随時更新!LifeTeriaブログ。

過去のブログはこちらからご覧下さい。

 

LifeTeriaの食べログはこちらから。


Yahoo! JAPAN

  • LifeTeria内を検索
  • ウェブ全体を検索

 

五反田 TANTO TANTO 五反田店

この日は大崎で打合せを済ませたあと、目黒川を散歩しながら五反田へ。

 

LifeTeria ブログ

訪問したのはこちら。

 

LifeTeria ブログ

TANTO TANTO 五反田店」。

 

TANTO TANTO」は日本全国に幅広いジャンルの飲食店を擁する株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(ショップリストを見ますと「AWkitchen」、「磯丸水産」、「海南鶏飯食堂」などなど非常に手広く多種多様な飲食店を経営していることがわかります)が展開するカジュアルなイタリアンですが、三井ガーデンホテル五反田の1階に位置するエントランスはなかなかゴージャスで趣があります。

 

LifeTeria ブログ

この日は新型コロナウィルス対策ということで密を避け風通しの良いテラスでの夕食。

ようやくテラスが気持ち良い季節になりました。

 

LifeTeria ブログ
  • 前菜5種盛り合わせ(990円)

フリッタータ、プロシュートとメロン、カポナータなど定番の前菜を少しずつ盛合せに。

味わいはいずれも過不足なく990円の前菜とは思えないクオリティ。

ポーションは控えめですが、この日はセコンドが楽しみだったのでこれくらいでOKなのです。

 

LifeTeria ブログ
  • 松茸といたや貝柱ガーリックオイル リングイネ(2,000円)

松茸を使った秋らしいパスタ。

もちろん彼の地には松茸などありませんので、トーキョーイタリアン的なひと皿ではあるのですが、テイストはオーセンティックなイタリアンから外れたものではなく、そのあたりのバランス感覚は好印象です。

 

LifeTeria ブログ

そしてこの日のお目当が「TANTO TANTO」名物のこちら。

  • フィレンツェ風Tボーンステーキ 800g(6,500円)

いわゆる「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」。

Tボーンごとサーロインとフィレを焼き上げる豪快なフィレンツェの郷土料理です。

 

Tボーンも含めての重量ではありますが、800g。なかなかの重量感です。

これくらいのボリュームになるとビジュアル的にも大迫力ですね。

 

これ、ぼくの持論なのですが、ステーキやビステッカはある程度の厚みがあってこそ、こんがりと香ばしい外面からジューシーな芯の部位に至る「焼き」のグラデーションが楽しめると思うのです。

 

LifeTeria ブログ

こちらサーロイン。上の写真だと骨の上側にあたる部位ですね。

ご覧の通り外側はこんがりと、芯はほどよくレア感を残した火入れ。

肉の香ばしさ、赤身の旨味ともにこのお値段を考えると上々。

 

この日は2名での訪問でひとり400g担当となかなかヘヴィーな夕食でしたが、余計な脂が少なかったので無事完食。食べ応えありますので、3名くらいでシェアする感じでちょうど良いかな。

 

本格的な「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」をリーズナブルなお値段で楽しめる『TANTO TANTO」、ガッツリと肉を頂きたいときにオススメです。

 

───────────────────

・店名   TANTO TANTO 五反田店

・住所   東京都品川区東五反田2-2-6

      三井ガーデンホテル五反田 1階

・電話   03-5447-8118

・備考   特になし。

───────────────────

 

品川 シンガポール・シーフード・リパブリック 品川

この日はせっかくの休日だと言うのに雨が降ったり止んだりで遠出をする気にもなれず、近場でランチを済ませることに。

 

LifeTeria ブログ

鬱陶しい天気を忘れさせてくれるような、なにかパンチの効いたものを食べたいと思い、向かったのは品川駅の高輪口。

 

お目当はこちら。

駅を出て目の前に見える「SHINAGAWA GOOS」…ぼくたちの世代にとっては「ホテルパシフィック東京」と言う昔の名前のほうが馴染みがありますね…の前庭に建つコロニアル様式のエキゾチックな風情のある洋館。

 

LifeTeria ブログ
LifeTeria ブログ

シンガポール・シーフード・リパブリック」はシンガポールの「パームビーチシーフードレストラン」、「トンロック レストラン」、「シーフードインターナショナルマーケット&レストラン」、「ジャンボ シーフードレストラン」と言う4つの人気レストランが集結して日本国内に展開する「シンガポール政府公認」のシンガポール料理を楽しめるレストラン。

 

「シンガポール政府公認」だけあって、本場の料理に詳しいかたに訊いても、けっこう現地の料理の雰囲気を再現していると言っておりました。

 

LifeTeria ブログ

テーブルにはメニューブックは置かれておらず、おのおのQRコードを読み取って自分のスマートフォンでメニューを読むスタイル。

 

今どきですねえ。

しかしQRコードのリンク先は単にメニューブックをPDFドキュメントにしたものなので、スマートフォンで読むのはちょっと面倒(笑)。

このあたりは要改善と言うか、過渡期ならではの問題点と言った感じですね。

 

LifeTeria ブログ

前にランチで頂いた「肉骨茶(バクテー)」がウマかったと言う記憶があったので、メニューから探したのですが、現在はラインナップされていない模様。

 

そこで本日は趣向を変えてシーフードで。まあそもそもシーフードレストランですしね。

 

  • スチームプラウン(1,500円・税込)

 

蒸しあげられたごろっと立派な大きさのブラックタイガーをフライドガーリックのソースで頂きます。

海老はプリプリした身に旨味と甘味がぎゅっと凝縮されていてなかなかの美味。

そしてパンチの効いたフライドガーリックソース。

ちょっと濃いめの味わいですが、このソースも食欲をそそるテイスト。

 

LifeTeria ブログ

「スチームプラウン」のお供にはスタッフのオススメでこちらも。

  • 揚げパン(4個)(600円)

フライドガーリックのソースがちょっとオイリーなので、個人的には揚げパンより蒸しパンかジャスミンライスの方がマッチングが良いような気がしましたが、揚げパン自体はウマいです。

 

味わいは上等ですが、ボリューム感はこれだけだとちょっと不足気味。

もうひと品くらい麺類などを頂くくらいでちょうど良いかも。

ランチに関しては前に比べてちょっとコストパフォーマンスが落ちた感じです。

 

───────────────────

・店名   シンガポール・シーフード・リパブリック 品川

・住所   東京都港区高輪3-13-3

      シナガワグース前庭

・電話   03-5449-8080

・備考   特になし。

・参考記事 2016年01月11日「品川 シンガポール・シーフード・リパブリック 品川

───────────────────

 

五反田 7025 フランクリン・アベニュー

この日は大崎で用事を済ませた後で、目黒川沿いを散歩しながら五反田へ。

歩いていると意外に蒸し暑かったりしますが、そこここから虫の声が聞こえてきて秋の気配を感じます。

 

LifeTeria ブログ

向かったのは五反田駅からソニー通りを進み、城南五山(池田山、御殿山、島津山、花房山、八つ山)のうちのひとつ、島津山と呼ばれるエリアのなかにひっそりと佇むこちら。

 

LifeTeria ブログ

「7025 フランクリン・アベニュー」。

もともとは住宅だったと言う一軒家をレストランに仕立てたと言う建物は島津山の通りに溶け込みつつも、オーナが修行したと言うアメリカ西海岸の風を感じさせるステキな佇まい。

窓からこぼれる暖かな灯りも雰囲気があります。

お隣さんはこちらも名店の誉れ高い「ヌキテパ」ですね。

 

LifeTeria ブログ

階段を上がりダイニングへ。

このダイニングの雰囲気も実に良いのです。

裏庭に面したテラスもありますのでランチタイムにはそちらも良さそうですね。

 

LifeTeria ブログ

ドリンクはこちらを。

  • ミルクシェーキ(バニラ)(900円)

いや、正直、ひとりだったらまずオーダしませんね。だって高いもん(笑)。

しかし「7025 フランクリン・アベニュー」の常連である友人がぜひ、とオススメするので飲んでみました。

ミルクシェーキなんて飲むの、なん年振りって言うか、下手したら十なん年ぶり?って感じです。

 

このミルクシェーキ、確かにウマいことはウマい。

濃厚でいて、それでいて必要以上に重すぎない。

グラスが大きいので、こんなに飲めるかな?と思ったのですが、いえいえ、軽く完飲。ただしカロリーは知りません(笑)。

 

LifeTeria ブログ

そしてこの夜のハンバーガー。

  • アボカドバーガー(Large 149g)(1,430円)

ハンバーガー類のポーションはパディのサイズで3種類から選ぶことができます。

 

   Medium

   Large

   Ex.

 

112g

149g

225g

(1/4 pound)

(1/3 pound)

(Half pound)

 


ちなみにアボカドバーガーでHalf poundの「Ex.」にするとお値段は1,980円。こんどミルクシェーキは自粛して「Ex.」にしてみよう(笑)。

 

実は「7025 フランクリン・アベニュー」でハンバーガーを頂くのは2回目。

最初に訪問したのはいまから9年前、2011年。

そのころはちょうど「グルメバーガー」なんて言葉がはやりだした時代で、ぼくもあちこちの新興ハンバーガーショップに行ってはハンバーガーにかぶりついていました。

その当時の記憶を紐解くと、「7025 フランクリン・アベニュー」のハンバーガーの印象は、誤解を恐れずに書くならば、割と「普通」だったのです。

 

いや、もちろん当時から「7025 フランクリン・アベニュー」のハンバーガーは上等でウマかったのですが、その頃の新興グルメバーガーたちは、こぞってパティは●●の牛肉を使用、とか、バンズは〇〇に依頼した特注品、とか、声高に彼らの独自のこだわりを謳っていて、そのなかで「7025 フランクリン・アベニュー」はアンダーステートメントと言いますか、素材や製法をことさらに主張することなく、清々しいくらいの素っ気なさだったのです。

ちょっと言い訳っぽくなってしまいますが、そんなわけで、当時は華やかな新興組のグルメバーガーに目を奪われがちで「7025 フランクリン・アベニュー」のハンバーガーがあまり印象に残らなかったのかもしれません。

 

しかし、この夜、ほんとうにひさしぶりに頂いた「7025 フランクリン・アベニュー」のハンバーガーは、実に、しみじみウマいハンバーガーでした。

 

テーブルに運ばれたハンバーガーから立ち上る、えも言われぬ香ばしい肉の香り。

そしてフレッシュ感のあるレタスやオニオン、具材を包み込むバンズのしっとり感とふんわり感のバランス。

いずれの要素も高水準です。

 

吟味された素材を使って丁寧に作られたハンバーガーはここまで上等な料理になると言う良いお手本ですね。

おとなが食べて満足できる、本物のハンバーガーが食べたくなったら「7025 フランクリン・アベニュー」、オススメです。 

 

───────────────────

・店名   7025 フランクリン・アベニュー

・住所   東京都品川区東五反田3-15-18

・電話   03-3441-5028

・備考   特になし。

───────────────────

 

銀座 巧匠 (チャオジャン) 銀座店

この日は仕事帰りに銀座で夕飯。

 

LifeTeria ブログ

特にあてもなくふらふらと銀座の街を歩いていたのですが、あまりの蒸し暑さにたまたま目についたこちらのレストランに避難することに。

 

LifeTeria ブログ

巧匠(チャオジャン) 銀座店」。

場所は歌舞伎座裏手、昔は木挽町と言われたエリアの一角。

 

まだまだひと通りが寂しい銀座界隈、扉を開けたら誰もいなかった、なんて感じだったらどうしよう(実際5月6月なんてそんな感じの飲食店、多かったですからね)…と思いつつ入店したのですが、店内はなかなかの賑わい。

 

まあ賑わっているのはめでたい限りなのですが、ちょっと気になったのは今どきありえないくらいの紫煙。

オリンピックは延期になってしまいましたが、受動喫煙防止条例だけは予定通りちゃんと施行してほしいものです。

 

LifeTeria ブログ

東京にも「台湾料理店」を名乗る店が多少はありますが、ぼくの経験ではそのほとんどが「なんちゃって」台湾料理店。

メニューを隅から隅まで読んでも、台湾料理ってどこに書いてあるの?ってな感じだったりすることが多いんですよね。

で、こちらの「巧匠」。

メニューを眺めると堂々と「担担麺」とか書いてあってちょっと笑ってしまうのですが、それなりに台湾料理もラインナップされています。

  • 大根餅XO醬風味(280円)

それにしても、280円って安くないですか?昭和通りの向こう側、とは言え、いちおう銀座アドレスでこの値段ってびっくり。

味わいはナチュラルで悪くないです。

 

LifeTeria ブログ
  • エビ蒸しチョンファン(360円)

「チョンファン(腸粉)」は米粉から作られる滑らかな皮で肉類や魚介類を具材として包んだ点心。

広東発祥の料理ですが台湾でも良く見かけますね。

この「エビ蒸しチョンファン」、ボリュームの割にこれも安い。360円。

しかし、味わいは大味と言うかなんと言うか、あまり味わったことのない不思議なテイスト。

それに皮がぼってりと分厚くて、本場の印象とはかけ離れたひと品。

大根餅が良かっただけに残念。

 

LifeTeria ブログ

麺類はこちらをチョイス。

  • 焼ビーフン(880円)

台湾ではどちらかと言うと「焼き」より「汁」のビーフンがポピュラーなのですが、日本の台湾料理店ではだいたい焼きビーフンですね。

こちらのビーフン、味わいがだいぶジャンキー。

ニラの香りも強いですし、まあ良く言えばパワフル、悪く言うとちょっと品が無い、と言うか。

本場のビーフンのように、油の香ばしさで食べさせると言った趣はありません。

 

ひと口ふた口頂く分にはこれはこれでアリかな?と思えないこともないのですが、食べ進むとやはりこの味わいがしつこく感じられてきてしまいますね。

 

銀座としてはかなりお安めの価格帯、本格的な台湾料理を期待すると肩透かしを喰らいますが、中華居酒屋と思って利用すれば悪くないかも。です。

 

───────────────────

・店名   巧匠 銀座店

・住所   東京都中央区銀座3-14-10

      第一恒産ビル 地下1階

・電話   03-3546-2777

・備考   特になし。

───────────────────

 

日本橋 鉄板焼 東洋

この日は日本橋でちょっとした用事を済ませた後で夕飯。

 

LifeTeria ブログ

「伊勢定」で鰻なんてのも良いね。

良いけど、最近は鰻も高いからねえ。と言うわけで鰻の香りにちょっと未練を覚えつつ訪問したのがこちら。

 

LifeTeria ブログ

鉄板焼 東洋」。

鉄板焼 東洋」はこの界隈でレストランやカフェを展開する日本橋東洋グループが母体となる鉄板焼レストラン。

 

LifeTeria ブログ

間もなく創業90年を迎えると言う老舗かつ鉄板焼レストランで夕飯。となると気になるのはお値段ですが「鉄板焼 東洋」では気軽に楽しめる「サービスディナーセット」なるお値打ちのメニューがあるのです。

 

本日頂いたのがこちら。

  • 和牛ハンバーグセット(2,300円)

 

LifeTeria ブログ

まずはセットのサラダ。

たっぷりのボリュームとリッチな味わいのドレッシングが良いですね。

 

LifeTeria ブログ

そしてシェフが鉄板で焼き上げてくれるハンバーグと野菜。

ご飯と味噌汁と香の物がセットになっていて、ご飯は+300円でガーリックライスに変更することもできます。

 

鉄板焼 東洋」で使用する牛肉は阿波黒毛和牛、宮崎牛、尾崎牛の3種類ですが、このハンバーグに使われているのは徳島産の阿波黒毛和牛。

しっかりと肉の食感を残した牛挽肉を丁寧に焼き上げているので、まず肉の味わいが違います。和牛をハンバーグにして頂く場合ややもすると脂の重さが気になることが多いのですが、こちらのハンバーグは脂の風味を主張し過ぎることもなくほどよいバランスでした。

 

そして忘れてはいけないのが野菜のウマさ。

鉄板焼屋さんの野菜ってウマいんですよね。普通のもやしのはずなんですが(笑)。不思議です。

 

気軽に鉄板焼レストランのエッセンスを楽しめて2,300円、これお値打ち価格だと思います。

 

───────────────────

・店名   鉄板焼 東洋

・住所   東京都中央区日本橋室町1-5-2

      東洋ビル 1階

・電話   03-3241-0003

・参考記事 2017年05月31日「日本橋 鉄板焼 東洋

───────────────────

 

新橋 近江牛肉店 本店

ようやく梅雨が明けたので気持ち良い夜風に吹かれながら新橋へ。

 

LifeTeria ブログ

新橋もやはりひと通りが少ないですね。

19時過ぎの新橋、ネオンだけは煌々と輝いているのですが、ネオンに引き寄せられるサラリーマンの姿は見えず。です。

 

一部の居酒屋などはけっこう混雑していたりするのですが、飲食店は全般的に客入りが寂しそう。

それならば、と言うことで、普段(コロナウィルス騒動前、ってことですね)は混んでいて予約なしではなかなか入りづらい焼肉店を覗いてみることに。

 

LifeTeria ブログ 近江牛肉店 本店

訪れたのはこちら。

「近江牛肉店 本店」。

その名の通り近江牛の焼肉が楽しめる「近江牛肉店」はこの本店のほか、「近江牛肉店 別館」と「ワインと焼肉 近江牛肉店 三番館」と新橋界隈に3店舗を展開。

 

 

LifeTeria ブログ 近江牛肉店 本店

しかしながらこの騒動の影響で「三番館」はただいま臨時休業中。

 

そしていつも混んでいた本店も、この日は予約なしですんなり入店。

なんとも複雑な気持ちです。

 

LifeTeria ブログ 近江牛肉店 本店

この日はひとり焼肉だったので、漢らしく肉と白米のみで攻めてみました。

まずはひと皿目。

  • 本日の盛合せ 白皿(1,500円)

「本日の盛合せ」はあっさり系の赤身の「赤皿」と霜降り系の「白皿」の二種。

白皿は左から「カルビ」、「ゲタカルビ」、「インサイドスカート」、「ササミ」、「上カルビ」の5種類の盛合せをタレで頂きます。

 

どれもサシが濃厚に入っていますが、サシの風味は至って上品。とは言え、「ゲタカルビ」くらいまで脂が乗っているとちょっとトゥーマッチ感がありますので、バランス的には「インサイドスカート」、「ササミ」あたりがちょうど良い感じ。

 

LifeTeria ブログ 近江牛肉店 本店

もう一皿。

  • 赤身タレ(ロース)(1,100円)

オーソドックスなロースもオーダしてみました。

前に「別館」で同じロースを頂いたことがあるのですが、そのときの印象よりはちょっと肉自体の味わいが淡白と言うかあっさりと言うか。

まあこのあたりは誤差と言いますか、同じ近江牛とは言え個体差もありますし、なんとも言えないところではあります。

 

新橋界隈でオシャレ感より肉質重視、リーズナブルにウマい焼肉を楽しみたいと言うかたにはオススメできる焼肉店です。

 

───────────────────

・店名   近江牛肉店 本店

・住所   東京都港区新橋4-20-3

      市兼ビル 1階

・電話   03-3436-2285

・備考   特になし。

───────────────────

 

浅草 麻鳥

昨夜は訳あって浅草で夕飯。

「餃子の王さま」で餃子でも頂いて帰ろうかと思ったのですが店の前に到着するとすっかり灯りが落ちています。

 

あれ?早じまいなのかな?

ん?そっか定休日かぁ。残念。

 

LifeTeria ブログ

折悪しく雨脚も強くなってきたので、手っ取り早く近場の店に避難することに。

お?ここなんでどうでしょ?

 

LifeTeria ブログ

雷門からは至近距離、仲見世の横手にある風情ある店構えの「麻鳥」。

こちらで夕飯を頂くことにしましょうか。

 

LifeTeria ブログ

「麻鳥」は昭和47年開店、もうすぐ創業半世紀となる釜飯専門店。

一般的には「老舗」と呼べるようなお店だと思うのですが、ここ浅草では創業50年なんてまだまだ青二才的ポジションなのかもしれませんね。

 

LifeTeria ブログ

釜飯の前に串ものも頂きましょう。 

  • ねぎま たれ(250円/1串)

焼鳥は伊達鶏を備長炭で焼き上げる本格派。

ちょっと火が入りすぎているきらいはありますが、しっかりとした肉質で鶏肉自体の旨味は十分。

その鶏肉の味わいを引き出すのはキリッとしたたれの風味。

ベタベタした甘さを感じさせないすっきりした風味です。

 

LifeTeria ブログ

そして20分ほど待ってお待ちかねの釜飯とご対面

この日ぼくがチョイスした釜飯はこちら。 

  • 穴子の釜めし(1,800円)

 

 

LifeTeria ブログ

「穴子の釜めし」は7月から9月までの季節のメニュー。

穴子は鮨のネタとしては一年を通して定番のものですが、一般的には旬は夏の初めから秋頃と言われています。

「旬のもの」と聞くとついつい「脂がのったもの」と連想しがちですが、穴子の場合はこの時期のものは脂が少なめ。

穴子は鰻と違いあっさりさっぱりとした風味を吉とするひとが多いようですね。

 

そして言うまでもないことですが、いくら具材が上等でも肝心の「めし」がウマくなければ釜めしの魅力は半減してしまいます。

その点「麻鳥」の釜めしに使われている米は新潟県産のコシヒカリ、味わいは魚沼産にも匹敵すると言われる下田村のものを使用。

 

穴子の独特の香りに、釜で程よく焦がされた「おこげ」の香りが相まって、食欲をそそるえも言われぬ香ばしさ。

日本に生まれて良かったと思う瞬間です。ちょっと大げさですけど。

 

下調べもせずふらりと入った店でしたが、結果的には大正解。

浅草の初夏の雰囲気を楽しみつつ頂く「穴子の釜めし」、なかなか上等な夕飯になりました。

 

───────────────────

・店名   麻鳥

・住所   東京都台東区浅草1-31-2

・電話   03-3844-8527

・備考   特になし。

───────────────────