットにトリュフをぱらぱらとかけて

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

濃厚なリゾットにトリュフソースを振りかけ、その上に先ほどの「和牛A5赤身ロック」をのせて、さらに黒トリュフをたっぷりとスライス。

これはもう至福のリゾット。豪華すぎて思わず笑みがこぼれますね。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

肉料理の〆めを飾るのはこちら。

  • にくがとうのランプ

尾崎牛や「イチボの一枚焼き」などのスター食材のあとでは一見地味に映るかもしれませんが、このランプ、実に良いのです。

 

赤身の旨味を余すところなく味わえると言いますか、派手さはないのですが、滋味溢れる味わいは焼肉の〆めにふさわしいすばらしさ。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

【〆のご飯もの】

  • 自家製トマトソースの冷製カッペリーニ

さっぱりとしたカッペリーニですばらしいコースの仕上げ。もう腹いっぱいなのですが、このカッペリーニはするするっと入ってしまいますね。

 

ひさしぶりに訪問しましたが、あいかわらずのハイレベルな焼肉に大満足。

また近いうちに再訪したい、そう思える焼肉レストランです。

 

───────────────────

・店名   焼肉にくがとう

・住所   東京都東京都中央区日本橋堀留町1-6-7

・電話   03-3668-2910

・備考   予約は必須です。

・オススメ ☆☆☆☆☆

      (5点:大好きなお店!)

・参考記事 2015年10月05日「人形町 焼肉にくがとう

───────────────────

 

人形町 焼肉にくがとう(前編)

国産とはなにか?

 

はい、それでは木曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

水曜日はぼくが主宰する「にくの会」で人形町へ。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

この日の会場は久しぶりに大好きな焼肉レストラン「焼肉にくがとう」。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

焼肉にくがとう」は2014年5月にオープンした比較的新しい焼肉レストランですが、肉を愛するオーナーのこだわり全開のハイレベルの焼肉が話題となり、あっという間に人気店になってしまいました。

 

この日は隠れ家感のある2階のダイニングを貸切にして総勢18名で焼肉会のスタートです。

料理はおまかせのコースとなります。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

【冷菜】

  • 自家製キムチとナムルの盛り合わせ

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

【刺身】

  • 肉の刺身の盛り合わせ(ハチノス・上ミノ・ツラミ・ハツ)

この日はとにかく希少な長期肥育された純血但馬牛の内臓がたまたま入荷していて(肉にこだわる「焼肉にくがとう」でもこの牛が入ることはめったにないことなんだそうで)、さっそく刺身の盛り合わせのなかのハツとして味わうことができました。

 

長期肥育でストレスを掛けないように、また過度な脂質を与えないように肥育された純血但馬牛のハツの印象はとにかく鮮烈。

その風味は、肉を形容するにははなはだおかしいのですが、「さわやか」。

そして気持ちの良い歯ごたえ、ハツらしいテイストを濃厚に湛えながらもすっきりとした雑味ない味わい。

 

実にすばらしいハツでした。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

【握り】

  • 至福の握り カンボジア産粒生胡椒

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店

【焼肉(塩編)】

  • にくがとうの厳選厚切り上タン
  • 純血但馬牛の近江牛 超健康内臓肉のハツ
  • 純血但馬牛の近江牛 超健康内臓肉のハラミ

ここからはお待ちかねの焼きものがスタート

まずは上タン。

タンらしい風味があり旨味の強い上質なタンです。

 

そして先ほど刺身で頂いたハツ。

「焼肉にくがとう」のハツはいつも上等なのですが、この日のハツはさすが純血但馬牛のハツと唸らせられる味わい。

 

また同じく純血但馬牛のハラミ。

これはぼくの焼肉人生のなかでもベストと呼べるくらいのすばらしさ。ちょっとこう言うハラミは食べた記憶がないですね。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店
  • 純血但馬牛の近江牛 超健康内臓肉のレバー

艶やかに光るレバーの切口はなんとも美しいロゼ色。

この色からして健康で新鮮であることがわかりますね。

 

もちろんこのレバーも絶品。

レバーの旨味やコクだけを抽出して、えぐみなどレバー特有の雑味をフィルタリングしたようなスッキリとした味わい。

 

LifeTeria ブログ 焼肉にくがとう 本店
  • にくがとうの上ミノ キャビアをのせて

上ミノはサッと白くなる程度に炙って、キャビアと一緒に口中へ。

ミノとキャビア。

こんな組合せは初めて頂きましたが、贅沢な気分に浸れますね。

 

料理はこのあとまだまだ続きます。後半の料理はまた明日のブログにて。

 

西麻布 KAPPO R 西麻布店(後編)

試してみたい。

 

はい、それでは水曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

昨日のブログの続きで「ニシロク」エリアの割烹、ではない「KAPPO」たる「KAPPO R 西麻布店」の料理の紹介を。

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店
  • 極上佐賀牛サーロイン≪A5ランク≫

KAPPO R」には恵比寿、麻布十番、そしてここ西麻布と3つの店舗がありますが、料理についてはそれぞれの店舗で違いがあるようで、西麻布店は鉄板焼がウリ。なので、この日のメインは上等なA5ランクの佐賀牛のステーキでした。

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店
  • スープ茶漬け ~秘伝鶏スープ仕込み~

「茶漬け」と聞いていたのですが、想像よりずっと濃く重量感のある〆めのご飯でございました。

腹減っているときならきっともっとウマく感じられるハズなのですが、肉料理のあとではちょっとToo much感がありますね。

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店
  • わらび餅

料理は「割烹」のイメージからするとだいぶモダンでイメージと違いましたが、鱧、松茸、佐賀牛とウマい食材をたくさん頂けて満足でございます。
ごちそうさまでした!

 

西麻布 KAPPO R 西麻布店(前編)

「本家長門屋」と言う和菓子屋さんだそうです。
http://shop.nagatoya.net/?pid=115061246

 

はい、それでは火曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は仕事関連の会食で西麻布へ。

指定された場所は、六本木交差点から六本木通りを霞町方面へ歩き、六本木と西麻布の中間あたり…このあたりは最近は「ニシロク」エリアなんて呼ぶらしいですね…に位置する「ホテル&レジデンス六本木」の地下1階。

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店

KAPPO R 西麻布店」なる料理店でした。

 

KAPPO R」は恵比寿、麻布十番、そしてここ西麻布と3店舗を擁する水炊き、鉄板焼きレストラン。

 

「割烹」と名乗っていますが、メニューからも店構えからも「割烹」感はまったく感じられません。
そもそも「割烹」じゃなくて「KAPPO」ですけどね。

店内はカウンター席も個室もグッと照明が絞られてデート仕様です。

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店

それではさっそく料理のご紹介を。

  • 季節の食材を使った3品

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店
  • お造り  3種盛合せ

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店
  • 本日のサラダ

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店
  • 天麩羅の盛合せ

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店
  • 季節の香りの閉じ込めた鱧の包蒸し

 

LifeTeria ブログ KAPPO R(割烹R) 西麻布店

包みを開けると中身は鱧と松茸でした。

 

鱧は夏の食材。松茸は言わずと知れた秋の味覚ですね。

日本料理では旬の時期が異なる2種類の食材を使った料理を「出会いもの」と呼びますが、その代表的な組合せがこの「鱧と松茸」ですね。

 

思いがけずことし最初の松茸を頂くことができました。

 

後半の料理はまた明日のブログにて。

 

三田 ローヴン(Roven)

(Φ_Φ)

 

はい、それでは月曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は田町でちょっとした打合せを終えてから夕飯。

ベタベタしたよどんだ空気が肌にまとわりつくいやな暑さに遠出はあきらめて、田町駅から近いこちらへ。

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

田町駅の三田口を降りて第一京浜に沿って右手に歩き、すぐに裏手に回ると見えてくる「ローヴン(Roven)」。

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

ローヴン」は壁画の制作や不動産業を手掛ける「株式会社カブトス」が運営する小さなビストロ。

 

ビストロと言っても、メニューを眺めるとビストロっぽい料理はほとんどラインナップされていません。

メインディッシュは「ロールキャベツ」と「ハンバーグ」がウリと言う一風変わったビストロなのです。

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

 

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

この日もメインディッシュはハンバーグを頂くことにして、前菜3皿は2名でシェアと言う目論見です。

まずはこちら。

  • グラナーパダーノ・ミモレット・フェタ 3種のチーズと生ハムのシーザース M(1,050円)

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

温かい前菜のひと皿目はこちら。

  • アボカドとベーコンのオリーブオイルソテー(650円)

シンプルですがボリュームたっぷりお値段お手頃なところがうれしいですね。

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

前菜の最後はこちら。

  • 自家製オイルサーディンとラタトゥイユの香草パン粉焼き(900円)

サーディン特有の臭みはありますが、サーディン好きならむしろ好ましいと感じるくらいの風味でしょうか。

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

そしてお待ちかねのハンバーグ。

  • ハンバーグステーキ 200g デミグラスソース(1,400円)

 

LifeTeria ブログ Bistro Roven ビストロ ローブン

ハンバーグは大きさが150gと200gの2種類、ソースがデミグラスソース、トマトソース、ホワイトソースの3種類。

 

この日は200gをチョイスしましたが、200gだとけっこう重量感がありますね。

 

そしてこのハンバーグがですね、なかなかウマいのです。

肉の味わい、食感をしっかりと引き出す肉の挽き具合。

巷でよく見かけるふわふわ感、ジューシーさばかり重視したハンバーグでは味わえない肉の充実感がありますね。火入れもジャストな火加減で、肉の香ばしさ・風味も上々です。

 

うん、前回も良かったのですが、今回も満足。ここのハンバーグ、好きですね。

次回は違うソースも試してみたいと思います。

 

───────────────────

・店名   ローブン(Roven)

・住所   東京都港区芝4-13-11

・電話   03-3452-5110

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

・参考記事 2016年08月31日「三田 ローヴン(Roven)

───────────────────

 

お知らせ

土曜日・日曜日はブログの更新をお休みさせて頂きます。

 

 

 

LifeTeria ブログ


 

 

 

丸の内 鼎泰豊 東京駅八重洲口店

ひとに歴史ありですな。

 

はい、それでは更新が遅くなりましたが、金曜日分のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は東京駅近辺でちょっとした用事があり、夕飯もこのあたりで済ますことに。

 

夜になってもうだるような暑さと湿気にちょっとピリッとしたものを食べたくなり、鉄鋼ビルの地下1階の「サイアムセラドン」を覗いてみたのですが、残念ながら満席。

 

LifeTeria ブログ 鼎泰豊 東京駅八重洲口店

タイ料理はあきらめて訪問したのがこちら。

同じく鉄鋼ビルの地下1階「鼎泰豊 東京駅八重洲口店」。

 

「鼎泰豊」は1958年に台北で創業、今や日本を始めアメリカ、シンガポール、インドネシア、韓国など世界各国にレストランを展開している小籠包の名店。

 

この「東京駅八重洲口店」、東京駅から至近距離と言う便利さもあってか、なかなかの賑わい。ぼくが訪問したときには満席でしたが、10分ほど待って入店できました。

 

LifeTeria ブログ 鼎泰豊 東京駅八重洲口店

この日頂いたのは「季節のおすすめ ディナーセット」(2,300円)。

  • 前菜2種

   豆腐干と昆布の和え物

   蒸し鶏の葱ソース

 

LifeTeria ブログ 鼎泰豊 東京駅八重洲口店

セットにはもちろん小籠包も

  • 小籠包2種

   豚肉小籠包

   蟹ミソ入り小籠包

 

LifeTeria ブログ 鼎泰豊 東京駅八重洲口店

麺は「冷製トマト乾伴麺」と「冷製鶏スープ麺」の2種類からのチョイス

ぼくが選んだのはこちら。

   冷製鶏スープ麺

 

非常にあっさりとした鶏のスープ仕立ての麺。

繊細な細麺もスープにマッチしていて全体のまとまりは良いのですが、もう少し力感があると良いですね。

 

LifeTeria ブログ 鼎泰豊 東京駅八重洲口店
  • デザート

   ミニ杏仁豆腐

 

平日は23時までオープンしていますし、そして何より東京駅に隣接と言うロケーション。

なかなか使い勝手の良いレストランです。

 

───────────────────

・店名   鼎泰豊 東京駅八重洲口店

・住所   東京都千代田区丸の内1-8-2

      鉄鋼ビルディング 地下1階

・電話   03-6268−0099

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

・参考記事 2016年03月28日「丸の内 鼎泰豊 東京駅八重洲口店

───────────────────

 

神楽坂 サクレ フルール

たんすいかぶつ君♡

 

はい、それでは木曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

水曜日の夜はグルメな友人のお誘いで神楽坂へ。

 

LifeTeria ブログ Sacrée Fleur サクレフルール

友人が予約してくれたビストロがこちら。

サクレ フルール」。

 

LifeTeria ブログ Sacrée Fleur サクレフルール

神楽坂の「サクレ フルール」はパリ18区の「サクレ・クール寺院」のそばにある人気ビストロ「Sacrée Fleur(サクレ フルール)」の日本第1号店。

 

ことし2017年の4月にオープン以来、本場感ある料理とボリューム満点の肉料理でさっそく人気店となっているようです。

 

この日は「名物!トマホークコース」(4,500円・税込)を頂きました。

 

LifeTeria ブログ Sacrée Fleur サクレフルール

それではさっそく「名物!トマホークコース」の料理のご紹介を。。 

  • 国産豚の自家製ロースハムと牛生ハムの盛り合せ

 

LifeTeria ブログ Sacrée Fleur サクレフルール
  • 馬肉のクラシックタルタルステーキ

パリ本店と同じ味を再現していると言う馬肉のタルタルがこちら。

マスタードやコルニションと言った調味料と薬味、これらはすべてよく馬肉に混ぜて混ぜて頂きます。

 

そもそも馬肉はあまり好物ではないので、それほどテンションが上がらなかったのですが、頂いてみてびっくり。馬肉特有の癖も無く、なかなかの美味でした。

 

LifeTeria ブログ Sacrée Fleur サクレフルール
  • 大山鶏と浅利のヴァプール

大山鶏、浅蜊、野菜の味がそれぞれの個性を主張するひと皿。

素朴でパワフルな印象です。

 

LifeTeria ブログ Sacrée Fleur サクレフルール
  • 名物!『トマホーク』骨付きリブロース炭火焼

こちらが名物の「トマホーク」(手斧)の名を冠した約1kgのリブロース。

これがテーブルに運ばれてくるとやはり盛上がりますね。

 

テーブルにサーブされた段階ではかなりレアなので、お好みに応じてプレートの上で火入れの具合を調節。

シンプルに塩と胡椒で頂くのも良いのですが、ブルーチーズソース、ペッパーソース、オニオンソースの3種類のソースも付いていますので味を変えてもおもしろいですね。

 

この日は6名でテーブルを囲んだので、ボリューム的にはちょっと物足りないくらい。

赤身でさっぱりとしていますし、あっさりとイケちゃいます。

 

LifeTeria ブログ Sacrée Fleur サクレフルール

コースのデセールにはクレームブリュレが付いていたのですが、追加でオーダしたのがこちら。

  • タルトタタン(680円・税込)

テーブルが狭かったり、通路が狭かったり、全面喫煙可なので隣のテーブルに喫煙者がいるとちょっと臭いが気になったり、と、あまりゆったり寛げる雰囲気ではないのですが、コストパフォーマンス良く肉を食べる醍醐味を楽しむことができるのは良いですね。

 

神楽坂でガッツリと肉を食べたい、と言うときにオススメのビストロです。

  

大崎 光陽

!!

 

はい、それでは水曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

昨夜は大崎でちょっとした打合せ。

打合せのあとは、ほんとうはひさしぶりに武蔵小山の「くいしんぼう がぶ」で「がぶ丼」を食べようと考えていたのですが、あまりの蒸し暑さに予定を変更して、大崎駅近辺で夕食を済ますことにしたのです。

 

LifeTeria ブログ 焼肉 光陽

友人が案内してくれたのがこちら。

「光陽」なる焼肉レストランです。

 

近ごろは焼肉屋さんもスタイリッシュで雰囲気の良い店が増えていますが、こちらはいかにも昭和の焼肉レストランと言った感じの店構え。

扉を開けても外観のイメージそのままで今どき感はありませんが、店内はほぼ満席でなかなか賑わっていて活気があります。

 

LifeTeria ブログ 焼肉 光陽

それではさっそく料理の紹介を。

  • ハラミ(1,700円)

こちらは「光陽」のオススメであり、人気メニューの「ハラミ」。

この「ハラミ」、人気メニューだけあって肉質は上々。

 

「特選ハラミ」(2,200円)なるメニューもあるのですが、スタンダードなこちらの「ハラミ」でも十分ウマいです。

 

もみダレは濃いめで甘さも強いタイプ。しかし生姜など香味野菜の風味が効いていて切れ味もあります。

この濃いめのタレの具合も、昔ながらの焼肉店と言った印象ですが、ぼくはけっこう好き。

 

LifeTeria ブログ 焼肉 光陽

焼肉はもう1種類。

  • ロース(1,150円)

「ロース」もお値段を考えると肉質は悪くありません。

スタンダードなメニューがウマい焼肉店って好感が持てますね。

こちらも味付けは濃いめ。この味、ご飯が進みます(笑)。

 

LifeTeria ブログ 焼肉 光陽

〆めにこちらも。

  • ビビンバ(850円)

なんの変哲もないビビンバなのですが、こちらもご飯と具材のバランスが良くなかなか上等です。

 

いかにも昔ながらの焼肉レストランと言った風情で、今どき感はまったくありませんが、料理はいずれもアタリでした。

こう言う焼肉屋さん、けっこう好きです。

 

───────────────────

・店名   光陽

・住所   東京都品川区大崎3-6-7

      パークハイツ大崎 1階

・電話   03-3493-9272

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

───────────────────

 

銀座 鳥ぎん 本店

メンマちゃんは女の子だそうです。

 

はい、それでは火曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

本日もオフィス脱出に失敗し気がつくと20時。

この時刻になってもまだまだ蒸し暑いですし、近場でなにか食べて帰りましょう。

 

LifeTeria ブログ 鳥ぎん 本店

ひさしぶりに訪問したのがこちら。

鳥ぎん 本店」。

 

LifeTeria ブログ 鳥ぎん 本店

銀座のこの地にもう60年以上も営業を続けている焼鳥と釜飯のお店です。

支店がたくさんありますが、この銀座5丁目、並木通りから入った路地の地下にあるお店が本店。

 

LifeTeria ブログ 鳥ぎん 本店

鳥ぎん」に来たらまずはこれですね。

  • 焼とり盛合せ エンジョイコース(1,360円・税込)

焼鳥の味付けは塩とたれを選ぶことができますが、お店からのオススメは「たれ」。

基本的に焼鳥は塩派なのですが、ぼくも、「鳥ぎん」に限っては「たれ」がウマいと思うのです。

 

備長炭を使い、外はパリッと香ばしく、そしてなかはふんわりと柔らかに仕上げられた焼き加減。

いつ訪れても変わらないクオリティ、実に良いですね。

 

LifeTeria ブログ 鳥ぎん 本店

もちろん釜めしも。

  • 鳥釜めし(880円)

「釜めし」は五目、貝柱、鮭、海老などなどなどいろいろな種類があるのですが、たいてい選んでしまうのがこの「鳥釜めし」。

 

ちょっと蒸らしたあとで蓋を開けると、湯気とともにフワッと広がる食欲をそそる香り。

鳥肉とご飯をよく混ぜて頂けば、素朴でシンプルですが、鶏肉とご飯の旨味が一体となって実にこれが美味。

「おこげ」になった部分も、しゃもじでこそげ落として頂きましょう。香ばしくてウマいのです。

 

久しぶりに頂きましたが、しみじみウマい銀座の良心ですね。

 

───────────────────

・店名   鳥ぎん 本店

・住所   東京都中央区銀座5-5-7

      ニューギンザビル6号館 地下1階

・電話   03-3571-3333

・備考   21時閉店なのでお早めにどうぞ。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

銀座 ぴょんぴょん舎 GINZA UNA

オレより姿勢良い…。

 

はい、それでは月曜日のLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

夏休み明け出社初日。ってのは身体は重たい頭は動かないやる気は出ないで、まあぼく的には社会復帰へのリハビリの日だと思っているのですが、なぜかそんな日にもかかわらず8時から21時半までみっちり働かされてヘトヘト。

 

ランチも食べてないし、夕飯くらいはウマいもの食べてリラックスしたいものです。

しかし時刻はもうすぐ22時。なに食べますかね?

 

LifeTeria ブログ

そうだ…蒸し暑いし、「ぴょんぴょん舎」で冷麺なんで良いじゃないですか。

 

ぴょんぴょん舎」は盛岡が本店の盛岡冷麺と韓国料理のお店。

いまでこそポピュラーな「盛岡冷麺」という名称ですが、この「ぴょんぴょん舎」が最初に使い始めた名称なんだそうです。

 

LifeTeria ブログ ぴょんぴょん舎 GINZA UNA

そんなわけで、冷麺を頂こうと思い入った「ぴょんぴょん舎」でしたが…。

メニューを見ているうちにちょっと焼きたくなり…。

 

LifeTeria ブログ ぴょんぴょん舎 GINZA UNA

で、ひとり焼肉を開始(笑)。

  • 牛タン切り落とし(1,000円)

味わい自体は悪くありませんが、いかんせん細切れ過ぎですし、ちょっとポーションも少なめ。

 

LifeTeria ブログ ぴょんぴょん舎 GINZA UNA
  • スペシャルカルビ(1,200円)

こちらはおひとり様ひと皿限定のサービスメニュー。

A4ランクの黒毛和牛を使っていると言う「スペシャルカルビ」、サシはたっぷりと入っていますが、サシの甘さと赤身の味わいのバランスが良く、なかなかお得感があります。

 

なかなか悪くないひとり焼肉でございました。

 

───────────────────

・店名   ぴょんぴょん舎 GINZA UNA

・住所   東京都中央区銀座3-2-15

      ギンザ・グラッセ 11階

・電話   050-5799-4382

・備考   週末は予約したほうがベター。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

・参考記事 2016年01月06日「銀座 ぴょんぴょん舎 GINZA UNA

───────────────────

 

お知らせ

土曜日・日曜日はブログの更新をお休みさせて頂きます。

 

 

 

LifeTeria ブログ