随時更新!LifeTeriaブログ。

過去のブログはこちらからご覧下さい。

LifeTeriaの食べログはこちらから。


銀座 自家製麺 伊藤 銀座店

やってみるよ。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

先週の金曜日はちょっとした用事があったのと、少し風邪気味だったのとで早めの帰宅。

だいぶ陽が伸びてこの時間でも空はうっすらと明るさを帯びています。

風は冷たいけれど春が近づいているのを感じますね。

 

LifeTeria ブログ

そう言えばちょうど春節なのでした。

ひところに比べて観光客が減ったと言われる銀座ですが、それでもこの日は彼の国の観光客が観光バスで大挙して押し寄せておりました。

 

LifeTeria ブログ

さて、夕飯です。

前日にけっこう食べ過ぎてしまったので、この日はさっぱりとした麺でも頂いて帰ろうと考えていたのです。

 

そんなわけで訪れたのが銀座六丁目、GINZA SIXの裏手の雑居ビルの地下飲食店街にある「自家製麺 伊藤 銀座店」。

 

LifeTeria ブログ

自家製麺 伊藤」、ラーメン好きのかたならご存知かと思いますが赤羽に本店を置き、浅草、ここ銀座と店舗を展開している人気ラーメン店ですね

この時期(春節)ですし、ミシュランのビブグルマンに掲載されているらしいですし、観光客で行列していたらどうしよう、と思ったのですが、時間が早かったせいか店内は先客が2組ほど。

 

自家製麺 伊藤」の特徴はなんと言っても煮干しを使った魚介系のスープ。なので、店内に入るとけっこうな煮干しの香りです。

 

LifeTeria ブログ

この日いただいたのはこちら。

  • 肉そば 中(850円)

トッピングはチャーシュー4枚と葱だけと言うシンプルさ。

まずはスープをいただきましょう。

うーん。煮干し臭はけっこう強いです。少なくともぼく的にはちょっと魚臭さが口中に拡がり過ぎてしまってダメかな。個性は感じますけど。

 

ビブグルマンに掲載されていると言うことで海外のお客さんもけっこう来店するのではと思うのですが、海外のかた、この煮干し臭ってだいじょうぶなのでしょうか。余計なお世話ですが。

 

対して麺は「自家製麺」と謳うだけあって個性もあり美味でした。

ストレートの中細麺はコシも味わいも強く麺を食べる醍醐味があります。

 

煮干し好きなかたはぜひ。

ぼくはちょっと苦手かな(笑)。

 

谷中 谷中 鳥よし

暖かいの良いね。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

世間はバレンタインデーと言うこの日、向かったのは谷中。

東京に通算40年くらい住んでいると言うのに、そう言えば谷中を訪問するのは初めてなのでした。

 

写真の階段は「夕焼けだんだん」と言う愛称が付いていて、ここから眺める夕陽はなかなかに風情があるそうで。

 

さて。

バレンタインデーになにを食べるか。

 

ジャイアンはちゃんこ鍋。ですが、我々は鮟鱇鍋を食べにきたのです。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし

訪問したのはこちら。

谷中 鳥よし」。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし

谷中 鳥よし」は1953年創業、爾来半世紀以上にわたり谷中の路地裏に暖簾を掲げる老舗居酒屋。

冬の期間はとりわけ鮟鱇鍋を楽しみに来店する常連客で数ヶ月先まで予約が埋まってしまうと言う人気店なのです。

 

この日は鮟鱇鍋だけは予約しておき、その他のメニューは予約をしてくれた友人のオススメでチョイスしてみました。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし

まずはこちらから。 

  • かにサラダ(700円)

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし
  • ニラ玉とじ(400円)

この「ニラ玉とじ」がですね、実に良いのです。ニラ感たっぷりでとろとろ。

これご飯に掛けて食べたい(笑)。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし
  • やきとり(100円/本)

「やきとり」はぼくのリクエストだったのですが、これは普通、かな。

いや、でもいまどき100円って安いよね。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし
  • 自家製 薩摩揚げ(400円)

ふんわりとした生地の食感と、烏賊や牛蒡の食感の対比が楽しいですね。

これも美味。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし
  • ぶり大根(550円)

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし
  • 鳥から揚げ(650円)

唐揚げってね、こう言うヤツのことを言います。衣はシャキッと薄くてパリッとしていてね。

ボテっとした油っこい衣のヤツとはまったく違う食べものです。

ウマいなあ。

ウマいし、もうだいぶ満腹なんだけど、このあと…鮟鱇鍋なんだよね(笑)?

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし
  • あんこう鍋(2,500円/1人前)

そしてお待ちかねの鮟鱇です。こちらで3人前。

だいたい2名で1人前と言うのが目安らしいのですが、この日は総勢7名に対し3人前でもけっこうなボリュームでした。

 

さ、それでは鍋に鮟鱇の身、鮟鱇の肝、そして野菜を投入。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし

10分ほどグツグツ煮込んでできあがり。

味噌仕立ての汁をひと口すすれば、鮟鱇の身、肝の旨味が身体に染み渡るよう。

これぞ冬の味覚ですね。

 

LifeTeria ブログ 谷中 鳥よし

そして実は鮟鱇鍋は雑炊のほうが楽しみだったりします。

ウマいなあ、ウマいけど、もう満腹で食べられない…。

 

お会計はまあまあ飲んでひとり4,000円。これだけ食べて?

谷中の路地裏の人気居酒屋はなにを頂いてもウマくて、コストパフォーマンスも上々。

次回は次の冬かな?

再訪したいお店です。

 

中目黒 Na Camo guro(なかもぐろ)

バレンタインデーですね。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は友人のお誘いで中目黒で夕食を頂く会。

 

お目当の店はiPhoneの地図では駅の裏の東急ストアのすぐそばとなっていますが、見当たらずに東急ストアのあたりをうろうろ。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

お!ありました。

ビルの裏手の「鴨」と書かれた小さな行灯を発見。

この青い扉の奥が店へ続く階段になっています。

この隠れ家感、良いですね。

 

こちらは「Na Camo guro(なかもぐろ)」なる鴨料理店。

経営母体は「塚田農場」などを展開する株式会社エー・ピーカンパニー。

株式会社エー・ピーカンパニーは山形県最上郡に建設した鴨農場で生産する鴨を「最上鴨(もがみがも)」と名付け肥育しており、この「Na Camo guro」でも料理にその最上鴨を使っているそうです。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

料理は20時半までは4,500円のコースのみ。

それ以降はアラカルトでもオーダできるみたいですね。

 

まずはアミューズとしてこちらを。

  • なかもぐろマカロン

マカロンのなかは鴨のレバーを使ったムース、これにマカロンの色に合わせたフルーツを合わせています。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

こちらは前菜。 

  • 鴨出汁フランのキャビア添えと季節のフルーツ 鴨生ハム

鴨の生ハムには鴨らしい味わいが有りますね。

添えられた野菜はアイスプラント。食感が楽しいですね。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

このあとは串が3種類。

  • 鴨串焼き むね肉

むね肉は鴨らしい脂の旨味を湛えていて鴨を喰らう醍醐味を味わえるひと串。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ
  • 鴨串焼き もも肉

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ
  • 鴨串焼き つくね

砂肝なども加えたつくねは鴨らしい滋味をぎゅっと凝縮したひと串。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ
  • 舟形マッシュルーム生サラダ

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

このあとはいよいよメイン。

メインディッシュは「鴨すき」か「鴨しゃぶ」(+1,000円)の2種類からのチョイスとなります。

  • 鴨すき

鴨と具材はスタッフの手により鉄鍋でサッと火を通されます。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

そのまま頂いても良し、玉子と割り下で頂いても良し。です。

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

〆めの料理の前にもうひと皿。

  • 鴨酒肴 燻製ハツのコンフィ 鴨ベーコンのクロックムッシュ 本日のチーズ

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

〆めの料理は鴨を使ったカオマンガイ、「カモマンガイ」と鴨ラーメンの2種類

  • 鴨ラーメン

 

LifeTeria ブログ Na Camo guro なかもぐろ

デザートも2種類用意されています。

この日は「ホットチョコレート」と「抹茶のアイスクリーム」でした。

  • ホットチョコレート

料理はいずれも鴨の持ち味を活かしたものでなかなか楽しめました。

ボリューム的にも満足。

中目黒らしいオシャレ感もありますし、デートなどにも使い勝手が良さそうです。

桜の季節は早めに予約をしたほうが良さそうですね。

 

田町 アブラッチョ

イケメンすぎ!

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO

この日は昨年末に訪問して好印象だった田町のトラットリア「アブラッチョ」へ。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO

「アブラッチョ」は昨年の3月にオープンしたばかりの新しいトラットリアで、芝浦エリアを代表するイタリアンの名店「リストランテ ラ チャウ」の姉妹店なのです。

 

「リストランテ ラ チャウ」は北イタリアピエモンテ州の料理を堪能できるリストランテですが、「アブラッチョ」はメニューに特に郷土色を持たせず、イタリア全20州の今の時期の旬の郷土料理を楽しめる「一晩でイタリアを食べ歩くトラットリア」がコンセプト。

 

料理は基本的にアラカルトがメインで、コースは「イタリア散歩コース」の1種類のみ。

前回はこの「イタリア散歩コース」を頂いたのですが、こちら、前菜、パスタ、セコンド、ドルチェに食前酒、食後のドリンクがセットになって、4,500円と言うお値打ち価格で(しかもコペルトも消費税も込み)、コストパフォーマンスには大満足。

 

そんなわけでこの日も前回同様「イタリア散歩コース」を。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO

こちらは前菜の前のひと品。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO

まずは前菜。 

  • ブラータチーズと生ハムのサラダ

ブラータチーズは南イタリアのプーリア州原産のフレッシュチーズ。

シンプルですが生ハムの風味にクリーミーなブラータチーズの濃厚な旨味が加わり充実感のある前菜。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO
  • タリアテッレ ボロネーゼ

前回もとても良かったタリアテッレ。

このタリアテッレの歯ざわりが良いですね。

そしてどっしりとしたコクのあるボロネーゼソースもタリアテッレのウマさを引き立てます。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO

そしてこちらはコースに追加して頂いたひと皿。 

  • チーズをからめたニョッキ

コースのパスタも上等でしたが、追加のニョッキも美味。

こちらも食感が良いですね。ニョッキの弾力のここち良さ。

濃厚なチーズソースもニョッキに良くマッチしています。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO

前回はセコンドをコースのものではなく鹿に変えて頂いたのですが、この日はコースに標準のセコンドを頂いてみました。 

  • 鶏もも肉のカッチャトーレ

こちらはトスカーナ地方の漁師の料理。「カッチャトーレ」とはイタリア語で漁師の意だそうです。

中でも定番はチキンで作るカッチャトーレ。

素朴な味わいですね。

 

LifeTeria ブログ アブラッチョ ABBRACCIO

ドルチェはトスカーナ州、フィレンツェ発祥のひと品。

  • ズコット

相変わらずのコストパフォーマンスに満足。田町・芝浦エリアでリーズナブルにイタリアンが食べたい、と言うときにオススメできるトラットリアと思います。

 

───────────────────

・店名   アブラッチョ

・住所   東京都港区芝浦4-5-9

      THE HARBOUR SHIBAURA 1階

・電話   03-6453-9588

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

・参考記事 2017年12月15日「田町 アブラッチョ

───────────────────

 

神宮前 ビストロ ティロワ

ピザ??

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ

先週末はちょっとした残念会。
ウマいものでも食べに行こうと言うことで友人が良かったと言っていた「ビストロ ティロワ」へ。

 

住所は神宮前なのですが、外苑前駅からも、国立競技場駅からも、北参道駅からも、原宿駅からもだいたい500メートルくらい離れていると言うエリア。

外苑西通りのビクタースタジオのすぐそばと言えばだいたいの場所がおわかりいただけますでしょうか。

 

 

この日はちょうどオープン1周年のイベント期間中でして、コース料理の用意はなし。

そのかわり、オープン当初の人気メニューの復刻と言った趣向もあり、通常期間とはちょっとメニューが変わっていたようです。

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ

アミューズはシュー生地に豚肉のリエット。

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ

前菜はまずはこちらから。 

  • 産地直送鮮魚のタルタル わさび風味

鮮やかな彩りのタルタルをひと口頂くと山葵の香りがふわっと鼻腔に拡がり食欲を刺激します。

ディナーのスタートにはうってつけの前菜ですね。

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ
  • サラダ・シェーブル・ショー 

こちらは山羊のチーズ、シェーブルチーズを使ったサラダ。

シェーブルチーズはちょっと癖があるチーズというのが定説ですが、この日頂いたものはさほど癖もなく、濃厚な旨味が楽しめるものでした。

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ
  • 真牡蠣とベーコン、ホウレン草のキッシュ

滋味をたっぷりと湛えた旬の真牡蠣とほうれん草、鉄板の組合せですが、このような素朴な料理には奇を衒わず鉄板の組合せも良いものです。

素朴なひと品ですが、キッシュの生地の「ジャスト」な食感にセンスを感じます。

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ
  • モンサンミッシェル風ふわふわオムレツ セップ茸のソース

ふわふわの食感と香りの良いソースのコンビネーションが楽しいひと品。

本場でもこのようなセップ茸を使ったソースを使うようですね。

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ

そしてお待ちかねのメインディッシュがこちら。

  • オーストラリア産仔羊背肉のロースト 瞬間燻製

皿にサーブされる前に、ココットごとテーブルに運んできてくれて、そのココットの蓋を取って香りを楽しませてくれます。

この仔羊、たいへん良かったです。

 

美しいロゼ色に仕上げられた背肉はジューシーな食感を保ちジャストな火入れ。

羊らしい旨味を保ちつつも、癖らしい癖を感じさせない洗練された仕上げにシェフの肉の扱いの上手さを感じました。

 

 

LifeTeria ブログ bistro Tiroir ビストロ ティロワ

デセールはこちらを。

  • チョコバナナとキャラメルクリームのミルフィーユ バナナアイス添え

チョコレートとバナナ。これまたよく見かける取合せですが、このシェフの手にかかるととても上品で格調高いでセールに昇華します。

上等なデセールで満足なディナーは完結。

 

ほどほどに呑んで、どっしりと満腹になるくらいに料理を頂いてひとり8,000円ほど。

コストパフォーマンスも上々と言えるのではないでしょうか。

 

「ビストロ ティロワ」の川島大輔シェフは「レストラン モナリザ」、「レストラン ヒロミチ」で修行した経歴を持つ実力派。

この日頂いた料理はいずれも料理の精度、と言いますか、均整の取れた端正な味わいが印象的で、その実力の一端を垣間見ることができました。

 

また近いうちに再訪したいと思えるステキなビストロです。

 

───────────────────

・店名   ビストロ ティロワ

・住所   東京都渋谷区神宮前2-13-1

      渋谷区神宮前二丁目ビル 1階

・電話   050-5594-2146

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆☆★★

      (3点:けっこうオススメ!)

───────────────────

 

品川 USHIHACHI(牛8) 品川港南口店

暖かそうだね。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は「にくの会」で品川駅港南口へ。

 

LifeTeria ブログ

向かったのは昨年11月に品川駅港南口にオープンした飲食ビル「KIDS002ビル」の7階、「USHIHACHI(牛8) 品川港南口店」。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8

USHIHACHI(牛8)」は「コスパ日本一の焼肉専門店」を標榜する人気焼肉店。 

錦糸町、新宿、木場、渋谷、上野などに店舗を展開しています。

この「品川港南口店」には昨年末のランチタイムにお邪魔し、好印象だったので今回の再訪となりました。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8

本この日は12名と言う大人数だったので全員「牛8コース」を。

120分飲み放題付き、黒毛和牛の焼肉が楽しめて5,000円と言うお得なコースです。

  • ナムルとキムチの3種盛り

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8
  • チョレギサラダ

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8
  • 低温熟成料理 レアよりレアな特選和牛のユッケ仕立て

これはよいですね。

肉の旨味がしっかりしています。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8

焼きものはこちらから

  • 厚切り牛タン

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8

この通りしっかりした厚みがあり、タン自体の味わいも良好です。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8
  • 厳選黒毛和牛3種

この日の部位は三角バラ、サーロイン、シンシン。

いずれも味わいは良好でしたが、個人的な好みで言えばたっぷりサシの入った三角バラなどよりも、シンシンのほうが肉の味わいを楽しめると言う面では好きかな。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8
  • ユッケジャンスープ

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8
  • 厳選黒毛和牛2種

こちらはウワミスジとトウガラシ。

両方とも赤身とサシのバランス良く美味でした。

 

LifeTeria ブログ USHIHACHI 品川港南口店 ウシハチ 牛8
  • 冷麺

冷麺もね、冷麺もね、いや、ウマいんですよ。ウマいんですけどね、この日は半世紀ぶりの大寒波襲来の日でございましてね、ちょっと冷麺ってのはね。あまりそういう気分ではありませんでした。

 

料理は5,000円と言うお値段を考えればなかなかに上等でしたが、残念だったのが店内の空調。

 

この日はちょうど大寒波襲来の日だったので、もう店内が凍えるほどの寒さ。

最後はコート着て食べてましたからね。

風邪引きました(笑)。

 

───────────────────

・店名   USHIHACHI(牛8) 品川港南口店

・住所   東京都港区港南2-5-15

      KIDS002 7・8階

・電話   050-5594-5819

・備考   特になし。

・オススメ ☆☆★★★

      (2点:ちょっとオススメ!)

・参考記事 2017年12月29日「品川 USHIHACHI(牛8) 品川港南口店

───────────────────

 

品川 うな泉

申し訳ないがなんど見ても笑える。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

先週末はあまり体調がすぐれなかったこともあって、ほとんど外出せず。

 

LifeTeria ブログ うな泉

ランチくらいはちょっとウマいものを食べようと家の近所の北品川商店街へ。

 

この北品川商店街は、その昔は旧東海道の品川宿(しながわしゅく)があったところ。

そんなわけでなかなか風情のある街並みの商店街なのですが、そんな商店街のなかで見つけたのがこちら。

「うな泉」。なかなか味わいのある店構えです。

 

北品川商店街にもかつては鰻屋が4〜5軒はあったと言いますが、近年の鰻の高騰などもありこの「うな泉」以外は閉店してしまったんだとか。

 

「うな泉」の鰻重に使われる鰻は通常のものと、「坂東太郎」なる利根川の鰻の風味を再現した養殖鰻の2種類。通常の鰻を使った鰻重は「松」が2,100円、「特」が3,000円、「W」が4,000円(いずれも税込価格)。

「松」の2,100円って安いですよね。

うん、これにしてみましょう。

 

ウマそうな香りを楽しみながら、ご主人が鰻を炭火で焼き上げるのをしばし待ちましょう。

 

LifeTeria ブログ うな泉

そしてカウンターに置かれたのがこちらの鰻重。

  • うな重(松)(2,100円・税込)

ちょっと鰻のサイズがですね、かわいらしいのですが、いや、このお値段ですからね、健闘している方ではないでしょうか。

サイズもですが、身の厚みもありませんので、ちょっとボリューム感はないのですが、香ばしく焼き上げられた皮目のウマさ、タレの過不足ない味わいにご主人の腕の確かさが伺えました。

 

LifeTeria ブログ 龍月堂

鰻重は頂いたものの、ちょっとボリューム的に物足りなかったので、新馬場まで歩いて品川神社参道にある「龍月堂」へ。

 

ここはかつては和菓子屋だったのですが、現在はベーカリーとして生まれ変わり地元民に大人気。

 

LifeTeria ブログ

 

 

LifeTeria ブログ

オヤツ用なのであんぱんとチョコレートを使ったパンを購入。

どうやら食パンが大人気らしいのですが、この日はすべて予約済みで売切れなのでした。残念。

近いうちに食パンも試してみたいと思います。