随時更新!LifeTeriaブログ。

過去のブログはこちらからご覧下さい。

 

LifeTeriaの食べログはこちらから。


Yahoo! JAPAN

  • LifeTeria内を検索
  • ウェブ全体を検索

 

麻布十番 新加坡肉骨茶 (シンガポールバクテー) 麻布十番店

※まだまだ巣籠り生活が長引きそうな雰囲気なので、過去に撮りためた写真をのんびり紹介していきたいと思います。

 

LifeTeria ブログ

この日はちょっとした用事で麻布十番へ。

ひさしぶりに「アレ」が食べたくて、こちらのお店を訪問。

 

LifeTeria ブログ

麻布十番商店街のなかの「新加坡肉骨茶 (シンガポールバクテー) 麻布十番店」。

新加坡肉骨茶 (シンガポールバクテー)」は日本で唯一のシンガポール肉骨茶(バクテー)の専門店。

 

そう。「アレ」とは「肉骨茶(バクテー)」。たまに無性に食べたくなるんですよね。

 

LifeTeria ブログ

「肉骨茶(バクテー)」とは、シンガポールやマレーシアで親しまれているスープで煮込んだ豚肉料理。

骨つきの豚肉を香辛料と、経皮、西洋当帰、八角と言った漢方、そしてたっぷりのにんにくと煮込んだ滋養たっぷりのスープは、そのまま飲んで良し、ご飯と合わせて良し、油條(揚げパン)をひたしても良し。

香辛料と漢方がたっぷり入っていますので、その手のヤツが苦手なひとはダメ。ですが、スパイス好きなひとにはたまらない、いかにも「身体に効きそう」な風味です。

 

LifeTeria ブログ

この日頂いたのはこちら。 

  • 肉骨茶満喫セット(1,380円)
  • 肉増しトッピング(280円)

「肉骨茶満喫セット」はライス、ミースア(麺)、油條(揚げパン)、春菊、海苔スープのなかから3品を選んで肉骨茶に合わせられるお得なセット。

僕はライス、油條(揚げパン)、海苔スープをチョイス。

 

肉骨茶は「肉増しトッピング」で肉の量を1.5倍に増量したのでボリュームたっぷり。

 

LifeTeria ブログ

新加坡肉骨茶 (シンガポールバクテー)」には、もともとの本店(赤坂;現在は閉店)、そしてこの麻布十番店に何度かお邪魔したことがあり、いつもほろほろっと柔らかにほぐれる豚肉とスパイシーかつ旨味がたっぷりのスープの組み合わせに満足していたのですが、この日はタイミングでしょうか、ちょっと豚肉の煮込みが足りなかったようで、割と肉は固めで、骨から剥がすのがけっこうたいへんでした。

あと、ごくわずかではありますが、豚肉の臭みが気になりました。

 

相変わらずスープはウマいんですけどね。

スープはオーナーがシンガポールで本場の肉骨茶の有名店を研究しつくしてスパイスや漢方をブレンドしていると言うだけあって、本場感がありパンチがあります。このスープでご飯を食べるとついつい食べ過ぎてしまいますね。

 

自粛期間が済んだら再訪してみたいと思います。

 

───────────────────

・店名   新加坡肉骨茶(シンガポールバクテー) 麻布十番店

・住所   東京都港区麻布十番1-7-12

      OHMIYAビル 地下1階

・電話   03-6434-7732

・備考   特になし。

───────────────────

 

西小山 波止場

※しばらく巣籠り生活が長引きそうな雰囲気なので、過去に撮りためた写真をのんびり紹介していきたいと思います。

 

LifeTeria ブログ

この日訪れたのは目黒駅から東急目黒線で3駅目、西小山。

西小山とか、そのお隣の武蔵小山。このあたりって良いんですよね。目黒からすぐなのに、下町っぽい商店街があって。雰囲気がある街って言うのかな。

 

LifeTeria ブログ

とんかつには目がないぼく、西小山で絶品のとんかつが食べられる店があると言う噂を耳にして、この日西小山駅に降り立ったのでした。

 

駅の改札口を出て、右手の商店街を進むこと数分。

この日のお目当て、とんかつ、しゃぶしゃぶの「波止場」の提灯が見えてきました。

 

「波止場」の料理はとんかつとしゃぶしゃぶの2本立て。

「アクの出ない魅惑の極上豚シャブ」ってのも気になりますが、初めてなのでまずはとんかつ。

 

そのとんかつは「ロースとんかつ定食」が1,400円(税込)、「上ロースとんかつ定食」が1,850円(税込)、そして「特上ロースとんかつ定食」が2,900円(税込)。

さらに「ロースエアーズロック定食」なる恐ろしいメニューが6,000円(税込)。

 

悩みますが、初めてなのでオーソドックスな「上ロースとんかつ定食」、行ってみましょう。

 

LifeTeria ブログ

オーダ後、20分程度のウェイティングで噂のとんかつが目の前に。

 

  • 上ロースとんかつ定食(1,850円)

まずはそのすばらしい厚みと断面の美しさを誇示するかのようなビジュアルに目を奪われます。

そして得も言われぬ香ばしい脂の香り。

 

LifeTeria ブログ

芯の部分はほんのりとピンク色。

断面からもきめ細やかなテクスチャとしっとりとしたサシの入り具合が伺える素晴らしい肉質です。

とんかつの旨さをダイレクトに楽しむために、最初はもちろん塩で。

 

まずはその芳醇な豚肉の香りに陶然。

実は「波止場」のご主人はもともとは居酒屋を経営されていたそうですが、ぼくもリスペクトする蒲田の名店「丸一」のとんかつに感銘を受けてとんかつ店を始めたと言う異色の経歴の持ち主。

 

「丸一」のとんかつもそうでしたが、上手に火入れされたとんかつが持つ独特の芳醇な香りが「波止場」のとんかつにもあります。

肉質はしっとりとサシが入り、繊細。それでいて豚肉の持つ力強い旨味があります。

脂も思いのほか重さを感じさせない上品さ。

衣に関しては「丸一」や「とんかつ檍」と言った蒲田系よりはマイルドで、肉とのバランス重視の印象でした。

 

とんかつ自体のウマさもさることながら、たとえば米にも佐渡の山間部で収穫される特Aランクのコシヒカリを使用するなど、細部にまでご主人のこだわりがつまっているところにも好感が持てます。

 

噂どおりの絶品とんかつに大満足。

次回は「特上」、行ってみたいですね。

 

───────────────────

・店名   波止場

・住所   東京都目黒区原町1-3-15

・電話   03-3714-6922

・備考   休業日はTwitterなどで確認を。

───────────────────

 

麻布十番 三幸園

しばらく巣籠り生活が長引きそうな雰囲気なので、過去に撮りためた写真をのんびり紹介していきたいと思います。

 

LifeTeria ブログ

この日は麻布界隈に用事があり、ちょうど昼どきだったので麻布十番の商店街でランチを頂くことに。

 

LifeTeria ブログ

訪れたのは麻布十番商店街のなかの老舗焼肉レストラン「三幸園」。

ぼくが知る限り麻布十番で最古の焼肉店は1965年ころ創業(諸説あり)の「永来亭」。

で、その次に古いとなるとこの「三幸園」あたりでしょうか。

 

LifeTeria ブログ

麻布十番という土地柄でしょうか「三幸園」には芸能関係者の来店も多いらしく、エントランス入ってすぐのポスターには吉永小百合さんのサイン。

そう言えば芸能界の重鎮であったJさんも生前ご贔屓にしていたのがこの店だったそうで。

あのアイドルグループのメンバーも「Youたち『嵐』だよ」と自分たちのグループ名をJさんから初めて聞かされたのがこの店だったとか。

 

LifeTeria ブログ
  • ランチサラダ(300円)

こちらはオプションのサラダ。

このサラダが良いのです。

いかにも「昔の焼肉店のサラダ」って感じで。王道の良さってありますよね。

 

さて。「三幸園」でランチタイムに何を食べるか。

メニューを眺めるまでもなく、こころは決まっています。

 

LifeTeria ブログ
  • 大盛焼肉丼(1,300円)

ここ10年くらい、ランチタイムに「大盛り」をオーダすることなんてなかったのですが(カロリーが気になりますし、そもそもそれほど腹ペコでないので)、ひさしぶりの「三幸園」の焼肉丼にこころが踊り、ついつい「大盛り」、行ってしまいました。

 

「ひさしぶり」と書きましたが、どれくらい「ひさしぶり」かと言いますと、おおよそ40年ぶりくらい。

自分で書いていてびっくりしますけど(笑)。

 

ご幼少の砌(みぎり)、いまよりずっと腹ペコだったころに食べてそのウマさに感動した記憶があって、時おりそんなことを思い出してひさしぶりに食べたいなあ、なんて思っていたのですが、ほら、こどものときに食べたものって、想い出のなかに留めておいたほうが良いこともあるじゃないですか。

 

食べものだけではなく、いろいろなことに言えることかもしれませんが、経験値を積むことの功罪とでも言いましょうか、おとなになると感動したりドキドキすることが少なくなります。

「子どものころのオレってこんなものウマいと思っていたんだ」なんてがっかりしたら、それは少し寂しいことですもんね。

 

40年ぶりに頂く「三幸園の焼肉丼」。

ビジュアルは淡い記憶のなかの「三幸園の焼肉丼」の通り。

ご飯の上には細切れの牛肉がどっさり。ああ、そうそう、たまごスープ。これも付いていたな。

 

ひと口頂いた焼肉丼…この場合は「頂く」なんて感じではなく「掻っ込む」って感じかな…あ、やっぱりウマいね、これ。

懐かしさバイアスを抜きにして、いま真っさらな気持ちで頂いても、きっとウマいと言うと思います。

 

味付けは甘辛。バランスで言うと「甘さ」が勝った「甘辛」の味わい。

甘辛の味って「甘さ」と「辛さ」、どちらが勝っていてもダメなのですが、その意味でいうとこの「焼肉丼」の味わいは破調と言いますか、バランスが崩れているのですが、不思議とこれが癖になる味わい。ぎりぎりクドくならない味わいなんですよね。

 

ランチタイムにも焼肉が用意されていますが、初めてのかたはまずは「焼肉丼」から試して頂きたいと思います。腹ペコのときに食べるとウマいよ。

 

───────────────────

・店名   三幸園

・住所   東京都港区麻布十番1-8-7

・電話   03-3585-6306

・備考   焼肉丼は平日のみのメニューです。

───────────────────

 

銀座 鳥ぎん 銀座本店

この日は仕事帰りに銀座で夕食を。

銀座もほんとうにひとが少ない。

大資本のチェーン店だったらまだしもですが、個人経営の飲食店など先行きが心配です。

 

LifeTeria ブログ

もちろん、多数の人命とインフラを一瞬にして失った東北地方の被害を思えば軽々しいことは言えないのですが、こと東京の繁華街においては、先の見通しが立たない、と言う面では2011年の東日本大震災後よりも深刻な事態かもしれません

 

LifeTeria ブログ

いつもだったらどことなく心が浮き立つ卯月ですが、暗い話題が多いしおまけになんでこんなに冷えこんでいるのでしょうか?

テンションも上がらずひっそりと生きるしかない2020年の春です。

 

LifeTeria ブログ

さて。そんななか訪問したのがこちら。

銀座五丁目のビルとビルの間の路地に暖簾を掲げる「鳥ぎん 銀座本店」。

 

LifeTeria ブログ

まずはいつも通り焼鳥から。

  • 焼とり盛合せ エンジョイコース(1,450円・税込)

焼鳥8種からなる「エンジョイコース」は「鳥ぎん」の代表的な焼鳥が楽しめる盛合せ。

盛合せには「ライトコース」(860円・税込)なる焼鳥5本のコースもあり、そちらのほうがひとりゴハンのつまみには適正なボリュームなのですが、ちょっと豪勢にいってみました。

 

備長炭で香ばしく焼き上げた焼鳥は芯までしっかり目に火が入っていますが、かと言ってジューシーさが失われることもなく老舗ならではの安定の味わい。

焼鳥に関しては普段は塩派なのですが、「鳥ぎん」に限って言えば「創業以来受け継ぐ秘伝」と言われる「たれ」推し。

 

LifeTeria ブログ

焼鳥のあとは釜飯を。

  • 鳥釜めし(950円)

鳥ぎん」の「釜めし」には、五目、貝柱、鮭、海老、蟹などなど、さまざまな具材のバリエーションがあるのですが、ぼくがたいてい選んでしまうのがこの「鳥釜めし」。

この年季の入った羽釜と、厚みのある釜蓋のビジュアルが良いですね。

 

そして蓋を開けると、熱々の湯気と共に立ち上る香ばしい香り。

たっぷりと敷き詰められた鶏肉とご飯を良くかき混ぜて頂けば、鶏肉の旨味と程よい塩味のご飯のコンビネーションが食欲をそそります。釜の内側の「おこげ」も、釜飯ならではの楽しみ。しゃもじでこそげ落として頂けば香ばしさに頬が緩みます。

 

シンプルでいてしみじみウマい、銀座の1,000円グルメ。銀座の良心ですね。

 

───────────────────

・店名   鳥ぎん 銀座本店

・住所   東京都中央区銀座5-5-7

      ニューギンザビル6号館 地下1階

・電話   03-3571-3333

・備考   土日は夕方から混雑します。

・参考記事 2017年08月22日「銀座 鳥ぎん 銀座本店

───────────────────

 

北品川 もんもん

この日は免疫力アップのため焼肉を食べに家の近所まで出かけたのでした。

 

LifeTeria ブログ

出かけた先は品川駅から京浜急行でひと駅、北品川。

土曜日の夜だというのにひっそりと静まり返った商店街。

これ、例のCOVID-19のせいではなく、いつも通りの光景です。平常運転。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

しかし、そんな北品川商店街のなかでこのお店だけはいつも熱気ムンムン。

それが「もんもん」。

 

看板には「ホルモン焼」と書かれていますが、「もんもん」の真骨頂は精肉系。

それも都心の焼肉レストランで食べたらまあまあなお勘定になりそうなブランド牛のものが北品川価格で楽しめちゃうと言うお店なのです。

 

この日も店内は満席でございました。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん
  • 蓮根キムチ(450円)
  • キムチ盛 (600円)

前菜の品揃えは豊富かついずれもセンス良く美味。

この日は頂きませんでしたが、牛肉を使った「ブレザオラ」(生ハム)なんかもあったりするのです。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん
  • 野菜サラダ(600円)

野菜サラダも大盛り。

4名でひと皿くらいの分量でちょうど良いですね。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

それでは焼きもの、行ってみましょうか。

まずはタンから。

  • タン先(500円)

普通のタンもウマいのですが、この日はちょっと変化球でタン先。

これが「当たり」でした。

かなり噛み応えのある部位ですが、味の濃さが強くて存在感の強いタンでした。

ひと皿目がウマいと嬉しくなっちゃいますね。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

ラストオーダの時刻が近かったのでさっそくエース級のヤツを投入

「本日のオススメ」です。

  • 松坂牛もも肉(2,000円)

「もんもん」としては高価な2,000円。ですが、泣く子も黙る松坂牛でございます。

実に上品、きめ細やかな肉質とその肉質にふさわしい繊細な香りと味わい。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

そして一転力強い部位も

  • 牛カルビ(850円)

850円と言うお値段が信じられないような上等なカルビ。

脂のウマさを楽しみたいひとにはコレですね。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

内臓系もひと皿

  • 牛焼きレバー(500円)

このレバーも嫌な癖やえぐみなく上等

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん
  • 松坂牛ハラミ(2,000円)

そしてこのハラミが良かった

先ほどのもも肉のさわやかな風味とはまた違った、ハラミならではの力強さ。そしてその旨味に絡み合うサシの芳醇な風味。

これは素晴らしかったですね。

こちらももも肉と同じく2,000円となりますが、この肉質とボリュームを考えたらバーゲンプライスでしょう。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

そしてこちらはぼくのオススメ

  • ニンニクゲタカルビ(750円)

ゲタカルビ、中落ちカルビなどとも呼ばれる部位です。

これがですね、白いご飯に良く合うんですよね

いつも食事の後半にオーダしてしまって、もっと早く頼めば良かった、腹ペコのときに焼いたらさぞうまかったろうな、と後悔するのです。

 

たまごで「味変」するのも良いですね。

 

LifeTeria ブログ 北品川 もんもん

これ以上食べられない、と言うくらいたっぷり頂いて、ひとり5,000円以内に収まってしまうと言うコストパフォーマンス。

 

品川界隈でウマい焼肉が食べたければココです。

 

───────────────────

・店名   もんもん

・住所   東京都品川区北品川1-23-18

      海文堂ビル 地下1階

・電話   03-3471-4129

・備考   予約をオススメします。

・参考記事 2018年12月09日「北品川 もんもん

───────────────────

 

麻布十番 鳳仙花

この日はゴハン仲間と麻布十番で夕飯。

 

LifeTeria ブログ

訪問したのはひさしぶりのこちらのお店。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花

韓国家庭料理の「鳳仙花」。

例のCOVID-19騒動で麻布十番の街も心なしかひっそりとしているようですが、人気のある飲食店はフツーに混雑しているようで、この日も「鳳仙花」は満席。

 

あ、オーダはテーブルのうえのタブレット端末から入れるようになったのですね。

なんだか安居酒屋チックだけど、人手不足の折、仕方ありません。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花

それではさっそく料理のご紹介を。

  • チャプチェ(1,100円)

韓国料理店では必ずと言って良いほどオーダしてしまう「チャプチェ」。

フツーの「チャプチェ」、なのですが、フツーのものがフツーにウマいと言うのはすばらしいこと。

具材の味わいと胡麻油の香ばしさが絡んだ春雨が食欲を刺激します。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花
  • パジョン(1,400円)

こちらは「チヂミ」…ではなく「パジョン」。

「パ」は葱、「ジョン(チョン)」は「食材に衣を付けて焼いたもの」の意なので、葱焼きですね。

「チヂミ」と「ジョン」ではベースとなる粉、粉と具材のバランスなど違いがあるようですが、ぼくには違いがわかりません(笑)。

 

海老や烏賊、帆立貝など海鮮の旨味を閉じ込めた香ばしい「パジョン」、いくらでも食べられそうな危険なお味です。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花

そしてこちらは「チヂミ」。

  • レンコンチヂミ(1,000円)

レンコンのシャキシャキした食感とサクッと香ばしい衣のバランスが良いですね。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花

肉料理もいっときましょう。

  • サムギョプサル(1,800円)

こちらは厨房で適度な焼き加減に仕上げてサーブしてくれますので、あとはサンチュに包んで頂くだけ。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花

そして「鳳仙花」と言えばこれでしょ?これですよね?

  • ホルモン鍋(3,200円×2)

ホルモン(シマチョウ)とハチノスの2種類の部位がトロトロに煮込まれたこの「ホルモン鍋」は「鳳仙花」の名物。

 

味付けのキモは手作りのコチュジャン。見た目はメッチャ辛そうな色合いですが、スープを頂くと実はぜんぜんそんなことはなくて、辛さは控えめ。

スープの旨味を吸ったシマチョウとハチノスは癖なく内臓系が苦手な方にもオススメしたい名物です。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花

鍋の具材をあらかたさらったところでご飯を投入。

  • おじやセット(600円)

コレ、禁断の味わい。鍋でだいぶ腹が膨れていても入っちゃう。

 

LifeTeria ブログ 麻布十番 鳳仙花

〆めはこちら。

  • 冷麺(1,500円)

スープは甘さが強めのお味。ぼくはもう少し甘めが控えめなほうが好みではありますが、これはこれでバランスが取れていてウマいです。

そして麺は手打ちならではの弾力感。

 

麻布十番の冬の味覚、「鳳仙花」の「ホルモン鍋」。

また寒くなったら食べに来たいと思います。

 

───────────────────

・店名   鳳仙花

・住所   東京都港区麻布十番2-21-12

      麻布コート 1階

・電話   03-3452-0320

・備考   まずは一番人気のホルモン鍋を。

───────────────────

 

六本木 肉屋 格之進F

この日はカツカレーを食べるために溜池山王で地下鉄を降りたのですが、ランチにカレーを食べたことを思い出し路線変更。

 

LifeTeria ブログ

カツカレーにちょっと後ろ髪を引かれつつ(溜池山王のカツカレー、ウマいらしいのでこんど訪問してみたいと思います)、六本木一丁目に移動。

 

LifeTeria ブログ 肉屋格之進F

訪問したのはアークヒルズサウスタワーの地下1階、「肉屋 格之進F」。

 

LifeTeria ブログ 肉屋格之進F

今ほど「熟成肉」が市民権を得ていなかったころから岩手県産門崎牛の熟成肉にこだわった料理を提供してきた「格之進」が「FLAG SHIP SHOP TO THE FUTURE」と、「FOUNDATION」の2つの意味を持つ「F」を店名に掲げ2014年にオープンさせたのがこの「肉屋 格之進 F」。

 

LifeTeria ブログ 肉屋格之進F

メインの料理の前にひとつ前菜を。 

  • 肉屋のポテトサラダ ハーフ(380円)

どうですかこのビジュアル。

肉好きのハートをがっちりつかむ「肉屋のポテトサラダ」、良いですね。

ローストビーフの味わいはもちろん上等。

じゃがいもの味わいを大切にした控えめな調理も好印象です。

 

そして本日のメイン。

定番のハンバーグ、メンチカツ、和牛カレーとどれも食いしん坊の食欲を刺激するメニューが並びますが、ぼくが選んだのはこちら。

  • 和牛生姜焼きセット 100g(2,300円)

「生姜焼き」と言えば豚肉。和牛の生姜焼きって珍しいですよね。

肉のボリュームは100gのほか150g(3,200円)も選べます。

 

LifeTeria ブログ 肉屋格之進F

まずは本日の前菜。

手前から時計回りにローストビーフ、鶏ハム、鴨のスモーク。

 

「肉屋」らしい前菜はいずれも上質。

牛肉、鶏肉、鴨肉、それぞれのキャラクターが立っています。

 

LifeTeria ブログ 肉屋格之進F

こちらはセットのサラダ。

 

LifeTeria ブログ 肉屋格之進F

そしてお待ちかねの和牛の生姜焼き。

まずはひと口。

和牛らしくきめ細かくサシが入ったやわらかな肉質です。

ちょっと濃いめの味ですがそれほどくどさを感じさせないのは生姜の風味が立っているからでしょうか。

 

和牛を生姜焼きで喰らう。これ、もちろんウマいことはウマいのですが、せっかくこのクラスの和牛を使うならもっとシンプルな味付けで肉の味わいメインで頂くのもアリかもしれませんね。

 

けっこうサシが入っていますので、ボリュームは100gでもじゅうぶんに満足。

ちょっと贅沢な夜定食でした。

 

───────────────────

・店名   肉屋 格之進F

・住所   東京都港区六本木1-4-5

      アークヒルズ サウスタワー 地下1階

・電話   03-3505-0298

・備考   特になし。

・参考記事 2017年11月16日「六本木 肉屋 格之進F

───────────────────