随時更新!LifeTeriaブログ。

過去のブログはこちらからご覧下さい。

LifeTeriaの食べログはこちらから。


Yahoo! JAPAN

  • LifeTeria内を検索
  • ウェブ全体を検索

 

六本木 エンパイアステーキハウス

この日は午後から六本木で打ち合わせがふたつ。

せっかくなので、早めにオフィスを出て余裕をもって六本木ランチを楽しむことに。

 

LifeTeria ブログ

六本木でランチ。と考えてみたものの、あまりにも飲食店が多すぎて候補を絞り込むのは容易ではありません。とりあえず芋洗坂降りてお店をぶらぶら眺めながら決めることにしましょうか。

 

LifeTeria ブログ

お。ここなんてどうでしょう。

エンパイアステーキハウス」。

 

この場所には大昔はエスビー食品がプロデュースした「東風(とんぷう)」があり、その後1998年から2014年まではライブハウスの「 STB139 スイートベイジル」として営業、現在は「カンデオホテルズ東京六本木」ですね。

 

その「カンデオホテルズ東京六本木」と同じ建物の1階に位置する「エンパイアステーキハウス」は2010年にマンハッタンで生まれたステーキハウス。

歴史の浅いステーキハウスではありますが、すでにザガットサーベイの常連に名を連ねニューヨークでは人気のステーキハウスとのこと。

 

 

LifeTeria ブログ

ランチタイムでも1万円近いコースが用意されていますし、テーブルのセッティングはこの通りフォーマルな雰囲気。

 

シャンパーニュフリーフローの付いたランチもありますけど、平日の昼間っからシャンパーニュでステーキ頂くひとって、いったいどんな生活しているんでしょうね?

 

まあそういうかたがたとは生涯交わることがないと思いますが、せっかくなのでゴージャスなダイニングの雰囲気を味わいつつランチを楽しむことにしましょう。

ランチタイムには大きな窓から陽光が差し込みとても気持ち良い空間ですね。

 

LifeTeria ブログ

ゴージャスな雰囲気のなかで頂いたのはこちら。

  • エンパイアバーガー(1,800円)

ステーキに使用している牛肉と同じ、USDA(アメリカ農務省)格付け最高位のプライムグレードのブラックアンガスビーフを使用したハンバーガーがこちら。

 

このハンバーガー、実に上等でした。

ブラックアンガスビーフの旨味がぎゅっと凝縮されたパティ、これが良いですね。

存在感があります。ハンバーガーを食べる喜びがあります。

バンズの香ばしさ、野菜のフレッシュ感も抜かりありません。さすがはステーキハウスが作るハンバーガーですね。

ゴテゴテしたソースを添えずにストレートに肉の旨味を楽しませてくれるところも好印象。

 

ドリンク類やサービス料を勘案すると、1,800円のハンバーガーと言えどまあまあなお値段になってしまうのですが、ハンバーガーの味わいに間違いはありませんし、雰囲気はステキですし、たまのゴージャスなランチとしては大満足。

 

次回、時間の余裕(と、お小遣いの余裕)があるときにステーキも楽しんでみたいと思います。

 

───────────────────

・店名   エンパイアステーキハウス

・住所   東京都港区六本木6-7-11

      カンデオホテル東京六本木 1階

・電話   03-6721-1909

・備考   特になし。

───────────────────

 

麻布十番 麻布 宮川

今夜はひさしぶりに麻布十番へ。

ストロベリームーンは昨日でしたが、今宵も大きな月が煌々と輝き、すこし風は湿っぽいものの気温は肌にここちよく散歩にはちょうどよい夜です。

 

LifeTeria ブログ

昨夜はちょっとした夢を見ていたようで、その夢と言うのが、なぜか「麻布 宮川」に鰻を食べに行くと言うものだったのです。

起床して夢を思い出し、自分の食いしん坊ぶりにおかしくなってしまったのですが、せっかくなので夢のお告げにしたがって(笑)、「麻布宮川」を訪問したと言うわけなのです。

 

LifeTeria ブログ

「麻布 宮川」はもともとは麻布十番商店街で営業していた老舗の鰻料理店。

2006年に六本木の明治屋の近くのビルの2階に移転したのですが、3年ほど前にふたたび麻布に戻りました。

現在の店舗は網代(あみしろ)公園の近く、グルメなかたなら「鳳仙花」や「とらくまもぐら」の近くと聞けば、ああ、あのあたりね、とおわかりになるかもしれません。

 

LifeTeria ブログ

実は麻布に戻ってからの「麻布 宮川」(妙な書きかたですが)を訪問するのはこれが初めて。

「麻布 宮川」はやはり麻布にあったほうがしっくりきます。

 

LifeTeria ブログ

まずは前菜代わりにこちら。

  • 玉子焼(750円)

玉子焼きと言うのはけっこう個々人で好みが別れる料理かもしれません。

家庭料理でこどもの頃から馴染みのある味わいゆえ、その家々の味わいが自分のスタンダードになっていますからね。

「麻布 宮川」の玉子焼きはほんのり甘さが勝ったやさしい味わい。ほっとする味わいですね。

醤油を使わずにこのやわらかい甘さを味わうのも良いものです。

 

LifeTeria ブログ

夢のなかでは鰻を食べに「麻布 宮川」に向かったのですが、「麻布 宮川」と言えばこいつも忘れちゃいけません。

  • やきとり重(きじ焼重)(1,400円)

かつては「きじ焼重」が正式名称だったと記憶しているのですが、いまは「やきとり重」が正式な名称のようですね。オールドファンのために「(きじ焼重)」と往年の名称も添えられています。

 

ご飯が見えないくらいぎっしりと敷き詰められた「きじ焼き」の鶏肉。このボリュームが良いですね。

 

まずはそのままひとくち。

そして次は香り良い山椒を軽くまとわせて。

この鶏肉の味わいが実にご飯に合いますね。

その味わいは、程が良い、とでも言ったら良いでしょうか、辛すぎず甘すぎずの絶妙感。

クドく、自己主張が過ぎる味わいの料理に辟易した舌に沁み入るような滋味深い味わいです。

 

ひさしぶりに頂いた「やきとり重(きじ焼重)」に大満足。

次回こそは鰻。かな?

 

───────────────────

・店名   麻布 宮川

・住所   東京都港区麻布十番3-3-9

      コムズ麻布十番 1階

・電話   03-3457-8844

・備考   20時半ラストオーダです。

───────────────────

 

新宿 青葉

この日は新宿で夕飯。

 

LifeTeria ブログ

 

 

LifeTeria ブログ

ひさしぶりに訪問したのはこちら。

台湾料理店「青葉」。

 

LifeTeria ブログ

ビルの地下の扉を開けるとそこには思いのほか広いダイニングスペース。

薄暗い雰囲気、天井の低さ、調度品の雰囲気。

それらが相まって濃厚な昭和の雰囲気に支配された空間が広がります。

今って令和だよね?

 

「青葉」はこの地で営業を初めてもうすぐ半世紀と言う老舗台湾料理店。

この界隈で暮らすジャズミュージシャンの菊地成孔氏は日記の中で「青葉」についてこんなふうに記しています。

 

「そんなに有名な店でもないのにもかかわらず(新宿在住者には有名ですが)青葉に行くと、いろいろな人にバッタリ出くわすことが非常に多いです。先日も『情熱大陸』のスタッフの方と出くわしましたし、掟ポルシェさんと吉田豪さんと出くわしたこともあるし(以下略)」。

 

最近は看板に「台湾料理」と掲げる店を見かけることが増えました。

だがしかし、ですよ。

もうこれは断言してしまって間違いないと思うのですが、日本にはほぼ「台湾料理店」は存在しません。

「台湾料理」と謳う料理店に入ってメニューを見ても、台湾料理なんて見たことない。

もちろん、台湾にルーツを持つ「鼎泰豐」などは別ですけど。

街場の「台湾料理店」に入っても、まあ99%くらいの確率で「なんちゃって台湾料理店」であります。

 

その点この老舗「青葉」は日本では数少ない、ほんとうの台湾料理を楽しめるレストランなのです。

 

LifeTeria ブログ

それでは料理の紹介を。 

  • シジミのニンニクしょう油漬け(1,000円)

定番の前菜ですね。

 

LifeTeria ブログ

これはオーダしないわけにはいきません。 

  • 台湾竹の子(1,260円)

柔らかいのにシャキシャキしていると言う独特の食感と、得も言われぬ爽やかな風味をもつ台湾の筍。

マヨネーズで頂いてもウマいです。

 

LifeTeria ブログ
  • 自家製腸詰め香菜添え(730円)

独特の甘みとスパイスに台湾を感じる腸詰。

本来は葉にんにくと香菜で頂くのが定番なのですが、葉にんにくになかなかお目にかかれません。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • ハルマキ(680円/3本)

パリッと揚げられていてこちらもまずまず。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • 大根もち(680円/2個)

家庭によって味が違うと言う大根餅。

やさしい味わいがよろしいですね。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • 青菜の炒めもの(1,000円)

この日は空芯菜を使った炒めものでした。

シンプルに空芯菜の味わいを引き出したもので、本場の味に近い味わい。

違うのは値段くらい、かな(笑)?

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • 地鶏の蒸もの(1,260円)

こちらも台湾で良く目にするシンプルな蒸し鶏。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • 石持の甘酢あんかけ(2,625円)

「青葉」は魚料理も充実していて、「マナガツオの唐揚げ」、「活き魚の醤油味蒸し」などぼくの好物もラインナップされています。が、この日は友人のリクエストで石持を使った料理。

写真ではボリューム感をお伝えきれないのが残念。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • 小籠湯包(680円/3個)
  • 焼売  (680円/3個)

せっかくなので小籠包もいっておきましょうかね?

小籠包のキモは皮のテクスチャのつややかさ、滑らかさと薄さにあると思っているのですが、こちらの小籠包、専門店にも負けない完成度でなかなか楽しめました。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • 牛肉とニンニクの茎炒め(1,360円)

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • 帆立と黄ニラ炒め(1,680円)

どうでしょうか?

炒めものと言っても、それほど油っこく見えないですよね?

 

街場の中華料理屋-酢豚や回鍋肉や餃子やラーメンと言った料理がメインの-で目にする油どっぷりギトギトの炒めものとはまったく違う料理であることがおわかり頂けるかと思います。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • ビーフン炒め(730円)

〆めも台湾料理らしくビーフンで。

 

LifeTeria ブログ 青葉
  • チャーシュー肉まんじゅう(680円/2個)

少し腹に余裕があったので追加オーダ。

 

LifeTeria ブログ 青葉

デザートは定番のこちら。

  • ごま団子(520円/2個)

前になんどか「青葉」を訪問したことはあったのですが、料理は今回のほうがだんぜん良かったですね。

老舗らしい安心感のある味わいでなかなか楽しめました。

 

日本に居ながらにして台湾の味わいを知ることができる貴重なレストランですね。

 

───────────────────

・店名   青葉

・住所   東京都新宿区歌舞伎町1-12-6

      歌舞伎町ビル 地下1階

・電話   03-3200-5585

・備考   26時まで営業。

───────────────────

 

新橋 焼肉ライク 新橋本店

この日は仕事帰りにふらっと新橋へ。

 

LifeTeria ブログ

訪問したのはこちら。

焼肉ライク 新橋本店」。

 

LifeTeria ブログ

焼肉ライク」は、「つるとんたん」などの海外展開も手がける株式会社ダイニングイノベーションが「TASTY! QUICK! VALUE! 焼肉のファストフード」を合言葉にプロデュースする焼肉店。

 

 

LifeTeria ブログ

ターゲットはズバリ、おひとりさま。

ぼくみたいにひとり焼肉大好き!と言う変人は別として、ひとりでフラッと入りづらいのが焼肉屋ですよね。

そこで「焼肉ライク」ではカウンター席のひとりひとりに1台ずつロースターが割り当るようにレイアウト、おひとりさまでも気軽に焼肉が楽しめるスタイルを提案。

 

狙いはいまのところ大当たり。のようで、この日も店外に行列ができるほどの大人気でございました。

 

LifeTeria ブログ

焼肉の「ファストフード」を標榜するだけあって、料理のサーブは迅速。

メニューの種類を絞ることで3分以内の提供を実現しているそうです。

 

この日は残念ながらすでに「和牛上カルビ」、「ザブトン」と言った人気の部位が売切れ。そこでスタンダードなカルビをオーダ。

  • カルビ(480円/100g)
  • ごはん・スープ・キムチセット(200円)

カルビはちょっと味わいに乏しいものの、値段を考えればまずまず、と言った印象。

 

LifeTeria ブログ

もう1種類はこちら。 

  • 国産牛カーペット(580円/100g)

大判にスライスした肉をすき焼き風の少し甘めのタレで頂きます。

 

LifeTeria ブログ

薄切りなので、一瞬だけサッとロースターで炙るくらいで良いですね。

このロースターですが、煙の処理がよく考えられていて油煙が拡散されない点が秀逸。スーツ姿の新橋サラリーマンにうれしい仕様です。

 

この「国産牛カーペット」は先に頂いた「カルビ」よりはるかに上等。

価格差は100円/100gなのでこちらをオススメします。

 

席が狭くゆったりくつろげる雰囲気ではありませんが、「ファストフード」で長っ尻と言うのも野暮なもの。

ささっと炙ってささっと食べてささっと帰るのが良いのです。

焼肉ライク」、ひとりで焼肉食べたい時には「アリ」ですね。

 

ただし即席感の強いスープとキムチは要改善点。

別料金払っても良いからもう少しウマいほうが良いなあ。

 

───────────────────

・店名   焼肉ライク 新橋本店

・住所   東京都港区新橋2-15-8

      新橋W・Bビル 1階

・電話   03-3519-8929

・備考   特になし。

───────────────────

 

新宿 グリルド エイジング・ビーフ TOKYO 新宿3丁目店

LifeTeria ブログ

この日はちょっとしたお祝いで新宿へ。

 

LifeTeria ブログ

訪問したのは新宿三丁目駅直結のレインボービレッジビル6階の「グリルド エイジング・ビーフ TOKYO 新宿3丁目店」。

エレベータを6階で降りると、ガラス製のケースにディスプレイされたさまざまな部位がお出迎え。

 

LifeTeria ブログ

グリルド エイジング・ビーフ」についてはこのブログでもしばしば採りあげていますが、日暮里、大宮の人気焼肉店「エイジング・ビーフ」グループの店舗で、「塊肉」に特化したメニューを展開しているのがこの「グリルド エイジング・ビーフ」。

 

LifeTeria ブログ

それではさっそく料理のご紹介を。 

  • 熟成和牛シャルキュトリーの盛り合わせ(1,490円)

まずは前菜。前菜も熟成牛を楽しめる料理をチョイスしてみました。

 

LifeTeria ブログ
  • オニオンリングフライ(590円)

定番のオニオンリング。

メニューにあるとついつい頼んでしまう料理です(笑)。

 

LifeTeria ブログ
  • 生スティック野菜バーニャカウダ ~フォアグラ味噌添え~(1,290円)

味噌にフォアグラを和えたリッチなソースがユニークですね。

 

LifeTeria ブログ グリルド エイジング・ビーフTOKYO
  • ソフトシェルシュリンプとドライトマトのアヒージョ(890円)

前菜の最後はこちら。

このあとはいよいよ熟成肉の

 

LifeTeria ブログ グリルド エイジング・ビーフTOKYO

この日はテーブルごとに好きな部位を3種類チョイスすることにしました。

ぼくのテーブルのチョイスはこちら。

  • バラヤマ(1,500円/100g)
  • イチボ (2,000円/100g)
  • カメノコ(1,600円/100g)

サシがたっぷりとのった「バラヤマ」、サシと赤身のバランスの良い「イチボ」、そして赤身の味わいが濃い「カメノコ」。

なかなかナイスなチョイスではありませんか?

 

LifeTeria ブログ グリルド エイジング・ビーフTOKYO

「イチボ」にナイフを入れるとこの通り。

きめ細やかな肉質にほどよくサシが入り上質。

この日チョイスした3種類のなかではこの「イチボ」がよかったですね。

 

LifeTeria ブログ

〆めは2種のリゾット。

  • グリエルチーズたっぷり4種米のリゾット(890円)
  • 押し麦とポルチーニ茸のリゾット(890円)

塊肉をたっぷり頂いて腹もいっぱい。

肉のクオリティ、店舗の雰囲気、立地など、総合評価は高め。

安心してオススメできるレストランです。

 

───────────────────

・店名   グリルド エイジング・ビーフ TOKYO 新宿3丁目店

・住所   東京都新宿区新宿3-5-4

      レインボービレッジ 6階

・電話   03-6273-2958

・備考   同フロアに焼肉の店舗もあり。

・参考記事 2018年05月14日「新宿 グリルド エイジング・ビーフ TOKYO 新宿3丁目店

───────────────────

 

高田馬場 たれ山

眠いときは眠い。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は学生の街、高田馬場へ。

 

LifeTeria ブログ たれ山

向かったのは「たれ山」。

肉好きの方ならピンと来るネーミングかもしれません。

そう、「たれ山」はあの吉祥寺の「肉山」グループの焼肉レストランなのです。

 

LifeTeria ブログ たれ山

暖簾には「味噌ダレ 焼肉とご飯」とあります

良いですね。良いじゃないですか。

 

「たれ山」の名物はその店名の通り「たれ」で頂く焼肉。

その「たれ」はよく口にする醤油ベースのものではなく「味噌だれ」。

 

LifeTeria ブログ たれ山

通された2階は民家感全開の座敷。

窓ガラス割れたままなのは「あえて」の演出でしょうか(笑)?

でもこざっぱりとしていて、ぼくはこの2階席、けっこう好き。

 

LifeTeria ブログ たれ山

「肉山」同様、著名人の来店も多いみたいで、ふと顔をあげるとそこには「GTO」と言う文字とともに藤沢とおる先生のサインも。

 

LifeTeria ブログ たれ山

それではさっそく料理のご紹介を。

飲み放題6,000円と言うお得なコースも用意されているのですが、この日はアラカルトで楽しんでみました。

  • 飲むもやしナムル(300円)

ひと品目はネーミングに惹かれてオーダしてみました(笑)。

ネーミング買い(笑)。ジャケ買いみたいな、ね。

でも、これ、あっさりした優しい味わいのスープが前菜にぴったり。

 

LifeTeria ブログ たれ山
  • キムチ盛り合わせ(980円)

キムチも美味。

 

LifeTeria ブログ たれ山

お待ちかねの焼きものはこちらから。 

  • 上タン(塩)(1,180円)

「たれ山」の名物はもちろん「たれ焼肉」。なのですが、「たれ焼肉」を楽しむ前に、まずは塩系のメニューを頂くことに。

この「上タン」は食感、香りともに上等。

一発目の焼きものがウマいと、このあとの料理への期待が高まりますね。上々のスタートです。

 

LifeTeria ブログ たれ山

お次は数量限定のメニューから。 

  • 和牛ハラミ(塩)(1,380円)

見るからにウマそうなハラミは塩味も抑えめで。

ハラミの味わいを堪能できるひと皿。

 

LifeTeria ブログ たれ山

塩系のとどめはこちら。 

  • 上カルビ(塩だれ)(1,280円)

やー、これはぜったいウマいヤツだ!

サシはたっぷりと入っていますが、脂の重さを感じさせない上品な肉質に大満足。

もうこれずっとリピートでオーダしようかなんて思ってしまいましたが、そうです、「たれ山」に来たからには「たれ焼肉」を食べないわけにはいきません。

 

LifeTeria ブログ たれ山

「たれ焼肉」のひと皿目はこちら。 

  • 和牛リブロース(1,180円)

実は「味噌だれ」の焼肉を頂くのはこの日が初めて。

「味噌だれ」の焼肉は関西では比較的ポピュラーと聞きますが、関東ではかなりレアな存在ではないでしょうか。

「たれ山」の味噌だれは数十種類の食材を調合して作られる秘伝のもので、なるほど、味噌が前面に出すぎることなく、奥行きが感じられるユニークな味わい。

 

この「和牛リブロース」とのマッチングも上々。

ロースターでさっと炙られてジューシーに溶け出したサシと、炎の力で香ばしさを増した「味噌だれ」のマリアージュ。

これを熱々のご飯に乗せて白米をかきこめば…これは焼肉ラバーには至福の味わい。

 

LifeTeria ブログ たれ山
  • カルビ(880円)

 

LifeTeria ブログ たれ山
  • ゲタカルビ(780円)

カルビ2種は両方とも良かったですね。

個人的にはお値段お安めの「ゲタカルビ」のほうが好み。

これがご飯に合うんだなあ(笑)。

 

まずまず満腹になってお酒も適度に呑んでお会計は5,000円程度。

味わいに満足、コストパフォーマンスにも大満足。

近いうちにぜひ再訪したいお店です。

 

───────────────────

・店名   たれ山

・住所   東京都新宿区高田馬場2-15-3

・電話   050-5596-4080

・備考   特になし。

───────────────────

 

谷中 谷中 鳥よし

そう言えばバーキンって行ったことないんだよなあ。

撤退する前に行っておくか。

 

はい、それではLifeTeriaブログの時間です。

 

LifeTeria ブログ

この日は友人からのご招待で谷中へ。

少し早めに現地に到着したので、谷中墓地のあたりを散策。静かで良いですね。

 

LifeTeria ブログ

こちらは有名な「夕焼けだんだん」。ですが、この日は残念ながら夕焼けはいまひとつでした。

 

LifeTeria ブログ

「夕焼けだんだん」を降り、「谷中銀座」の商店街を抜けて訪れたのは昨年の2月以来の「谷中 鳥よし」。

谷中 鳥よし」は1953年創業、爾来半世紀以上にわたり谷中の路地裏に暖簾を掲げる老舗居酒屋。

 

寒い時期は鮟鱇鍋が名物ですが、鮟鱇鍋は4月で終わり。

5月からは鮟鱇鍋と入れ替わりに鱧しゃぶが人気とのことで、この日は鱧を楽しみに谷中まで赴いたというわけです。

 

LifeTeria ブログ

それでは料理のご紹介を。 

  • ニガウリ ごま酢和え(350円)

最初に頂いた苦瓜のこの苦味が良いですね。食欲を刺激する苦味。

 

LifeTeria ブログ

ふた品目はこちら。

  • かにサラダ(700円)

谷中 鳥よし」の定番の「かにサラダ」。

蟹がふんだんにあしらわれた豪華な蟹サラダ。

 

LifeTeria ブログ

こちらは前回頂いて気に入ったひと品。 

  • ニラ玉とじ(400円)

細かく刻んだニラをトロッと柔らかくとじた独特の玉子とじです。

 

LifeTeria ブログ
  • 刺身 いろいろ旬の魚(1,500円)

刺身とボリュームたっぷりでかつ良質。

 

LifeTeria ブログ
  • 鳥から揚げ(650円)

唐揚げには一家言ある(笑)ぼくですが、「谷中 鳥よし」の唐揚げは好きですね。

衣が薄くシャキッとしていてね、唐揚げってのはこうでなくてはいけません。

 

LifeTeria ブログ

前菜でだいぶ腹がいっぱいになってしまいましたが、いよいよ本日のお目当て。 

  • 鱧しゃぶ(2,500円/1人前・写真は2人前)

6名で4人前分をオーダしたのですが、この分量で十分。と言うか、多すぎ(笑)。

ほら、鱧って、お高いですし、頂くときって往往にして、ああ、もっと食べたいなあ、なんて思うじゃないですか。

それが「谷中 鳥よし」だと最後はもう持て余し気味(笑)。この贅沢さが良いねえ。

 

LifeTeria ブログ

腹いっぱいでしたが、最後は雑炊にして頂いて〆め。

相変わらずのコストパフォーマンスに大満足の谷中の夜なのでした。

次回は鮟鱇の季節かな。

 

───────────────────

・店名   谷中 鳥よし

・住所   東京都台東区谷中3-14-6

・電話   03-3823-6298

・備考   特になし。

 

・参考記事 2018年02月16日「谷中 谷中 鳥よし

───────────────────